米中の関税合戦はひとまず休戦、関税合戦のこれまでの経緯

米中の関税合戦はひとまず休戦、関税合戦のこれまでの経緯

…予定通り引き下げられる見通しだが、それ以外については11月3日の米大統領選挙が終わるまで維持される可能性が高いそうである。  この結果、大統領選終了後…

1月16日(木) 10時18分-経済総合(久保田博幸)

「米中の関税合戦はひとまず休戦」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2020年1月15日有料

「米中の関税合戦はひとまず休戦」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2020年1月15日

…ものと思われる。トランプ政権としては株価の動向など睨み、さらには米大統領選挙の行く末などもみての動きとみられる。

1月15日(水) 11時3分-経済総合(久保田博幸)

敗れたのは習近平――台湾総統・蔡英文圧勝

敗れたのは習近平――台湾総統・蔡英文圧勝

…吹くこととなった。  台湾では1月11日、総統選挙が行われ、現職の与党・民進党の蔡英文総統が、台湾の選挙史上最多となる817万票を獲得して再選された。

1月15日(水) 6時35分-国際総合(遠藤誉)

米大統領選でトランプが勝つとAI政治が始まる?

米大統領選でトランプが勝つとAI政治が始まる?

…化が進んでおり、投票率の高い高齢者層に支持されなければ選挙に勝てません。そうなると、どれだけ選挙を繰り返しても若者世代は永久に負けつづけることになります。

1月14日(火) 17時0分-国際総合(橘玲)

台湾総統選挙にみる一国二制度の歴史的矛盾――帝国の作法、国家の思想

台湾総統選挙にみる一国二制度の歴史的矛盾――帝国の作法、国家の思想

…に行われた総統選挙では、中国に厳しい態度をみせる現職の蔡英文氏が過去最多得票で当選。中国との融和を重視する韓国瑜候補を破った。  今回の総統選挙は、中国と…

1月14日(火) 8時20分-国際総合(六辻彰二)

2020年の景気を勝手に予想してみた。

2020年の景気を勝手に予想してみた。

…月のアメリカ大統領選挙までは景気は今と同じくらい良いままなのではないか、と思います。 現職のトランプ大統領は少なくとも11月の選挙までの間は景気を良い…

1月14日(火) 5時0分-IT総合(シバタナオキ)

韓国のファクトチェックは日本に圧勝 東大とヤフーが組んで、朝日も産経もNHKもみんな協力するレベル

韓国のファクトチェックは日本に圧勝 東大とヤフーが組んで、朝日も産経もNHKもみんな協力するレベル

…裁判所も認めたファクトチェックの意義 大統領選挙後、SNUファクトチェックセンターは野党の自由韓国党から「党の評判を損ない、選挙に影響を与えた」という理由で刑事告…

1月13日(月) 16時0分-社会(古田大輔)

2020年の金融市場を占う、金融市場のお祭りムードもそろそろ終焉に向かうタイミングか

2020年の金融市場を占う、金融市場のお祭りムードもそろそろ終焉に向かうタイミングか

…統領の意志が少なからず働いていたと見ざるを得ない。つまり、今年の米大統領選挙を見据えた行動であり、米下院が「ウクライナ疑惑」でトランプ氏を弾劾訴追した…

1月13日(月) 11時24分-経済総合(久保田博幸)

イラン危機は次のラウンドへ――アメリカがセットした時限爆弾とは

イラン危機は次のラウンドへ――アメリカがセットした時限爆弾とは

…メリカも同じだ。  トランプ氏は「中東への関与を減らすこと」を2016年選挙の公約にしたが、結果的には オバマ政権時代より中東に部隊を多く派遣しており…

1月12日(日) 8時20分-国際総合(六辻彰二)

トランプ大統領再選戦略としてのイラン司令官暗殺有料

…トランプ大統領は北朝鮮とイランの核開発を自分の大統領再選戦略と位置付けている。しかし「ウクライナ疑惑」の弾劾裁判で解任したボルトンを味方につけなければならなくなった。それがイラン司令官暗殺の動機だ。

1月11日(土) 17時39分-政治(田中良紹)