お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索
カテゴリを絞り込んで検索しています。すべてのカテゴリを対象にして再検索

「チャート分析」って何? 未来の値動きを予想できるの? 短期投資は確率や心理的な問題が大きくかかわる。

「チャート分析」って何? 未来の値動きを予想できるの? 短期投資は確率や心理的な問題が大きくかかわる。

…チャート分析とは何なのでしょう?初心者におすすめの投資方法なのでしょうか?チャートとは、図・表・グラフのことです。投資の世界のチャートは、株式やFX・仮想通貨などの値動きを表したグラフ(縦長の棒や曲線…

12月11日(火) 9時0分-経済総合(マネーの達人

【今週の日経平均を考える】下への警戒を怠らず

【今週の日経平均を考える】下への警戒を怠らず

…先週は、前週の反発の流れで一気に11月の高値を上抜けるものの上抜けした日が陰線となりました。翌日に大きな陰線で前週の上げ幅を吸収する形を作るも25日線で止まるような雰囲気でしたが、止まり切れず、週半ば…

12月10日(月) 8時0分-経済総合(マネーの達人

2017年に株価高騰、大注目の「RIZAPグループ」各銘柄 大暴落した2018年はどうなったのか検証しました。

2017年に株価高騰、大注目の「RIZAPグループ」各銘柄 大暴落した2018年はどうなったのか検証しました。

…株価も高騰と大注目だった「RIZAP」グループ2017年に数々の企業買収によって規模を拡大し、株価も高騰と大注目だった「RIZAP」グループ、1年前に記事にも取り上げさせていただきました。2018年後…

12月6日(木) 16時0分-経済総合(マネーの達人

ライザップに何が起こったのか  若き創業者の快進撃と、5年間で75社をM&Aした末路。

ライザップに何が起こったのか  若き創業者の快進撃と、5年間で75社をM&Aした末路。

…顧客の減量を促してきたライザップが実は水ぶくれ顧客のダイエットを【コミット】 するが、業績は【コミット】できないライザップが赤字見通しを発表しました。2019年3月期の純損益を当初見通し159億円の黒…

12月6日(木) 15時0分-経済総合(マネーの達人

「マクロ経済スライド」2回目の発動へ デフレ経済を予測できなかった失敗政策なのか?

「マクロ経済スライド」2回目の発動へ デフレ経済を予測できなかった失敗政策なのか?

…2回目のマクロ経済スライドが発動11月末の日経新聞電子版で、「2018年は、通年で消費者物価が1%を超えるアップとなる見込みとなり、結果、2回目のマクロ経済スライドが発動される可能性が高まった」という…

12月6日(木) 10時0分-経済総合(マネーの達人

金融機関に求められる「ストック型」ビジネスモデルの構築 真の「顧客本位」に立脚できるか

金融機関に求められる「ストック型」ビジネスモデルの構築 真の「顧客本位」に立脚できるか

…半数が損失、ほぼ全員含み益?金融庁が金融機関の投資信託販売における「顧客本位の業務運営」を客観的に評価できる共通の成果指標(KPI)を今年6月29日に発表しました。それに合わせて、発表資料の別紙に掲載…

12月4日(火) 13時1分-経済総合(マネーの達人

「アパートローン審査」で銀行はここを見る! 【第1回】年齢 ~アパートローンに年齢制限はない?

「アパートローン審査」で銀行はここを見る! 【第1回】年齢 ~アパートローンに年齢制限はない?

…最近何かと話題になることが多い不動産投資。自己資金が潤沢な人を除けば、不動産投資には銀行融資が必要不可欠です。今回は、不動産投資で代表的なアパートローンの融資審査を例にして、銀行はどこに注目し、何を審…

12月4日(火) 9時0分-経済総合(マネーの達人

ビットコイン大台での動きから目先底値へ これからのビットコインの動きを予想する

ビットコイン大台での動きから目先底値へ これからのビットコインの動きを予想する

…ご存知のとおり、仮想通貨は最近暴落して底なしの様相を呈していました。ビットコインは70万円から40万円、イーサリアムは2万5千円付近から1万千円と、どのコインも激しく売られています。しかし、どうやら急…

12月3日(月) 9時0分-経済総合(マネーの達人

【今週の日経平均を考える】12月相場が年末年始の動きを占い、2019年の雰囲気を決める

【今週の日経平均を考える】12月相場が年末年始の動きを占い、2019年の雰囲気を決める

…先週は、前週の底値模索のような、日柄調整のような値動きから、反転反発となり、一気に下げ基調に終焉を告げる動きとなりました。この反発により上昇に入っていくかは、今週の反発で断定は出来ないものの可能性は出…

12月3日(月) 8時0分-経済総合(マネーの達人

2019年の住宅ローン金利動向 「変動金利」や「長期固定金利」が決まる仕組みについて

2019年の住宅ローン金利動向 「変動金利」や「長期固定金利」が決まる仕組みについて

…2018年は、7月に行われた日銀の政策変更により、長期金利が多少上昇し、結果的に長期金利に連動する長期固定金利も多少上昇しました。しかし、ここまで低金利であるにもかかわらず、物件価格の高騰などもあり、…

11月29日(木) 17時0分-経済総合(マネーの達人