扇風機のみ、熱中症の恐れ=厚労省はエアコン利用推奨

…認された。加齢による発汗能力の衰えなどが原因とみられるという。 医療ガバナンス研究所の上昌広理事長は「若者と比べ、高齢者は汗をかきにくく、体温が上がり…

8月19日(月) 13時33分-社会(時事通信)

池江璃花子、一時帰宅の笑顔の裏で続く療養生活について祖父「つらいらしいです」

池江璃花子、一時帰宅の笑顔の裏で続く療養生活について祖父「つらいらしいです」

…ともに報告していた。 現在は、どの程度まで治療は進んでいるのか。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏に聞いた。「詳細は未公表ですが、彼女の場合は “急…

8月14日(水) 18時0分-エンタメ総合(週刊女性PRIME)

健康な兵士も襲う「労作性熱中症」 過度なプレッシャーが危険因子に〈dot.〉

健康な兵士も襲う「労作性熱中症」 過度なプレッシャーが危険因子に〈dot.〉

…け医見手帖」。今回は「熱中症の予防と対処法」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 梅雨寒だっ…

8月14日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

プロフェッショナルな医師とは

プロフェッショナルな医師とは

…。やっていることは、東大時代と変わらない。研究・教育はNPO法人医療ガバナンス研究所、診療はナビタスクリニック(我々のグループが経営するエキナカクリニ…

8月12日(月) 7時3分-社会(Japan In-depth)

見落とされている大震災後の医療体制

見落とされている大震災後の医療体制

…血圧などの持病が悪化することもあります。 私が所属するNPO法人医療ガバナンス研究所は、東日本大震災以降、福島県の医療支援を継続していますが、被災地で…

8月6日(火) 6時0分-ライフ総合(JBpress)

子どもよりも症状が重い、その理由は… 「手足口病」が大人に流行ってる〈dot.〉

子どもよりも症状が重い、その理由は… 「手足口病」が大人に流行ってる〈dot.〉

…け医見手帖」。今回は「流行が広がる手足口病」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 子供の3大…

7月31日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

医師と製薬マネーのあまり表には出ない大問題

医師と製薬マネーのあまり表には出ない大問題

…、同校卒業生で現役医師でもある、上昌広氏と岡本雅之氏。 上氏は、医療ガバナンス研究所(以下、MEGRI)を主宰し、東日本大震災・原発事故被災地へ若手医…

7月21日(日) 5時0分-経済総合(東洋経済オンライン)

堀ちえみ、松本伊代と早見優に「みんなでコンサートを…」

堀ちえみ、松本伊代と早見優に「みんなでコンサートを…」

…移植するという約11時間にも及ぶものだった。今の堀の舌の状態を、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんはこう解説する。「もともとあった舌と移植…

7月11日(木) 16時0分-エンタメ総合(NEWS ポストセブン)

「鉄不足大国ニッポン」の「貧血対策」の貧困ぶり

…般化できるかはわからない。 今年2月、筆者が主宰するNPO法人「医療ガバナンス研究所」は、筑波大学剣道部の鍋山隆弘准教授と共同で、同大学の剣道部の部員…

7月9日(火) 6時0分-社会(新潮社 フォーサイト)

医者の数は「田舎に少なく」「都会に多い」のウソ

医者の数は「田舎に少なく」「都会に多い」のウソ

…る人も多いのではないか、と思われるでしょう。そこで、私も所属する医療ガバナンス研究所では、研究当時医学生だった岡田直己氏らとともに、日本で医者が医学部…

7月2日(火) 5時40分-経済総合(東洋経済オンライン)