改刷の雑感&反社会的融資etc=マクロ政策の立ち位置とMMT有料

改刷の雑感&反社会的融資etc=マクロ政策の立ち位置とMMT

MMTが批判の集中砲火を浴びている。経済学者や当局者らはこぞって袋叩きにしており、賛成論はほとんど見当たらない。だが、現在のリフレ政策も非力であり、デフレ脱却には力不足。MMTの効用を考えてみた。

2019年4月15日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

リフレ派は議論に勝たずも政策は実現した 米国の主流派経済学者への助言有料

リフレ派は議論に勝たずも政策は実現した 米国の主流派経済学者への助言

…<2019年4月6日号> 財政赤字の積極的な拡大を推奨する「現代金融理論」(MMT、Modern Monetary Theory)をめぐり、米国では経済学者たちがメディアを巻き込み、論争を展開している…

2019年3月29日(金) 18時0分-経済総合(週刊東洋経済)

日銀決定会合は…&案の定、MMTを否定etc=日銀の信認とMMTの位置付け有料

日銀決定会合は…&案の定、MMTを否定etc=日銀の信認とMMTの位置付け

米民主党の新星、オカシオコルテス議員が唱える「現代金融理論(MMT)」が黒田日銀総裁会見でも話題に。案の定、財政健全主義の黒田総裁は否定的だったが、むしろMMTが必要かもしれないことを考察したい。

2019年3月18日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に変更する理由

仮想通貨の呼び名を「暗号資産」に変更する理由

…。しかし、それはあくまで使う人達の相互の信認があっての利用となる。ハイパーインフレが起きているベネズエラなどでは自国通貨への信認が失墜し、それよりは仮…

2019年3月16日(土) 10時8分-経済総合(久保田博幸)

「仮想通貨の呼び名を暗号資産に変更する理由」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年3月15日有料

「仮想通貨の呼び名を暗号資産に変更する理由」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年3月15日

…これまで仮想通貨と呼ばれていたものは、G20をはじめ国際会議で「暗号資産(crypto-assets)」という表現が主流になりつつあり、日本もそれに合わせて呼び方を変えることになる。

2019年3月15日(金) 10時40分-経済総合(久保田博幸)

米雇用統計の評価&さて日銀決定会合は…etc=財政の『ワニ口』とマクロ政策有料

米雇用統計の評価&さて日銀決定会合は…etc=財政の『ワニ口』とマクロ政策

デフレ脱却を目指す安倍政権だが、金融緩和が空振りに終わり、本来は財政を拡張すべき。ところが、消費税を再び引き上げる構えだ。なぜ増税するのか。やはり「ワニの口」が象徴する財政悪化を懸念するのだ。

2019年3月11日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

「“第2の世界金融危機”はすでに始まっている」投資家ジム・ロジャーズ氏の警告 米債務過去最大に!

「“第2の世界金融危機”はすでに始まっている」投資家ジム・ロジャーズ氏の警告 米債務過去最大に!

…ません」  肉を買うのに大量の紙幣を積み上げなければならないほどのハイパー・インフレに襲われているベネズエラの状況は極めて深刻だ。2019年の同国のイ…

2019年2月14日(木) 11時46分-国際総合(飯塚真紀子)

統計問題の雑感&仏伊の亀裂etc=正しい統計も『豚に真珠』!?有料

統計問題の雑感&仏伊の亀裂etc=正しい統計も『豚に真珠』!?

厚生労働省による「毎月勤労統計」の不正問題が国会の争点となっている。野党は不正の背後に政治圧力の存在を疑うが、果たしてそうか。国会討議の雑感をまとめた。また、解説として、統計問題の本質も考えてみた。

2019年2月11日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

挙動不審?な日銀&FSRの補足etc=バブル生成は『痛恨の極み』だったのか有料

挙動不審?な日銀&FSRの補足etc=バブル生成は『痛恨の極み』だったのか

バブルは、崩壊後の長期低迷を考慮すると、避けるべき経済状況なのは言うまでもない。ただし、「好況の極み」を阻止するのは難しい。白川方明前日銀総裁の著作を踏まえてバブル予防の困難さを考察したい。

2018年11月12日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)

米株急落の考察&二つの出口etc=為替は米国のお気に召すままに有料

米株急落の考察&二つの出口etc=為替は米国のお気に召すままに

米政府が日本との通商交渉で、通貨安誘導を阻止するための「為替条項」を盛り込む構えにある。ドルを安くして貿易を有利にしたいわけだ。保護主義のトランプ政権なら、為替に着目するのは必然。今後を占ってみた。

2018年10月15日(月) 6時0分-経済総合(窪園博俊)