コロナ後の世界はどう変わるのでしょうか? 佐藤優の回答は…

コロナ後の世界はどう変わるのでしょうか? 佐藤優の回答は…

…えていることは間違いありません。 去年12月、中国の武漢でウイルス性の新型肺炎が発生したときに、それがパンデミックになると予想した専門家はほとんどいま…

6月1日(月) 6時51分-社会(週刊SPA!)

韓国で巨大クラスターが続々発生 「文在寅が威張るたびに感染爆発」と顔をしかめる人も…

韓国で巨大クラスターが続々発生 「文在寅が威張るたびに感染爆発」と顔をしかめる人も…

韓国の首都圏で新型肺炎の集団感染が発生した。極めて大型のクラスター(感染者の集団)で、それも複数だ。韓国観察者の鈴置高史氏が背景を読む。「軽症」だっ…

5月29日(金) 15時0分-韓国・北朝鮮(デイリー新潮)

日本人が知らない真っ赤な過去…岡田晴恵に近すぎる元感染研・田代眞人という男

日本人が知らない真っ赤な過去…岡田晴恵に近すぎる元感染研・田代眞人という男

…に関して、2002年11月から中国広東省を中心に流行していた原因不明の新型肺炎について、当初中国は流行の事実を隠蔽(いんぺい)したと指摘。 WHO専門…

5月29日(金) 9時15分-政治(プレジデントオンライン)

武漢で再び感染拡大の危機 1100万の市民にPCR検査実施へ

武漢で再び感染拡大の危機 1100万の市民にPCR検査実施へ

…救急車で病院に搬送されたが重篤な状態だった。病院で検査を受けたところ、新型肺炎の症状を呈していた。市内では、その日のうちに新たに5人が新型コロナウイル…

5月27日(水) 7時5分-中国・台湾(NEWS ポストセブン)

コロナ軽視の大統領が招くブラジル危機、経済低迷にレアル安と懸念山積

コロナ軽視の大統領が招くブラジル危機、経済低迷にレアル安と懸念山積

…することが予想される。 ブラジルでは2月末にイタリアから帰国した男性が新型肺炎に感染していることが確認されたものの、しばらくは比較的落ち着いた展開が続…

5月27日(水) 6時1分-国際総合(ダイヤモンド・オンライン)

峯村健司/《米中コロナ戦争》CIAと武漢病毒研究所の暗闘〈習近平はなぜ絶体絶命のピンチを切り抜けたか〉――文藝春秋特選記事【全文公開】有料

峯村健司/《米中コロナ戦争》CIAと武漢病毒研究所の暗闘〈習近平はなぜ絶体絶命のピンチを切り抜けたか〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

新型コロナウイルスを巡り、米国大統領、ドナルド・トランプの中国批判が止まらない。「中国国内で食い止められた可能性もあったが、実際はそうならなかった。ミスにより収拾がつかなくなってしまったのか、意図的…

5月27日(水) 6時0分-国際総合(文春オンライン)

中国ベッタリのWHO「テドロス事務局長」は「ブルントラント元事務局長」を見習え

中国ベッタリのWHO「テドロス事務局長」は「ブルントラント元事務局長」を見習え

…3年4月にジュネーブを訪れて会談を行った。毎日新聞が29日に掲載した「新型肺炎 WHO事務局長、国際協力訴える--坂口厚労相と会談」は全文をご紹介する…

5月26日(火) 5時58分-中国・台湾(デイリー新潮)

人類の敵・中国を大躍進させたメルケル首相「16年間の独裁」 

人類の敵・中国を大躍進させたメルケル首相「16年間の独裁」 

…がお気に入りの人物の1人のようで、ことあるごとに持ち上げる。 例えば、新型肺炎が欧州で爆発的に流行しはじめた3月18日に行われたテレビ演説は絶賛され、…

5月25日(月) 6時31分-ヨーロッパ(現代ビジネス)

コロナ対策に成功しているのに「失敗した」と思い込む不思議な日本人

コロナ対策に成功しているのに「失敗した」と思い込む不思議な日本人

…本が事例として挙がるほどです。 それだけ高齢者が多いのにもかかわらず、新型肺炎の死者が桁違いに少なく、さらに経済もかつてのように上向きではないのにもか…

5月25日(月) 6時31分-国際総合(現代ビジネス)

「ポスト・コロナ」を生きるための現代思想――「ガイア」とは何か?

「ポスト・コロナ」を生きるための現代思想――「ガイア」とは何か?

このように、コロナウイルスは旧来の地政学を復活させた。そして同時に、新型肺炎への対処のための医療品などが国境を越えて提供されるなど、コロナウイルスは…

5月24日(日) 17時1分-ライフ総合(現代ビジネス)