サッカーと怒り。メッシとイ・ガンインの違い

サッカーと怒り。メッシとイ・ガンインの違い

…『監督がメッシを怒らせるから、こんなことに』と言われたよ」  モレーノ監督の述懐であるが、後の祭りだ。 メッシも堪忍袋の緒が切れる  メッシはワンプレ…

7月3日(金) 12時0分-サッカー(小宮良之)

バルサがリーガの「優勝戦線」から脱落?グアルディオラの「痕跡」と原点回帰の失敗

バルサがリーガの「優勝戦線」から脱落?グアルディオラの「痕跡」と原点回帰の失敗

…素晴らしい選手たち...。世代が合致した。そして、我々には世界一の選手(メッシ)がいた。私は監督としての適齢期にあり、世界を席巻できると思っていた」 …

7月3日(金) 11時21分-サッカー(森田泰史)

久保建英。右足を鍛え「両利き」のアタッカーを目指せ有料

久保建英。右足を鍛え「両利き」のアタッカーを目指せ

…日本サッカー界にとって、ここ最近で一番、喜ばしいニュースは、レアル・マドリード戦で魅せた久保建英(マジョルカ)のプレーだろう。6月24日。ソン・モッシュで行われたこの一戦。

7月1日(水) 1時41分-サッカー(杉山茂樹)

バルサの若き「王様」リキ・プッチの大きな挑戦。ポエムのようなボールタッチを武器に。

バルサの若き「王様」リキ・プッチの大きな挑戦。ポエムのようなボールタッチを武器に。

…力の高齢化が叫ばれて久しい。だが新陳代謝が促進されないまま、長きにわたりメッシに頼るチーム作りが行われてきた。 そんな中、今季、カンテラーノが頭角を現…

6月27日(土) 11時23分-サッカー(森田泰史)

マフレズに見る、マンチェスター・シティにおけるパスと突破の効果性有料

マフレズに見る、マンチェスター・シティにおけるパスと突破の効果性

…「グアルディオラとの会話や彼のミーティングを常に歓迎している」とは、マンチェスター・シティのマフレズの言葉だ。

6月26日(金) 11時21分-サッカー(森田泰史)

バルサに必要な「詐欺師」の存在。グアルディオラ時代のダニ・アウベスと埋まらない穴。

バルサに必要な「詐欺師」の存在。グアルディオラ時代のダニ・アウベスと埋まらない穴。

…、D・アウベスは「完璧な詐欺師」だ、ということだ。 バルセロナ時代、彼がメッシにパスを送るまでに、どれだけ細かいフェイクを入れていたか分からない。そう…

6月12日(金) 11時21分-サッカー(森田泰史)

メッシを世に送り出した「自由なる」名将。煙草の香り

メッシを世に送り出した「自由なる」名将。煙草の香り

ライカールトは選手を枠にはめず、その個性を引き出した。慧眼があったのだろう。メッシ、ロナウジーニョを共存させ、才能をスパークさせたのだ。 「これからは、フ…

6月7日(日) 12時0分-サッカー(小宮良之)

ラウタロはメッシの「新たな相棒」になれるのか?バルサで課せられる困難な使命。

ラウタロはメッシの「新たな相棒」になれるのか?バルサで課せられる困難な使命。

…対して、バルセロナはあと数年メッシを中心にチーム作りを進めるだろう。そこで選ばれたのがラウタロだ。そしてラウタロはメッシの最高のパートナーであるルイス…

6月5日(金) 7時30分-サッカー(森田泰史)

打倒不可能の域に達したバルセロナとリヴァプール。打ち砕かれたボールとスペースの概念。有料

打倒不可能の域に達したバルセロナとリヴァプール。打ち砕かれたボールとスペースの概念。

…グアルディオラのバルセロナが、欧州を席巻していた頃、世界中のチームがその真似をしようとした。だが、誰もその高みには近づけなかった。

6月1日(月) 6時30分-サッカー(森田泰史)

リーガ、再開に向けた動きが本格化。フットボールの「新たな日常」へ。

リーガ、再開に向けた動きが本格化。フットボールの「新たな日常」へ。

…スペインに、フットボールが戻ってくる。 リーガエスパニョーラが再開に向けて本格的に動き始めた。スペインのペドロ・サンチェス首相は5月23日に「スポーツ評議会(CSD)の保証があり、6月8日以降のプロサ…

5月26日(火) 7時0分-サッカー(森田泰史)