Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

検索結果

36
  1. 水難救助に水中ドローン、果たして効果は… 福島・猪苗代湖で消防が検証
     水難救助への水中ドローン導入に向け、福島県の会津若松消防本部が、会津若松市の猪苗代湖田面浜で水中ドローンのカメラの視認性を検証した。6月に市内のプ…
    毎日新聞社会
  2. 福島・会津若松市で戊辰戦争犠牲者を供養(福島県)
    会津若松市では、市民が152年前の戊辰戦争で犠牲になった人々を供養した。 慰霊の集いは9月22日に戊辰戦争で会津藩が降伏した歴史を受けて19年前から続けられている。
    福島中央テレビ福島
  3. 赤べこ見つけて! 鶴ケ城でトリックアート、会津短大生が制作
    …フにしたトリックアートを制作し、福島県会津若松市の鶴ケ城で完成発表会が開かれた。  トリックアートは、会津若松観光ビューローが鶴ケ城の新たな観光スポッ…
    毎日新聞文化・アート
  4. 鎮魂と感謝 会津まつり、きょうまで開催
     福島県会津若松市恒例の「会津まつり」が22日まで、3日間の日程で開かれている。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小。初日の20日は…
    河北新報社会
  5. 綾瀬はるか 大河舞台に“凱旋”「皆さん、さすけねぇか」
     女優の綾瀬はるか(35)が20日、福島県会津若松市で開かれた「会津まつり」でトークショーを行った。  幕末の会津が舞台となった2013年大河ドラマ…
    スポニチアネックスエンタメ総合
  6. 「さすけねえか?」  綾瀬はるかさん、会津まつりでトークショー「気持ちは明るく」
     福島県会津地方に秋の訪れを告げる「会津まつり」が20日、会津若松市で開幕し、NHK大河ドラマ「八重の桜」で主人公の山本(新島)八重役を務めた女優の…
    毎日新聞社会
  7. 秋の風物詩「会津まつり」開幕 女優・綾瀬はるかさん20日参加
     会津地方の秋の風物詩「会津まつり」は19日、会津若松市の鶴ケ城本丸で、開幕セレモニーが行われた。夜空に浮かぶスカイランタンとライトアップされた天守…
    福島民友新聞福島
  8. 「負の財産」残せない 故郷の行く末気掛かり【復興を問う 帰還困難の地】(25)
    …った」。東京電力福島第一原発事故で帰還困難区域となった大熊町熊地区から会津若松市扇町に避難している無職浅野孝さん(67)は、複雑な表情で二つの家を見上げた。
    福島民報福島
  9. 夜空に大輪200発 コロナ収束の願い込め 会津まつり開幕 福島
     福島県会津若松市の鶴ケ城では19日夜、会津まつり(20~22日)の開幕セレモニーが開かれた。新型コロナウイルス早期収束の願いを込め、夜空に30個の…
    毎日新聞社会
  10. 飯盛山に「臨時案内所」 会津若松、修学旅行生の増加受け
     会津地域の広域交流連携などに取り組むNPO法人会津地域連携センター(会津若松市)は17日、県内有数の観光スポット、同市の飯盛山に、修学旅行生を対象に…
    福島民友新聞福島
  11. ひょっこり『秋の顔』...クリ収穫始まる 小粒ながら甘み強い!
     秋の味覚であるクリの収穫が、会津若松市大戸町で始まった。  栽培農家の山浦義博さん(67)方では、クリ畑で約200本を栽培する。早朝から妻の三奈枝…
    福島民友新聞福島
  12. ボートなどの航行区域見直しを検討 猪苗代湖4人死傷事故で推進協
     福島県会津若松市の猪苗代湖中田浜の沖で、小型クルーザーと接触し小学生を含む4人が死傷した事故を受け、住民や水面利用団体などでつくる「猪苗代湖水面利…
    毎日新聞社会
  13. 「医療体制」維持に注力...会津医療センターでクラスター12人に
     福島医大会津医療センター付属病院(会津若松市)で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)は15日、職員や患者の感染者数が計12人に広が…
    福島民友新聞福島
  14. 自民新総裁・菅氏の『手腕』注目! 福島県民、復興加速へ期待
    …うに見ているのか。  「農家らしい実直さを感じるな。親近感があるよ」。会津若松市の農家平塚洋一郎さん(77)は、菅氏の印象を語った。平塚さんは、農事組…
    福島民友新聞福島
  15. ランドセル生産最盛期 若松の羅羅屋
     会津若松市河東町の羅羅屋(ららや)会津若松工場で、新入学児童向けランドセルの生産が最盛期を迎えている。  同工場によると大きさや色、模様などを選…
    福島民報福島
  16. 福島・大熊町、仕込みへ米収穫 会津若松との縁保つ酒造り
    …われた。酒米を仕込むのは、町役場が事故直後から昨年4月まで避難していた会津若松市の酒蔵。町の担当者は「避難でできた縁を絶やさず、感謝の気持ちも示せれば」と話す。
    共同通信社会
  17. ボート死亡事故で現地調査 猪苗代湖、運輸安全委
     福島県会津若松市の猪苗代湖で6日、プレジャーボートが遊泳客4人を巻き込み、8歳男児が死亡した事故で、運輸安全委員会から派遣された船舶事故調査官3人…
    共同通信社会
  18. 「近づかないで」...湖畔は物々しい雰囲気 猪苗代湖で水難事故
     「大変なことになった」「人が沈んでいる。近づかないで」―。会津若松市の猪苗代湖で6日午前に起き、千葉県野田市の男児(8)が死亡するなど4人が死傷し…
    福島民友新聞福島
  19. 絶滅寸前! 国鉄特急電車の代名詞だった「485系」 残りわずかの車両はどこに?
    …1400両超が製造されるも残りわずかに 国鉄の特急電車といえば、赤とクリームの2色で塗り分けられた車両をイメージする人も多いでしょう。そのなかでも、…
    乗りものニュース経済総合
  20. 船に巻き込まれ遊泳中の8歳死亡 猪苗代湖で事故、2人が重傷
     6日午前11時ごろ、会津若松市の猪苗代湖の中田浜で、近くのロッジの従業員から「遊泳している人がボートに巻き込まれた」と110番通報があった。遊泳中…
    福島民友新聞福島
  21. 県民鎮魂の祈り 終戦75年各地で追悼行事
    …司が祝詞を奏上し、玉串をささげた。 ■戦没者に黙とう 会津若松市遺族会の役員  会津若松市遺族会の役員十一人は十五日、市内の小田山忠霊堂で正午のサ…
    福島民報福島
  22. 豊臣秀吉の宇都宮・会津仕置から430年 博物・資料館が連携展
    …し、県内と北関東の秀吉ゆかりの地を巡る契機にする。  実施するのは会津若松市の県立博物館と白河市の小峰城歴史館、栃木県の県立博物館(宇都宮市)、さ…
    福島民報福島
  23. 「キリシタン」を観光資源に 会津若松ルネッサンス協、調査に着手
     会津若松市の官民組織・会津若松観光ルネッサンス協議会は、会津のキリシタン文化を観光資源化する調査研究に着手した。今秋にも江戸時代のキリスト教信者の…
    福島民報福島
  24. 新型コロナで浮き彫り 東京の危うさと地方の価値
    …日本に、そんな可能性を見いだしているのが、ともに東日本大震災後、福島県会津若松市で、地方創生に取り組んできた経験を持つアクセンチュアのコンサルタント、…
    NIKKEI STYLE経済総合
  25. 氏郷の国宝・短刀を公開 8月1日から 福島県立博物館
    …RAI文化-蒲生氏郷と藩士たちの文武-」は八月一日から九月二十二日まで会津若松市の県立博物館で開かれる。会津入府四百三十年となる戦国武将蒲生氏郷が所持…
    福島民報福島
  26. 闇に浮かぶ光の舞 ゲンジボタル 北会津に登場
     二十一日の夏至を前に、ホタルの里として知られる会津若松市北会津町でゲンジボタルが飛び交っている。  同町寺堀地区の水路などでは、連日午後八時ごろ…
    福島民報福島
  27. 小型機で福島の青空に白い笑顔 エアレースパイロット室屋さん
     新型コロナウイルスの感染拡大でストレスを感じている人々を元気づけようと、福島市在住のエアレースパイロット室屋義秀さん(47)が4日、福島県内を小型…
    共同通信社会
  28. 豊橋のちくわ 静かなブーム 朝ドラ「エール」に登場
    …・ドール 県内外30店舗で  リオン・ドールコーポレーション(本社・会津若松市)は「エール」の放送期間中、豊橋市産ちくわと、ちくわと相性がいい米焼酎…
    福島民報福島
  29. 発熱外来を開設 若松市保健センターに
    …R検査は実施しない。  会津若松市内に居住、または通勤通学している高校生以上が対象。一日十人程度に対応できる。会津若松医師会の医師が平日の午後一時…
    福島民報福島
  30. 先人見習い「籠城アート」募集 会津若松、コロナ自粛中の作品
     福島県会津若松市の会津美術協会が、戊辰戦争中に会津藩が鶴ケ城で約1カ月間籠城したことにちなみ、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛中に制作した…
    共同通信文化・アート
  31. 記録することの意味を問う 災厄の時代に読む『ペスト』(下)
     疫病という不条理に抗う人々を描いたアルベール・カミュの小説『ペスト』 は、複雑な叙述の構造を持つ。冒頭で、この物語が誰かの手による「記録」であるこ…
    47NEWS社会
  32. 医療現場へ感謝示す青い光、会津 鶴ケ城がライトアップ
     新型コロナウイルスの感染が広がる中、最前線で働く医療従事者に感謝を伝えようと、福島県会津若松市は市内の観光名所、鶴ケ城を青色にライトアップしている。4日も日没後、天…
    共同通信社会
  33. 聖火リレー縮小 スタートの福島は「寝耳に水」 市民も落胆
    …少し違う意味があるとも思っている」と複雑な心境を明かした。  会津若松市の県会津若松合同庁舎では18日から聖火リレーのトーチの展示が始まった。トーチ…
    東京2020報道特集 オリンピック聖火リレー社会
  34. 手土産は人と人つなぐ〝潤滑油〟 秘書厳選の逸品紹介 編集長が込めた願い
    …努力を、あえて他者の目線で伝えることが必要だと考えている。  福島県会津若松市の和菓子メーカーは「切る手間が面倒」と敬遠されていたようかんで、切るた…
    47NEWS社会
  35. [写真特集]福島原発事故から4年…被災地の今
    会津若松市に今も立ち並ぶ仮設住宅=2015年3月9日(ロイター/アフロ)
    Yahoo!ニュース福島
  36. 放射能ジョークはなぜ許されないか:偏見と差別を超えふくしまと共に歩むために
    …「うつくしま、ふくしま」「旅すればふるさと ほっとするふくしま」。観光キャンペーンの言葉通り、ふくしまの美しい風景は、日本の心のふるさとです。でも、…
    碓井真史社会

トピックス(主要)