セルフプロデュースのガールズユニットkolmeの新たな音楽への試み

セルフプロデュースのガールズユニットkolmeの新たな音楽への試み

…意識しました。 ――サビのリピートの間に入る、英語詞のたたみ込むコーラスが、サビ以上に耳を引きます。 RUUNA   ダンスがサビ、という感じですね。

2019年6月16日(日) 13時55分-音楽(斉藤貴志)

要注目バンドFOMARE「派手なことをやりたい訳ではなく、純粋に、ライヴを重ねてカッコよくなりたい」

要注目バンドFOMARE「派手なことをやりたい訳ではなく、純粋に、ライヴを重ねてカッコよくなりたい」

…バンドって、A・B・サビっていう流れの音楽が多いじゃないですか。でも俺たちはなにはなくとも、とにかくサビ。サビ頭の曲も多いし、サビのメロディをより活か…

2019年6月12日(水) 17時36分-音楽(田中久勝)

平成を小室哲哉作品で振り返る ~「EZ DO DANCE」、「Feel Like dance」など

平成を小室哲哉作品で振り返る ~「EZ DO DANCE」、「Feel Like dance」など

…らのはじまり、切なさでいっぱいのAメロ、畳み掛ける日高光啓によるラップ。サビでの解放感でいっぱいのインパクト強い攻めまくりの、狙いに狙った快楽ポイント…

2019年6月7日(金) 6時11分-音楽(ふくりゅう)

ラッパーのマチーデフさんに聞く、日本語ラップの平成史

ラッパーのマチーデフさんに聞く、日本語ラップの平成史

…Techの『My Way』を聴いてみましょう。 ▼オフィシャルMVより サビで、「そばにいないから」と歌っていますが、そばに(い)ないから、と「い」を…

2019年6月4日(火) 15時0分-エンタメ総合(梅田カズヒコ)

いきものがかり “集牧”後、8年ぶりのFCツアーで感謝と決意を伝える 「また3人で生きていく」

いきものがかり   “集牧”後、8年ぶりのFCツアーで感謝と決意を伝える 「また3人で生きていく」

…集牧”後初のリリースタイトルとして配信されたロックチューンだ。シンプルなサビのリフレインが、高揚感を作りあげる。3人がそこにいる“安心感”。3人が作る…

2019年5月29日(水) 17時31分-音楽(田中久勝)

【K-POP論】らしさ満載! ソウルで見たLOVELYZ新曲「Beautiful Days」の奥深さ

【K-POP論】らしさ満載! ソウルで見たLOVELYZ新曲「Beautiful Days」の奥深さ

…その後、作曲家の得意分野であるシンセサイザーの音なしにサビ部分が歌われる。 さらに2回繰り返されるサビ部分では、ベイビーソウルの高音のコーラスが入り、より…

2019年5月22日(水) 14時15分-アジア・韓流(吉崎エイジーニョ)

平成を小室哲哉作品で振り返る ~ 「survival dAnce」「DEPARTURES」など

平成を小室哲哉作品で振り返る ~ 「survival dAnce」「DEPARTURES」など

…収録ソロ・アルバム『DEBF3』は英語詞中心だったが、本作は日本語ラップがメイン。サビでの優しさ溢れるシンセポップなパートと、“Generation”を問うZe…

2019年4月17日(水) 6時0分-音楽(ふくりゅう)

リズムの“新たな波”を予感させるクリヤ・マコト“リズマトリックス”@目黒ブルース・アレイ・ジャパン

リズムの“新たな波”を予感させるクリヤ・マコト“リズマトリックス”@目黒ブルース・アレイ・ジャパン

…ミストラーダ」だ。7拍子の、ちょっとノリにくい前半をじっくり聴いてから、サビの2拍子サンバで解き放されるというこの曲のナマ演奏を浴びて、ジッとしていろ…

2019年4月10日(水) 15時37分-音楽(富澤えいち)

【K-POP論インタビュー】4月上旬に来日。チョンハの最新曲作曲家はスゴいヒットメーカーだった(2)

【K-POP論インタビュー】4月上旬に来日。チョンハの最新曲作曲家はスゴいヒットメーカーだった(2)

…とを。この曲はドライブしながら聞くとすごく気持ちいいですよね。 この曲のサビの部分には乱高下のイメージを入れた音が入っています。ローラーコースターに乗…

2019年3月25日(月) 16時45分-アジア・韓流(吉崎エイジーニョ)

【K-POP論インタビュー】4月上旬に来日。チョンハの最新曲作曲家はスゴいヒットメーカーだった(1)

【K-POP論インタビュー】4月上旬に来日。チョンハの最新曲作曲家はスゴいヒットメーカーだった(1)

…そうそう。そうなんですよ。デビュー曲の「Why don't you know」ではサビ部分では、完全な片思いから「サランイ アニラゴ マルルハネヨ(愛じゃないっ…

2019年3月24日(日) 9時20分-アジア・韓流(吉崎エイジーニョ)