2021年、大変革のF1。クラウドの演算パワー使い「トランスフォーメーション」とは?

2021年、大変革のF1。クラウドの演算パワー使い「トランスフォーメーション」とは?

…メドレー氏に聞いた。2021年のF1では「バトル」が増加F1を主催する国際自動車連盟 (FIA)は、10月31日に、2021年のF1のレギュレーション…

2019年12月10日(火) 12時10分-IT総合(BUSINESS INSIDER JAPAN)

【F1】2021年以降の新コンコルド協定の早期締結を望むリバティ・メディア

【F1】2021年以降の新コンコルド協定の早期締結を望むリバティ・メディア

…とを願っていると語った。リバティ・メディアとF1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)はすでに2021年から適用される新F1ルールを発表している。そし…

2019年12月10日(火) 11時55分-モータースポーツ(TopNews)

レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが示唆「2021年にどうするかは来年の状況次第」

レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが示唆「2021年にどうするかは来年の状況次第」

…2021年には所属チームを変える可能性もあると示唆した。先週、FIA(国際自動車連盟)による年間表彰式典がパリで催されたが、その会場でもっとも大きな話…

2019年12月9日(月) 19時58分-モータースポーツ(TopNews)

なぜトヨタ「RAV4」は今年のクルマに選出? 北米重視モデルが日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得できた要因とは

なぜトヨタ「RAV4」は今年のクルマに選出? 北米重視モデルが日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得できた要因とは

…た現行型となる5代目RAV4は、2018年3月に開催されたニューヨーク国際自動車ショーで世界初公開され、北米市場では2018年の年末にガソリン仕様から…

2019年12月6日(金) 16時40分-経済総合(くるまのニュース)

フォーミュラE、2020/21年からFIA世界選手権に昇格「心から歓迎」とジャン・トッド会長

フォーミュラE、2020/21年からFIA世界選手権に昇格「心から歓迎」とジャン・トッド会長

…0年シーズンの翌年、2020/21年“シーズン7”よりシリーズがFIA国際自動車連盟が定める世界選手権となることを発表した。 持続可能なモビリティの採…

2019年12月4日(水) 11時49分-モータースポーツ(オートスポーツweb)

中嶋一貴が日本人初のFIA殿堂入り!「WECが去年だったら…タイミング良かった」名選手と同席に笑顔

中嶋一貴が日本人初のFIA殿堂入り!「WECが去年だったら…タイミング良かった」名選手と同席に笑顔

国際自動車連盟(FIA)の殿堂入り表彰式が2日、パリで開かれ、世界耐久選手権(WEC)の2018―19年シーズン王者となったトヨタガズーレーシングの…

2019年12月3日(火) 21時46分-スポーツ総合(中日スポーツ)

FIAドリフト、トーヨータイヤサポート選手が3連覇を達成

FIAドリフト、トーヨータイヤサポート選手が3連覇を達成

…3連覇を達成した。FIAインターコンチネンタルドリフティングカップは、国際自動車連盟(FIA)が公認する、世界で唯一のドリフト競技会。本大会は、第1回…

2019年12月3日(火) 20時6分-モータースポーツ(レスポンス)

日本人初! 中嶋一貴が歴代ル・マン24時間/WECチャンピオンとともにFIA殿堂入り

日本人初! 中嶋一貴が歴代ル・マン24時間/WECチャンピオンとともにFIA殿堂入り

12月2日、FIA国際自動車連盟の本部があるフランス・パリで『FIAホール・オブ・フェイム(FIA殿堂)』の授賞式が行われ、過去から現在のル・マン2…

2019年12月3日(火) 15時10分-モータースポーツ(オートスポーツweb)

ドリフト競技のワールドカップ「IDC」が日本開催! 2名の日本人選手が決勝へ

ドリフト競技のワールドカップ「IDC」が日本開催! 2名の日本人選手が決勝へ

…界一決定戦 ドリフトの世界一決定戦やワールドカップともいえる、FIA(国際自動車連盟)公認のドリフトイベント「インターコンチネンタル・ドリフティング・…

2019年12月3日(火) 10時10分-経済総合(Auto Messe Web)

トヨタ スープラ のGT4レーサー、来夏北米発売へ…ロサンゼルスモーターショー2019

トヨタ スープラ のGT4レーサー、来夏北米発売へ…ロサンゼルスモーターショー2019

…する。軽量スチールボディには、レースでの安全性を確保するため、FIA(国際自動車連盟)規則に準拠した高剛性ロールケージを装着し、OMP製のレーシングバ…

2019年12月2日(月) 21時0分-産業(レスポンス)