子どもの救急時対応や発達障がい 川崎医科大学小児科学スタッフが講演

子どもの救急時対応や発達障がい 川崎医科大学小児科学スタッフが講演

新しい治療法としては、毎日少量のアレルゲンを食べて徐々に体を慣らす経口免疫療法があります。どれだけの量をどのくらいの期間食べるのか、症状が出た場合の…

5月20日(月) 11時23分-ヘルス(山陽新聞デジタル)

食物アレルギー疑いの子どもに43%症状出ず 川崎医科大教授ら試験データ分析

食物アレルギー疑いの子どもに43%症状出ず 川崎医科大教授ら試験データ分析

…尾内教授らは、アレルギー症状を起こす食物を少しずつ摂取して治療する「経口免疫療法」を子どもらに行った結果も集計。13年1月~18年9月の125件では、…

4月20日(土) 9時40分-ヘルス(山陽新聞デジタル)

クラスに1人はアレルギーという現状 除去食に追われる学校給食の試行錯誤有料

クラスに1人はアレルギーという現状 除去食に追われる学校給食の試行錯誤

…<2017年2月25日号> 「いただきます!」おおわだ保育園(大阪府門真市)では、11時半を過ぎると年齢別のクラスごとに給食の時間が始まる。ゼロ歳児から5歳児まで全員、同じメニューを食べる。離乳食も例…

2018年2月14日(水) 17時27分-経済総合(週刊東洋経済)