『ドゥ・ゴール』『林彪事件と習近平』ほか 『測りすぎ なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?』有料

『ドゥ・ゴール』『林彪事件と習近平』ほか 『測りすぎ なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?』

…<2019年6月29日号> Jerry Z.Muller●1977年米ブランダイス大学卒業、84年米コロンビア大学でPh.D.を取得。96年からアメリカ・カトリック大学歴史学部教授。専門は近代ヨーロッ…

2019年6月21日(金) 18時0分-経済総合(週刊東洋経済)

97人殺傷をFBが生中継 白人至上主義と対テロ戦争が広げる悲劇 ニュージーランドの「暗黒の日」

97人殺傷をFBが生中継 白人至上主義と対テロ戦争が広げる悲劇 ニュージーランドの「暗黒の日」

…サレムに向かう欧州の人々をイスラム教徒から守るために設立された「テンプル騎士団」の復活を訴えていました。 ブレイビク服役囚のマニフェストを分析したスウ…

2019年3月16日(土) 20時11分-国際総合(木村正人)

「反逆をアイデンティティーにしてはいけない」。『コードギアス』監督が語る人生と成熟

「反逆をアイデンティティーにしてはいけない」。『コードギアス』監督が語る人生と成熟

…ー自体が少し柔和になっているように見えました。ルルーシュだけでなく、黒の騎士団しかり、かつてのレジスタンスが平和維持のために働いている。(ルルーシュ役…

2019年2月16日(土) 8時5分-エンタメ総合(BuzzFeed Japan)

完全新作の続編登場!『コードギアス 復活のルルーシュ』ゼロ・レクイエム以降の世界に何が起きるのか…?

完全新作の続編登場!『コードギアス 復活のルルーシュ』ゼロ・レクイエム以降の世界に何が起きるのか…?

…? 囚われのナナリー カレンの涙の理由は? 「ギアス」「超合集国」「黒の騎士団」「ナイトメアフレーム」「Cの世界」などの専門用語が何の解説もなく連発さ…

2019年2月7日(木) 22時31分-映画(紀平照幸)

安田純平さんが外国特派員協会で会見(全文1)行動にいくつかミスがあった

安田純平さんが外国特派員協会で会見(全文1)行動にいくつかミスがあった

…うんですけれども、ご存じかどうか分からないんですけれども、先日、国境なき騎士団が、安田さんの。男性:記者団ですね。通訳:記者団ですね、すみません。Shingetsu…

2018年11月9日(金) 17時38分-社会(THE PAGE)

2018年前半の欧州を振り返る。極右とスペイン左派政権(ボレル外相・元欧州議会議長インタビュー紹介)

2018年前半の欧州を振り返る。極右とスペイン左派政権(ボレル外相・元欧州議会議長インタビュー紹介)

…はありません(訳注:ドン・キホーテは、騎士道物語を読みすぎて正気を失い、騎士団を復活させ国に奉仕しようとした男の物語。発表当時はコメディ小説として受け…

2018年8月22日(水) 17時33分-ヨーロッパ(今井佐緒里)

オウム死刑囚全員に死刑執行:私たちの中にあるオウム(今回元幹部ら6人に死刑執行)

オウム死刑囚全員に死刑執行:私たちの中にあるオウム(今回元幹部ら6人に死刑執行)

…陰謀論やニセ科学が広がっている(「 フリーメーソン陰謀論の心理:テンプル騎士団、薔薇十字団、イルミナティ、都市伝説を信じる理由と危険性 」)。 「江戸…

2018年7月26日(木) 10時42分-社会(碓井真史)

1月6日に終わるドイツのクリスマス この時期に家族で話し合う大切なこと 夏の休暇先どこにする??

1月6日に終わるドイツのクリスマス この時期に家族で話し合う大切なこと 夏の休暇先どこにする??

…のです。そしてこの街でも社会奉仕に努め、わずか24歳で死去。そしてドイツ騎士団によりこの教会が建てられ、ここに聖エリザベートの墓があります。中世後期に…

2018年1月5日(金) 10時0分-ライフ総合(シュピッツナーゲル典子)

2018年1月、伝説のヘヴィ・ロック・バンドSLEEP(スリープ)が日本初上陸

2018年1月、伝説のヘヴィ・ロック・バンドSLEEP(スリープ)が日本初上陸

…てSLEEPは世界的な崇拝の対象となった。聖地エルサレムを目指すドゥーム騎士団がボング(水パイプ)を手にナザレ、シオンの山、ヨルダン川などを経て向かう…

2018年1月1日(月) 13時55分-音楽(山崎智之)

『トランスフォーマー/最後の騎士王』シリーズ続行&スピンオフ製作が決定!

『トランスフォーマー/最後の騎士王』シリーズ続行&スピンオフ製作が決定!

…e Last Knight』)』とあるように、物語は「アーサー王と円卓の騎士団」の戦いのシーンから始まります。“伝説”と言われていたアーサー王たちが実…

2017年8月1日(火) 19時53分-映画(紀平照幸)