米部隊撤退は「イスラム国」再興のトリガーになるか?影響は世界中に…

米部隊撤退は「イスラム国」再興のトリガーになるか?影響は世界中に…

…させるという自身の選挙公約を守るためだ」と説明した。シリア内戦では、バシャール・アサド政権の国軍と反体制派勢力、米軍とロシア軍、クルド人勢力、IS(い…

10月19日(土) 15時0分-国際総合(クーリエ・ジャポン)

シリア進攻のエルドアン大統領、停戦を拒否 米政府の要請に応じず

シリア進攻のエルドアン大統領、停戦を拒否 米政府の要請に応じず

…めた。ロシア国防省は、2015年からシリア国内に駐留するロシア軍が、バシャール・アル・アサド政権とクルド人部隊の「停戦ライン」周辺を巡回していると述べ…

10月16日(水) 16時38分-国際総合(BBC News)

米政府、トルコ政府に経済制裁 シリア進攻は「受け入れられない」

米政府、トルコ政府に経済制裁 シリア進攻は「受け入れられない」

…、トルコと親トルコ派のシリア武装勢力も、この町の近くに集まっている。バシャール・アル・アサド政権の部隊がシリア北部に進攻するのは2012年以来で初めて…

10月15日(火) 14時16分-国際総合(BBC News)

戦争のきっかけは子どもの落書きだった 死者50万人超のシリア内戦8年目に

戦争のきっかけは子どもの落書きだった 死者50万人超のシリア内戦8年目に

…相次いで倒れるなか、多くの人々の目はシリアに向けられていた。シリアもバシャール・アサド大統領と、父親で先代の故・ハーフェズ・アサド大統領親子による支配…

2018年3月10日(土) 11時3分-中東・アフリカ(BuzzFeed Japan)

現代シリアの歴史/アサドからアサド(4)有料

…このイスラエルの覇権に挑戦したのが、レバノンのシーア派であった。レバノン南部を中心に生活するシーア派は、この国では一番貧しいグループであり、最も政治力の弱い集団と考えられてきた。

2017年12月30日(土) 10時0分-中東・アフリカ(高橋和夫)

現代シリアの歴史/アサドからアサド(2)有料

…アサド家の生活は質素なものであった。1970年代には洗濯や食事の用意さえ妻アニセが行っていた。料理人とメイドの姿がアサド家に見られるようになったのは1980年代に入ってからであった。

2017年12月28日(木) 10時0分-中東・アフリカ(高橋和夫)

現代シリアの歴史/アサドからアサド(1)有料

…シリアの歴史は人類の歴史そのものと同じ長さがある。ここでは現代の、つまり第二次世界大戦後の、そのなかでも特に1970年以降に焦点を絞って語りたい。

2017年12月27日(水) 10時0分-中東・アフリカ(高橋和夫)

トランプの戦争(2):どのような法的権限でトランプ大統領は北朝鮮を“先制攻撃”することができるのか

トランプの戦争(2):どのような法的権限でトランプ大統領は北朝鮮を“先制攻撃”することができるのか

トランプ大統領は、攻撃後に発表した声明の中で次のように正当性を主張している。「バシャール・アル=アサドは無垢の市民に対して恐るべき化学兵器を使用した。死を招く神…

2017年11月10日(金) 1時58分-国際総合(中岡望)

シリアに軍事介入 ロシアはなぜアサド政権を守ろうとするのか?

シリアに軍事介入 ロシアはなぜアサド政権を守ろうとするのか?

…闘機のパイロットがいた。後にシリアの大統領となった人物である。現在のバシャール・アサド大統領の父親である。ソ連に送られたのは、軍人ばかりではなかった。

2015年11月8日(日) 17時0分-中東・アフリカ(THE PAGE)

シリア情勢とロシアの花嫁たち有料

…ロシアが10月の初旬からシリアで爆撃を行っています。何のために、なぜ、この時期に爆撃を始めたのでしょうか。まず、なぜ、この時期にというタイミングの問題を考えたいと思います。

2015年10月22日(木) 10時9分-中東・アフリカ(高橋和夫)