歴史は繰り返すのか 揺れが続く静岡・愛知・和歌山の“次”

歴史は繰り返すのか 揺れが続く静岡・愛知・和歌山の“次”

…「昨年11月ごろから、静岡県の天竜川の東側で地震が何度かみられました。浜岡原発のある御前崎との中間付近です。さらに4月9日には島根県大田市の地震(M6…

4月19日(木) 9時26分-ライフ総合(日刊ゲンダイDIGITAL)

<浜岡原発>緊急時の手順、チェック表など導入で備え厚く

浜岡原発>緊急時の手順、チェック表など導入で備え厚く

…まえているのか。3~5号機の再稼働を目指す中部電力浜岡原発(御前崎市)を訪ねた。 3月上旬、浜岡原発で緊急事態対策訓練があった。「ピー、ピー」。原発敷…

4月12日(木) 20時8分-社会(毎日新聞)

「ねむの木学園」50年 障害児の芸術作品、世界も魅了

「ねむの木学園」50年 障害児の芸術作品、世界も魅了

…現在の掛川市の山あいに移転。理由について宮城さんは最近、「近くにあった浜岡原発が怖かったから」と明かした。移転後は、パートナーだった作家の吉行淳之介さ…

4月7日(土) 22時17分-社会(朝日新聞デジタル)

(平成経済)第3部・原発支配の底流:3 「原発は安い」、崩れた神話

(平成経済)第3部・原発支配の底流:3 「原発は安い」、崩れた神話有料

「原発は安い」という「コスト神話」。2011年3月の東京電力福島第一原発事故とその後一気に加速した電力自由化が、神話を崩しつつある。自由化によって値下げ競争が激化するなか、安全対策費がかさむ原発の「…

4月1日(日) 7時30分-経済総合(朝日新聞デジタル)

(時時刻刻)立地外の原発同意、条件 原電、「地域特性」を強調 東海第二、新協定

(時時刻刻)立地外の原発同意、条件 原電、「地域特性」を強調 東海第二、新協定有料

日本原子力発電東海第二原発をめぐって29日に締結された新しい協定で、再稼働や延長運転には立地自治体だけではなく、周辺自治体の同意も必要になった。全国初の試みに、権限の拡大を求めてきた各地の原発周辺自…

3月30日(金) 7時30分-社会(朝日新聞デジタル)

原発事故7年 愛犬の「桃」は、ふるさと・浪江に帰りたがった

原発事故7年 愛犬の「桃」は、ふるさと・浪江に帰りたがった

…開した塾の壁には1枚の紙が貼ってある。表題は「浜岡原発から東部地域への風の到達時間」。中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)から静岡県東部に風が到達するま…

3月25日(日) 14時30分-ライフ総合(sippo)

エネルギー小国日本の選択(16) ── 原発推進を求める産業界

エネルギー小国日本の選択(16) ── 原発推進を求める産業界

…た。 2011年以降、菅直人首相(当時)の要請に基づき止まった中部電力浜岡原発のほか、東日本大震災と津波による浸水被害などで自動停止した原発もあった。

2017年12月7日(木) 16時59分-経済総合(THE PAGE)

エネルギー小国日本の選択(15) ──迫られるエネルギー政策の抜本見直し

エネルギー小国日本の選択(15) ──迫られるエネルギー政策の抜本見直し有料

東京電力福島第1原発事故で原子力反対の声が強まる中、国と企業は必然的に変容を迫られた。時の民主党政権は急速に脱原発に舵を切り、稼働する原発をなくす方針を2012年秋に明確に打ち出した。しかし年末の衆…

2017年11月30日(木) 16時0分-経済総合(THE PAGE)

エネルギー小国日本の選択(15) ──迫られるエネルギー政策の抜本見直し

エネルギー小国日本の選択(15) ──迫られるエネルギー政策の抜本見直し有料

東京電力福島第1原発事故で原子力反対の声が強まる中、国と企業は必然的に変容を迫られた。時の民主党政権は急速に脱原発に舵を切り、稼働する原発をなくす方針を2012年秋に明確に打ち出した。しかし年末の衆…

2017年11月30日(木) 16時0分-経済総合(THE PAGE)

40年原発の廃炉が次々に決定、日本の原発の運転年数はどうなっている?

40年原発の廃炉が次々に決定、日本の原発の運転年数はどうなっている?

…京電力の福島第一原発(福島県)、日本原電の東海原発(茨城県)、中部電力浜岡原発1、2号機(静岡県)について、プロセスが進んでいます。

2015年3月17日(火) 12時56分-経済総合(THE PAGE)