「20世紀アートを切り開いたスゴい作品」で考える、私たちの知覚の「ざんねんな現実」

「20世紀アートを切り開いたスゴい作品」で考える、私たちの知覚の「ざんねんな現実」

…ていくのは、1905年に発表された《緑のすじのあるマティス夫人の肖像》という絵です。これはマティスの今日の評価を生んだ、代表作ともいえる作品の1つです…

2月24日(月) 6時1分-経済総合(ダイヤモンド・オンライン)

米大統領選;トランプ再選なし。惨敗の可能性が見えてきた。

米大統領選;トランプ再選なし。惨敗の可能性が見えてきた。

…抜けと赤子の集団のようなものだ」  この発言にティラーソンは呆然とし、マティスは沈黙するほかなかった。そして、全員が怒りを押さえ込んだという。出席者の…

2月20日(木) 16時4分-国際総合(山田順)

メーガン妃のファン騒然 “分身”のようにそっくりな客室乗務員に注目集まる 「毎日間違われる」

メーガン妃のファン騒然 “分身”のようにそっくりな客室乗務員に注目集まる 「毎日間違われる」

…目を集めているのは、米ジェットブルー航空で働く、クリスティン・マティスさんだ。マティスさんは、2011年にメーガン妃がテレビドラマ「スーツ」に登場して…

2月19日(水) 15時2分-ライフ総合(Hint-Pot)

米紙に寄稿した匿名の「政権幹部」、誰だか知っている=トランプ氏

米紙に寄稿した匿名の「政権幹部」、誰だか知っている=トランプ氏

…起こすことを検討していると警告した。このとき、ポンペオ国務長官や当時のマティス国防長官ら複数の政権幹部が、書いたのは自分ではないと表明した。匿名の筆者…

2月19日(水) 11時25分-北米(ロイター)

【オーナー取材】これ以外、考えられない 2台のシトロエンXMを使い分けるカメラマン 

【オーナー取材】これ以外、考えられない 2台のシトロエンXMを使い分けるカメラマン 

…今から20年前にクルマを買うことになるが、最初に選んだのはデウ(大宇)マティスだった。覚えている人もいるだろう、軽自動車に近いサイズの、丸いヘッドラン…

2月18日(火) 12時0分-ライフ総合(ENGINE WEB)

42年間眠っていたランボルギーニ・ミウラ│プレゼントされた特別な一台だった?

42年間眠っていたランボルギーニ・ミウラ│プレゼントされた特別な一台だった?

…れない。しかし、それはシンガーでもありラリー・ドライバーでもあったスタマティス・ココタスにとっては大きな成功となったのだった。1970年前半に、ココタ…

2月17日(月) 20時7分-ライフ総合(octane.jp)

日本人が知らない、ジェフ・ベゾス主催「午前0時の大豪邸パーティ」

日本人が知らない、ジェフ・ベゾス主催「午前0時の大豪邸パーティ」

…ちにしているのだ。 当夜は、晩餐会から流れたクシュナー・イバンカ夫妻、マティス前国防長官、ロムニー上院議員夫妻ら以外にもパウエル連邦準備制度理事会(F…

2月15日(土) 11時1分-経済総合(現代ビジネス)

トランプが制服組を愚弄し、毒を吐きまくった「地下会議」の内幕

トランプが制服組を愚弄し、毒を吐きまくった「地下会議」の内幕

…ともにその外側の椅子にかけていた。マティス国防長官の真後ろ、大統領の視線をまっすぐに捉えられる位置だった。マティス、コーン、ティラーソンとそれぞれの側…

2月14日(金) 18時0分-国際総合(クーリエ・ジャポン)

鉛筆のようにマウスを使いこなす。ジョナサン・チャプリンのアジア初個展がNANZUKAで開催中

鉛筆のようにマウスを使いこなす。ジョナサン・チャプリンのアジア初個展がNANZUKAで開催中

…レート。この先鋭的な制作手法と裏腹に、チャプリンは、セザンヌやピカソ、マティスといったアーティストの作品を研究対象としているという。 そんなチャプリン…

2月12日(水) 7時51分-文化・アート(美術手帖)

モネとマティスが描いた「もうひとつの楽園」をポーラ美術館で見る。「睡蓮」の連作11点も展示

モネとマティスが描いた「もうひとつの楽園」をポーラ美術館で見る。「睡蓮」の連作11点も展示

…加え、マティス《リュート》(1943)と、それを元にしたタペストリー2点も紹介。同作の制作時には複製図版から下絵がつくられたため、今回はマティスの油彩…

2月11日(火) 7時51分-文化・アート(美術手帖)