小平奈緒と抱擁のイ・サンファが「プチ整形」で変身。韓国アスリートの整形事情とは?

小平奈緒と抱擁のイ・サンファが「プチ整形」で変身。韓国アスリートの整形事情とは?

…国から猛烈な批判を受けていたのも記憶に新しい。 (参考記事: 「韓国から追放しろ!!」“整形発言”のカン・ハンナに本国から非難が殺到 ) さすがに「1…

2019年2月18日(月) 7時5分-スポーツ総合(慎武宏)

アメリカ軍撤退とシリア:「治安ゾーン」がおそらく失敗する理由

アメリカ軍撤退とシリア:「治安ゾーン」がおそらく失敗する理由

…境沿い(東西約275km、幅10~15km)に設置が計画された、クルド人追放、アラブ人入植計画である。また、これに伴い、以前から行われていたクルド語の…

2019年2月11日(月) 13時16分-中東・アフリカ(髙岡豊)

「薬物違反&スーパーボウルMVP」はあっても「薬物違反&ワールドシリーズMVP」はない

「薬物違反&スーパーボウルMVP」はあっても「薬物違反&ワールドシリーズMVP」はない

…から80試合、2度目は100試合から162試合に変更された(3度目の永久追放はそのまま)。同時に、その年のポストシーズンに出場できないという処分も加わった。

2019年2月7日(木) 12時39分-野球(宇根夏樹)

悪質タックル「嫌疑なし」は「理不尽」にあらず

悪質タックル「嫌疑なし」は「理不尽」にあらず

…指導者としての責任を問われ、その職を解かれたばかりか、関東学連から「永久追放」に当たる除名処分を受けている。2人は異議申立をしたが、認められなかった。

2019年2月6日(水) 19時51分-社会(江川紹子)

第2回米朝首脳会談の成功を暗示した1月31日の「ビーガン演説文」有料

第2回米朝首脳会談の成功を暗示した1月31日の「ビーガン演説文」

…本日(2月5日)、第二回米朝首脳会談に向けた実務協議が板門店で行われる。米国側からはビーガン北朝鮮政策特別代表が協議に臨むが、1月31日にカリフォルニアで行った同代表の講演は二度目の首脳会談の成功を…

2019年2月5日(火) 9時0分-国際総合(辺真一)

「永久追放」から戻ってきた投手が、新クローザーとして試合を締めくくる!?

「永久追放」から戻ってきた投手が、新クローザーとして試合を締めくくる!?

…ライアン・ブレイジャー もいる。  さらに、その候補には、薬物検査に3度引っかかって永久追放となった投手も挙げておきたい。前ニューヨーク・メッツの ヘンリー・メヒーア…

2019年2月3日(日) 11時16分-野球(宇根夏樹)

売れなければ「売れないから」でいい。そこになぜ、「外国人」を持ち出す必要が?

売れなければ「売れないから」でいい。そこになぜ、「外国人」を持ち出す必要が?

…リンピック(1964年)のときには、社会の浄化運動のためとして、〈 悪書追放運動 〉が全国的に展開され、PTAの婦人会によって小学校の校庭で大量の漫画…

2019年1月27日(日) 21時54分-社会(園田寿)

中国とロシアを警戒せよ!英国離脱もEUはバルカン拡大へ「北マケドニア共和国」ギリシャ議会が承認

中国とロシアを警戒せよ!英国離脱もEUはバルカン拡大へ「北マケドニア共和国」ギリシャ議会が承認

…ため与党議員を買収したり、反対運動を支援したりしようとしていたとして国外追放しました。 欧州の安全保障という大きな観点から見ると、英国のEU離脱は極め…

2019年1月26日(土) 12時0分-国際総合(木村正人)

トランプ暴露本、またも発売! 元大統領特別補佐官は見た トランプ氏が“取り憑かれているもの”

トランプ暴露本、またも発売! 元大統領特別補佐官は見た トランプ氏が“取り憑かれているもの”

…メディアに情報をリークしているスタッフの名前を教えてくれ。彼らを政権から追放したい」と言われたという。トランプ氏はシムズ氏と話しながら、ホワイトハウス…

2019年1月25日(金) 12時49分-国際総合(飯塚真紀子)

「竹中平蔵の講義に反対」ビラ配った学生に東洋大学が退学勧告との報

「竹中平蔵の講義に反対」ビラ配った学生に東洋大学が退学勧告との報

…られてしまう実情について然るべき対処を行うべきでしょうし、場合によっては追放も辞さないぐらいの強い処分を行わなければならないのではないか、と感じます。

2019年1月22日(火) 21時27分-政治(山本一郎)