専業主婦はいつ定着したのか~そして未来は?意外な歴史を探る

専業主婦はいつ定着したのか~そして未来は?意外な歴史を探る

…の女性の恩師の一人が悲し気な表情でいいました。 「これから先二度と彼女は文学史の本を開くことはないだろうね。僕が四年間、心血を注いで教え続けた講義内容…

2019年8月23日(金) 11時9分-社会(石渡嶺司)

BURNOUT SYNDROMES 『Dr. STONE』OPテーマは「完成品を掘り出す感覚だった」

BURNOUT SYNDROMES 『Dr. STONE』OPテーマは「完成品を掘り出す感覚だった」

…けるボーカル熊谷が作り出す、文學的な歌詞、言葉の美しさが注目を集め“青春文学ロックバンド”というキャッチフレーズが付けられている。メジャーデビュー前の…

2019年8月22日(木) 18時18分-音楽(田中久勝)

「生きろ。」の嘘くささ~9.1と131人の10代の死

「生きろ。」の嘘くささ~9.1と131人の10代の死

…何らかの原因で死ぬ存在が人間であり生命だ。だから我々の社会には宗教があり文学があり医療があり、哲学がある。 ■退屈なことば「生きろ。」 今年も9月1日…

2019年8月20日(火) 15時43分-社会(田中俊英)

「本屋があるまち」の姿を保つために。小さな本屋の生き残り方は

「本屋があるまち」の姿を保つために。小さな本屋の生き残り方は

…珍しい本が置いてあることもしばしある。 新刊コーナーや人文系の棚、文芸・文学コーナーの選書など一通りの棚の様子を見れば、その書店の店主なり書店員のイメ…

2019年8月19日(月) 12時0分-社会(江口晋太朗)

香港デモが続くワケ。過激分子のホンネ?~「香港は中国の植民地?」

香港デモが続くワケ。過激分子のホンネ?~「香港は中国の植民地?」

…行される人物の顔に、見覚えがあったからだ。  ひょろりと背が高く、色白の文学青年のような風貌。その第一印象には似つかわず、メガネの奥の瞳には、燃えるよ…

2019年8月11日(日) 8時0分-国際総合(宮崎紀秀)

大江健三郎さんの小説はなぜ60年間も封印されていたのか

大江健三郎さんの小説はなぜ60年間も封印されていたのか

…印することを言明した。だからその作品は長い間、二度と日の目を見ない、戦後文学最大のタブーとして扱われてきたのだった。  父親の思いを実現する形で六二さ…

2019年8月2日(金) 7時1分-社会(篠田博之)

日韓で共感集める「キム・ジヨン」とは一体誰なのか 作者チョ・ナムジュが独占インタビューで明かす

日韓で共感集める「キム・ジヨン」とは一体誰なのか 作者チョ・ナムジュが独占インタビューで明かす

…体誰なのか――。作者のチョ・ナムジュさんに聞いた。 (前編はこちら→「 文学で響き合う日本と韓国『82年生まれ、キム・ジヨン』作者が感じる希望と意外な変化…

2019年7月26日(金) 10時8分-アジア・韓流(桑畑優香)

文学で響き合う日本と韓国『82年生まれ、キム・ジヨン』作者が感じる希望と意外な変化

文学で響き合う日本と韓国『82年生まれ、キム・ジヨン』作者が感じる希望と意外な変化

…著、斎藤真理子訳、筑摩書房)。日韓が政治のはざまで揺れる中、国境を超えて文学で響き合う人たちがいる。 著者のチョ・ナムジュさんにインタビュー。異例のヒ…

2019年7月24日(水) 9時54分-アジア・韓流(桑畑優香)

北欧映画の挑戦 スウェーデンがSF・低予算パニック映画を作るとどうなるのか?

北欧映画の挑戦 スウェーデンがSF・低予算パニック映画を作るとどうなるのか?

…火星へ新しい家を求めて。未来への希望『アニアーラ』(2018) 1974年にノーベル文学賞を受賞したハリ・マティンソン氏の詩『Aniara』を映画化。7月13日よ…

2019年7月14日(日) 16時22分-ヨーロッパ(鐙麻樹)

バウトン追悼、 その著書「ボールフォア」は単なる暴露モノにあらず

バウトン追悼、 その著書「ボールフォア」は単なる暴露モノにあらず

…しかし、「ボールフォア」は違う。実はこれほど長きに亘り愛読され続けた本も文学以外では珍しいのだ。その理由としては、まずスキャンダラスな部分を割り引いて…

2019年7月12日(金) 16時30分-野球(豊浦彰太郎)