堀ちえみ、松本伊代と早見優に「みんなでコンサートを…」

堀ちえみ、松本伊代と早見優に「みんなでコンサートを…」

…移植するという約11時間にも及ぶものだった。今の堀の舌の状態を、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんはこう解説する。「もともとあった舌と移植…

7月11日(木) 16時0分-エンタメ総合(NEWS ポストセブン)

「鉄不足大国ニッポン」の「貧血対策」の貧困ぶり

…般化できるかはわからない。 今年2月、筆者が主宰するNPO法人「医療ガバナンス研究所」は、筑波大学剣道部の鍋山隆弘准教授と共同で、同大学の剣道部の部員…

7月9日(火) 6時0分-社会(新潮社 フォーサイト)

がん保険の特約よりも心強い、大切な「かかりつけ医」の存在

がん保険の特約よりも心強い、大切な「かかりつけ医」の存在

…性をつくっておいた方がいいと言うのは元国立がん研究センター勤務で医療ガバナンス研究所所長の医師、上昌広さん。「医師といい関係になっておくことは保険に入…

6月23日(日) 16時0分-社会(NEWS ポストセブン)

医師と製薬会社の利益相反を監視せよ/谷本哲也氏(内科医)

医師と製薬会社の利益相反を監視せよ/谷本哲也氏(内科医)

…ック機能が働きにくい構造がある。 そこで谷本氏が所属するNPO「医療ガバナンス研究所」は、NPOメディア「ワセダクロニクル」と共同で、製薬会社から医師…

6月22日(土) 20時6分-社会(ビデオニュース・ドットコム)

ディオバン事件から学ぶもの

ディオバン事件から学ぶもの

…んでいるか第三者が検証できるようになった。私が主宰するNPO法人医療ガバナンス研究所はワセダクロニクルと共同で、2016年度支払分から製薬マネーをデー…

5月26日(日) 11時0分-社会(Japan In-depth)

研究せずにはいられない~「貧困ポスドク」を救う「在野」研究という道

研究せずにはいられない~「貧困ポスドク」を救う「在野」研究という道

…手軽に生物科学の研究!? バイオハッカージャパン   NPO法人医療ガバナンス研究所 では、医師たちが専門性を生かし、在野で活動している。代表の上昌広医師は、…

5月16日(木) 6時30分-科学(榎木英介)

製薬マネー、癌ガイドライン委員に流れる~「平成」が遺した大きな宿題

製薬マネー、癌ガイドライン委員に流れる~「平成」が遺した大きな宿題

データを収集したのは共にNPO法人である ワセダクロニクル と 医療ガバナンス研究所 だ。 日本学術会議は2014年3月、製薬会社でつくる日本製薬工業…

5月10日(金) 17時30分-科学(榎木英介)

日本の医療は大丈夫 EU離脱決定の英国で医療クライシス 待ち患者2人が死亡

日本の医療は大丈夫 EU離脱決定の英国で医療クライシス 待ち患者2人が死亡

…広げて医師数を増やしてきました。 毎日新聞によると、NPO法人「医療ガバナンス研究所」の上昌広理事長は「医師は余るどころか今後も不足すると予想され、医…

2017年1月9日(月) 6時30分-社会(木村正人)

本当に医者は余るのか?

本当に医者は余るのか?

…の適正化も考慮に入れているというが…  先ごろ特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所を設立した上昌広氏は、地域格差が問題だと指摘する。特に首都圏が深刻だという。

2016年4月9日(土) 8時17分-科学(榎木英介)