スマート農業普及 コスト負担減が鍵 実証グループに本紙調査

スマート農業普及 コスト負担減が鍵 実証グループに本紙調査

…うとする声が多かった。 「ベテランのノウハウを継承するシステムを作り、新規就農者が早く自活できるようにする」「労働負荷の低減で、高齢者、身体障害者、主…

1月22日(水) 7時8分-経済総合(日本農業新聞)

50代研修料実質免除 30、40代最大150万円交付 就農支援世代広く 農水省方針

50代研修料実質免除 30、40代最大150万円交付 就農支援世代広く 農水省方針

…。 都道府県が認定する機関で研修し、修了後5年以内に市町村が認める認定新規就農者や認定農業者になることなどが要件。既存制度と同様に、前年度の世帯所得が…

1月22日(水) 7時8分-経済総合(日本農業新聞)

酪農・乳業界のグローバル化へ生産基盤強化が課題

酪農・乳業界のグローバル化へ生産基盤強化が課題

…。そうした中でも、特に来年度に向けて重点課題とされているのが、後継者と新規就農者の確保だ。農林水産省は2019年度補正予算で、家族経営の施設整備による…

1月20日(月) 20時1分-産業(日本食糧新聞)

日本の食卓からコメがなくなる日有料

日本の食卓からコメがなくなる日

…日本の食卓からコメが消える――。日本人は長くコメを主食にしてきたが、離農は進み、新規就農は遅々として進まず。農業従事者も耕地面積も減る一方の「米」は日本の食卓で今後生き残ることができるのだろうか。

1月20日(月) 8時0分-社会(松浦達也)

改植で果実粒重アップ 高単価や作りやすさで増産も 昭和のスター 令和に脚光

改植で果実粒重アップ 高単価や作りやすさで増産も 昭和のスター 令和に脚光

…の1まで減ったが、JAは「伊予カンは栽培技術が確立しており、高齢農家や新規就農者でも栽培しやすい」と話す。イチゴ「女峰」 品種戦争とまで言われるイチゴ…

2019年12月27日(金) 7時9分-経済総合(日本農業新聞)

農業労働力 想定外の減 新たな人材どう確保 高齢離農響き7万人のずれ

農業労働力 想定外の減 新たな人材どう確保 高齢離農響き7万人のずれ

…人。従来の減少傾向が続けば25年に87万人になる見込みだったが、毎年、新規就農者を倍増させて減少を抑える目標を立てた。15年時点では想定より1万人多い…

2019年12月21日(土) 9時3分-社会(日本農業新聞)

かんきつ園地なだらかに 豪雨被害が教訓 次世代へつなぐ JAえひめ中央

かんきつ園地なだらかに 豪雨被害が教訓 次世代へつなぐ JAえひめ中央

…ていた。JAは管内の農地で100ヘクタールの基盤整備を目標に掲げる他、新規就農者研修センターではこれまで37人の修了者を産地に送り出している。

2019年12月20日(金) 10時1分-社会(日本農業新聞)

イチゴの新ブランド「晴苺(はれ・いちご)」 岡山県発表 おいCベリー 首都圏などでPRへ

イチゴの新ブランド「晴苺(はれ・いちご)」 岡山県発表 おいCベリー 首都圏などでPRへ

…で、新ブランド名やロゴを使って市場に流通させる。県は、新ブランドを機に新規就農者の掘り起こしも図る方針。 この日、岡山市内で発表会があり、伊原木隆太知…

2019年12月18日(水) 19時57分-岡山(山陽新聞デジタル)

一関地方で就農しよう 県南局などガイドブック発行【岩手】

一関地方で就農しよう 県南局などガイドブック発行【岩手】

県南広域振興局と一関地方農林業振興協議会は、新規就農者の確保に向け、就農までのガイドブック「岩手県一関地方で農業をはじめよう!」を発行した。一関地方…

2019年12月14日(土) 9時16分-岩手(岩手日日新聞社)

ハトムギで健康長寿に “お墨付き”チョコ商品化 知名度アップ狙う 栃木県小山市

ハトムギで健康長寿に “お墨付き”チョコ商品化 知名度アップ狙う 栃木県小山市

…浩一組合長は「小山のハトムギの知名度が増す良い機会になる。これを契機に新規就農者を増やし、生産量を増やしたい」と意気込む。 「はとむぎチョコ マンディ…

2019年12月6日(金) 7時5分-栃木(日本農業新聞)