2017年・このK-POPがおもしろかった![ガールズ編:2]──エイリー、Red Velvetなど

2017年・このK-POPがおもしろかった![ガールズ編:2]──エイリー、Red Velvetなど

この「Circle's Dream」は、スローテンポの非常に簡素な曲です。サビの部分も、打楽器に合わせて「ダンララリリララ、ダンララリリララ~」と繰り返…

2018年1月30日(火) 5時0分-エンタメ総合(松谷創一郎)

2017年・このK-POPがおもしろかった![ガールズ編:1]──ヒョナ、Oohyo、イ・ヒョリなど

2017年・このK-POPがおもしろかった![ガールズ編:1]──ヒョナ、Oohyo、イ・ヒョリなど

…この2作目のシングル「Rainbow」は、ありがちなポップスかと思いきやサビの部分がヴォーカル・チョップ。大した工夫じゃないのですが、そこだけでアガり…

2018年1月29日(月) 5時0分-エンタメ総合(松谷創一郎)

岸谷香 “五十にして惑わず” 今、再びプリンセス プリンセス以来のガールズバンドをやる理由

岸谷香 “五十にして惑わず” 今、再びプリンセス プリンセス以来のガールズバンドをやる理由

…。エレクトロサウンドと、セッション感が強いガレージロック的なサウンドに、サビは思い切り岸谷節が炸裂し、メロディアスだ。ライヴをイメージして作ったであろ…

2018年1月28日(日) 13時0分-音楽(田中久勝)

シンセカイセンが約4年を経てたどりついた「まだ見ぬ世界」~ファーストワンマンライヴレポート

シンセカイセンが約4年を経てたどりついた「まだ見ぬ世界」~ファーストワンマンライヴレポート

…り、ファンのシンガロングも起きる楽曲。MCを挟んでの「あれ あれ?」は、サビのメロディーもダンスもチャーミングなダンス・ナンバーだ。 シンガロングによ…

2018年1月22日(月) 0時1分-音楽(宗像明将)

トランプ大統領の暴露本は、トランプ政権への“爆弾”となるのか?

トランプ大統領の暴露本は、トランプ政権への“爆弾”となるのか?

また、トランプ側は、同著は嘘だらけだと批判しているが、実は“身から出たサビ”のようである。確かに、著者のウォルフ氏は、話を誇張することで知られ、メデ…

2018年1月9日(火) 7時29分-国際総合(飯塚真紀子)

「寝たまま読書」も正月ならでは。今年出版された、エンタメ系ノンフィクションの「おススメ本」は!?

「寝たまま読書」も正月ならでは。今年出版された、エンタメ系ノンフィクションの「おススメ本」は!?

…くのが特色です。 薬師丸ひろ子『Woman“Wの悲劇"より』のサビのメロディを「名曲性の根源」と呼び、この年の「音楽シーンにおける金字塔」だ…

2017年12月31日(日) 15時33分-エンタメ総合(碓井広義)

“クラッシャー”・コバレフが圧倒的なKOで再起 “アンドレ・ウォード後”のライトヘビー級戦線を占う

“クラッシャー”・コバレフが圧倒的なKOで再起 “アンドレ・ウォード後”のライトヘビー級戦線を占う

…に連敗を喫したライトヘビー級の元統一王者が、約5ヶ月ぶりにリングに帰還。サビつきが心配されたが、シャブランスキーから3度のダウンを奪っての圧倒的なKO…

2017年11月27日(月) 11時32分-格闘技(杉浦大介)

海外で露呈した自国民のマナー不足…韓国人が自らを「恥ずかしい」と猛省している行動とは?

海外で露呈した自国民のマナー不足…韓国人が自らを「恥ずかしい」と猛省している行動とは?

…特に フィリピンで韓国人の殺人事件が増加 しているが、それを“身から出たサビ”と指摘する韓国メディアも少なくない。 他にも「電車に乗るときなどに順番を守らないこと」(5…

2017年11月19日(日) 9時8分-国際総合(慎武宏)

ワールドシリーズ第6戦で『アイ・ラブ・LA』は再びスタジアムに響き渡るか?

ワールドシリーズ第6戦で『アイ・ラブ・LA』は再びスタジアムに響き渡るか?

…ズを下すと、試合終了後にはこの曲が鳴り響いた。スタンドを埋めた大観衆が、サビの「I love LA!」に続いて「We love it!!」と声を張り上…

2017年10月31日(火) 16時30分-野球(菊田康彦)

時空を超えた「オジャパメン」──K-POP歌手・IUが見せたポップカルチャーの将来像

時空を超えた「オジャパメン」──K-POP歌手・IUが見せたポップカルチャーの将来像

…車が応援ソングに採用している。「カッセカッセ○○」と合いの手が入れられ、サビの部分は「打つぞ、ホームラン~」という歌詞になっている。アマチュア野球の応…

2017年10月30日(月) 21時10分-エンタメ総合(松谷創一郎)