福島県内夏の賞与15.5%減  前年比、民間1人当たり26万1179円

福島県内夏の賞与15.5%減  前年比、民間1人当たり26万1179円

…官公庁は支給対象の職員数がわずかに減少するが、支給額の増額を求めている人事院勧告に伴い、1人当たり86万5139円(前年比1.1%増)となる。 民間企…

6月2日(火) 9時25分-福島(福島民友新聞)

検察庁法改正案~安倍政権が強くこだわった法案ではない“これまでの経緯”

検察庁法改正案~安倍政権が強くこだわった法案ではない“これまでの経緯”

…としても、おかしくはないのです。2018年に人事院が公務員の定年延長の人事院勧告~これを受け、内閣府から法務省に検察官の定年について省内で意見をまとめ…

5月18日(月) 17時50分-社会(ニッポン放送)

大阪府・吉村知事が定例会見4月1日(全文5)宣言出れば外出や興業自粛など要請か

大阪府・吉村知事が定例会見4月1日(全文5)宣言出れば外出や興業自粛など要請か

…言うのはちょっと心苦しいんですけど、収入は減りません。当然、来年以降は人事院勧告で、いわゆる、比較で民間と同じになりますけど、今日あす収入が減るわけじ…

4月1日(水) 20時12分-政治(THE PAGE)

県職員に80万9千円 冬のボーナス 夏と支給率均等化、減額

…追加支給により前年同期比1万9千円減の約77万7千円となる。 昨年度の人事院勧告に準じ、県や県内市町の多くは今年度から、夏と冬のボーナスの支給率を均等…

2019年12月11日(水) 2時35分-石川(北國新聞社)

国家公務員給与6年連続増 680万円、ボーナスも

…50カ月分とする。いずれも4月にさかのぼって差額が追加支給される。8月の人事院勧告に沿った内容。 国家公務員はストライキなど労働基本権が制限されており人…

2019年11月15日(金) 13時43分-政治(共同通信)

国家公務員の給与増決定 人事院勧告受け入れ6年連続

国家公務員の給与増決定 人事院勧告受け入れ6年連続

…を閣議決定した。これに先立つ関係閣僚会議で、給与引き上げを求めた8月の人事院勧告を受け入れると決めた。臨時国会での法成立を目指す。 法案によると、月給は平均387円(0…

2019年10月11日(金) 8時39分-社会(共同通信)

人事院、国家公務員の給与増勧告 6年連続、パワハラ対策強化

人事院、国家公務員の給与増勧告 6年連続、パワハラ対策強化

人事院は7日、2019年度の国家公務員給与が民間を下回っているとして、国会と内閣に6年連続で引き上げを勧告した。月給は平均387円(0.09%)の増額。ボーナスに当たる期末・勤勉手当は、夏と冬の合計…

2019年8月7日(水) 17時15分-政治(共同通信)

公務員の定年延長に欠けている議論

人事院勧告を受け、政府が公務員の賃金を60歳時点で一律7割に引き下げた上で、定年を65歳に延長するとの方針を固めたと報じられています。 また、その動き…

2019年1月28日(月) 10時49分-政治(城繁幸)

自殺対策にみる統計の効用と信頼度

自殺対策にみる統計の効用と信頼度

…定する際の資料として、また、民間企業等における給与改正や人件費の算定、人事院勧告の資料とされるなど、国民生活に深く関わっています。さらに、日本の労働事…

2019年1月28日(月) 9時6分-社会(江川紹子)

民主党と維新の党、はや不協和音~ダイナミックな政界再編を行う度量が野党にあるのか

…今、問題となっているのは、公務員の給料の引き上げに対しての態度です。8月に出された人事院勧告に基づいて国家公務員一般職(行政職)の2015年度の年収を平均5万90…

2015年12月23日(水) 22時19分-政治(児玉克哉)