100年前に予想されていた「スマホ」の姿 大正時代に描かれた“日本の未来”脅威の的中率

100年前に予想されていた「スマホ」の姿 大正時代に描かれた“日本の未来”脅威の的中率

…多い。 実はかなりの頻度で「豊富なる想像力を以てしても御答え難しく」(岸田劉生)というような回答も散見される特集「百年後の日本」。一方で「遠からず日米…

1月31日(金) 8時10分-エンタメ総合(オリコン)

まるでトリックアート? ”奇妙なトーストアート”が進化「リアルさ」を追求

まるでトリックアート? ”奇妙なトーストアート”が進化「リアルさ」を追求

…『リアルシリーズ』フォロワーの戸惑いに“ニヤリ”――最近の作品の中では岸田劉生の名画『麗子像』、ホラー映画『チャイルド・プレイ』シリーズのキャラクター…

2019年12月26日(木) 8時30分-ライフ総合(オリコン)

ファッションはルールを守っていても失敗する!|地曳いく子の『おしゃれは7、8割でいい』

ファッションはルールを守っていても失敗する!|地曳いく子の『おしゃれは7、8割でいい』

…。もっと若い頃は、おかっぱにしたら、やはり前髪の分量のせいでお菊人形か岸田劉生作「麗子像」そっくりに。こうした失敗のおかげで、「ああ、これはなしね」と…

2019年11月23日(土) 16時0分-エンタメ総合(本がすき。)

身近な存在「窓」を媒介に建築とアートの歴史を辿る。

身近な存在「窓」を媒介に建築とアートの歴史を辿る。

…継がれ、今日に至っている。同展では、アンリ・マティスやパウル・クレー、岸田劉生の絵画から、マルセル・デュシャン、ゲルハルト・リヒターの現代美術、ホンマ…

2019年11月20日(水) 11時55分-文化・アート(Casa BRUTUS.com)

絵画の定番は「窓辺に立つ女性」? なぜこれほどまでに“窓”がアートの中心にあるのか

絵画の定番は「窓辺に立つ女性」? なぜこれほどまでに“窓”がアートの中心にあるのか

…るのだ。身近な光景だってアートの素になる 日本の近代絵画を代表する作、岸田劉生《麗子肖像(麗子五歳之像)》もある。ふつうの肖像に思えるけれど、これはよ…

2019年11月9日(土) 13時24分-ライフ総合(文春オンライン)

ル・コルビュジエからリヒターまで。「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」が東京国立近代美術館で開催

ル・コルビュジエからリヒターまで。「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」が東京国立近代美術館で開催

3~4章「窓の20世紀美術」では、アンリ・マティス、パウル・クレー、岸田劉生など20世紀絵画の巨匠が描く窓を紹介。また、マーク・ロスコやロイ・リキテ…

2019年10月23日(水) 8時6分-文化・アート(美術手帖)

カミーユ・アンロから「TOKYO 2021」まで、今週末に見たい3つの展覧会

カミーユ・アンロから「TOKYO 2021」まで、今週末に見たい3つの展覧会

…0年記念 岸田劉生展」(東京ステーションギャラリー) 交流のあった人々を描いた肖像画や、娘・麗子を描いた作品、風景画などで知られる岸田劉生(1891~…

2019年10月19日(土) 8時6分-文化・アート(美術手帖)

絵画と文章による自己検証を重ねた画家。 諏訪敦評「没後90年記念 岸田劉生展」

絵画と文章による自己検証を重ねた画家。 諏訪敦評「没後90年記念 岸田劉生展」

…見できたなら、大きな喜びがあるだろう。その点、日本の近代美術において、岸田劉生ほどその行動や言動を検証され尽くした画家はおらず、新しい局面を見出すこと…

2019年10月18日(金) 16時51分-文化・アート(美術手帖)

写実から写意へ。岸田劉生の画業の変遷をたどる展覧会がひろしま美術館で開催

写実から写意へ。岸田劉生の画業の変遷をたどる展覧会がひろしま美術館で開催

…絵画を受容し、独特の写実表現で個性を発揮した画家・岸田劉生。その画業の変遷をたどる展覧会「岸田劉生展―写実から、写意へ」が、ひろしま美術館で開催される…

2019年10月13日(日) 8時6分-文化・アート(美術手帖)

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館がリニューアル・オープン。記念展は「ふたたびの『近代』」

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館がリニューアル・オープン。記念展は「ふたたびの『近代』」

…・オープンを記念して開催されるのが、「ふたたびの『近代』」展。本展では岸田劉生《童女図(麗子立像)》、松本竣介《立てる像》といった同館を代表する近代美…

2019年10月9日(水) 8時5分-文化・アート(美術手帖)