海の幸ふりかけ商品化 能登・松波中生徒が考案

海の幸ふりかけ商品化 能登・松波中生徒が考案

…しており、全国有数の藻場や里海に育まれた海の幸の魅力を発信するとともに、奥能登の新たな名物として定着を図る。 ふりかけは、小木の水産加工会社「和平商店…

2月21日(金) 1時24分-石川(北國新聞社)

猫が番頭さん、一緒にゆっくり、のんびり 猫好きが集う銭湯は楽園だった

猫が番頭さん、一緒にゆっくり、のんびり 猫好きが集う銭湯は楽園だった

東京は足立区西新井にある銭湯「湯処じんのび」。石川県奥能登地方で「ゆっくり、のんびり、くつろぎ」という意味の名がつけられたこの湯では、番頭役の猫たち…

2月20日(木) 13時20分-ライフ総合(sippo)

奥能登芸術祭開幕前にPRイベント

奥能登芸術祭開幕前にPRイベント

奥能登国際芸術祭で、珠洲市などで構成する実行委員会は4月20日に東京・渋谷ヒカリエ、5月15日に金沢市の北國新聞赤羽ホールで事前イベントを実施する。

2月19日(水) 8時45分-石川(北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ)

奥能登芸術祭、首都圏からツアー 石川県が初支援

9~10月に珠洲市内で開催される奥能登国際芸術祭2020(北國新聞社特別協力)を盛り上げ、能登―羽田便の利用促進につなげるため、石川県は旅行会社とタ…

2月19日(水) 1時45分-石川(北國新聞社)

奥能登芸術祭開幕前にPRイベント 珠洲市が4月東京、5月金沢

奥能登芸術祭開幕前にPRイベント 珠洲市が4月東京、5月金沢

奥能登国際芸術祭で、珠洲市などで構成する実行委員会は4月20日に東京・渋谷ヒカリエ、5月15日に金沢市の北國新聞赤羽ホールで事前イベントを実施する。

2月19日(水) 1時45分-石川(北國新聞社)

近江町市場にスペインバル新店 地物の魚介を使った料理やクラフトビールも

近江町市場にスペインバル新店 地物の魚介を使った料理やクラフトビールも

…ン約20種類や、能登の醸造所で作られたクラフトビール「日本海倶楽部」の「奥能登伝説」「ヴァイツェン」などを用意する。今後はランチ利用客に向けて、ランチ…

2月18日(火) 18時2分-石川(みんなの経済新聞ネットワーク)

ちょっと贅沢ランチを!サクサクの絶品天ぷらが楽しめる都内の人気店5選

ちょっと贅沢ランチを!サクサクの絶品天ぷらが楽しめる都内の人気店5選

…た体にやさしい油で、さらりと揚がった天ぷら。低温でじっくりと結晶化させた奥能登海水塩につけて食べるのも良いが、素材の美味しさを生かした作り方をしている…

2月18日(火) 5時20分-ライフ総合(東京カレンダー)

若手料理人が能登応援団 地元の5人、ジャンル超え結成

若手料理人が能登応援団 地元の5人、ジャンル超え結成

…トリエ・ドゥ・ノトで披露会があり、5人が「能登の冬の暮らし」をテーマに、奥能登原木シイタケ「のと115」や高級珍味「クチコ」など能登の食材を使い、里山…

2月14日(金) 1時57分-石川(北國新聞社)

オール奥能登のあんこ、いかが 地元経営者が考案

オール奥能登のあんこ、いかが 地元経営者が考案

奥能登伝統の水あめ「米飴(あめ)」と能登大納言小豆、珠洲の塩を使ったあんこを、珠洲市の飲食店経営者が11日までに考案した。約500年前から甘味料とし…

2月12日(水) 1時20分-石川(北國新聞社)

「ジビエ屋台」初登場 穴水で8、9日にジャンボかきまつり

「ジビエ屋台」初登場 穴水で8、9日にジャンボかきまつり

…迎ムードが高まっている。 穴水町で捕れたイノシシと白山市のクマ肉を使う。奥能登原木シイタケ「のと115」やニンジン、ゴボウなどの野菜と煮込み、イノシシ…

2月6日(木) 2時2分-石川(北國新聞社)