国債キャンセルで日銀は激しい債務超過になる

国債キャンセルで日銀は激しい債務超過になる

…1945年ベースでみても約70倍というハイパー・インフレとなった。 出典: 伊藤正直、「戦後ハイパー・インフレと中央銀行」、『金融研究』、2012年1月号…

2017年4月9日(日) 0時13分-経済総合(太田康広)

2017年は“売り”か“買い”か? 「金」投資とはそもそもどういうもの?

2017年は“売り”か“買い”か? 「金」投資とはそもそもどういうもの?

…ジャガイモを買いに行ったという南米駐在員の話を耳にしたことがある。ハイパーインフレはモザンビークやブラジルなどでなかなか根治できない病として長らくその…

2017年2月17日(金) 7時50分-経済総合(THE PAGE)

謹賀新年&個人金融資産の在り方etc=日本経済の課題と展望有料

新年なので、新聞の社説風に「日本経済の課題と展望」をテーマにしてみた。安倍政権は相変わらず「デフレ脱却」という見当違いの課題に固執しているが、日本にとって中長期的に重要なことは何かを考えてみたい。

2017年1月2日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

「財政破綻論者」の不可解な行動=「節約してお金をためる」という矛盾

「財政破綻論者」の不可解な行動=「節約してお金をためる」という矛盾

…う動きには至っていない。 高齢層の貯蓄動向 「財政破綻」のほか、「ハイパーインフレ」「預金封鎖」など不安をあおるフレーズはなお目に付く。あおられる人々…

2016年12月7日(水) 18時0分-経済総合(窪園博俊)

ドル高の進行&睡眠銀行券etc=ラインハート教授の『経済教室』で有料

ドル高進行の考察のほか、銀行の睡眠預金が標的となったが、日銀の負債にある睡眠銀行券の活用を考察してみた。また、ラインハート教授の日経・経済教室で違和感のあった二点を解説してみた。

2016年11月28日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

財政は当面、破綻しそうにない=国債が暴落しにくいメカニズム

財政は当面、破綻しそうにない=国債が暴落しにくいメカニズム

…国債発行の累増を受けて「財政は破綻する」「ハイパーインフレが来る」などの論調が根強い。深刻な財政赤字には国民の関心も高く、週刊誌も周期的に破綻論を取り…

2016年10月21日(金) 17時0分-経済総合(窪園博俊)

難民受け入れは義務かー岐路に立たされるEU

難民受け入れは義務かー岐路に立たされるEU

…く、EU共同体全体の利益を重視しなければならない。 例えば、戦争とハイパーインフレというドイツの歴史的な背景はあるものの、現実的な難民受け入れ体制の構…

2016年10月4日(火) 8時9分-国際総合(室橋祐貴)

まだ間に合う?「ヘリマネ」から資産を守る海外口座開設法

まだ間に合う?「ヘリマネ」から資産を守る海外口座開設法

…けば、ハイパーインフレなどになっても、定期的な収入が入ってくるために資産価値が大きく下落しない、と言われてきた。太平洋戦争直後のハイパーインフレでは、…

2016年7月27日(水) 8時0分-経済総合(岩崎博充)

日本では何故、永久国債は発行できないのか

日本では何故、永久国債は発行できないのか

…日銀による国債の直接引き受けは、高橋財政による日銀の国債引き受けが結果として戦後のハイパーインフレの大きな要因とされたことで戦後に制定された財政法の五条で「すべて、公…

2016年7月22日(金) 9時58分-経済総合(久保田博幸)

「日本では何故、永久債は発行できないのか」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2016年7月21日有料

「日本では何故、永久債は発行できないのか」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2016年7月21日

…かつて英国では、国債はこの償還期限のないコンソル債が主体であった時期があったぐらいにそれほど特殊な債券ではない。ただし、この永久債を日本で発行しようとするとひとつの壁が存在しているのである。

2016年7月21日(木) 10時53分-経済総合(久保田博幸)