国内で進む成熟前傾現象 月経の理解を広げるきっかけに〈dot.〉

国内で進む成熟前傾現象 月経の理解を広げるきっかけに〈dot.〉

…見手帖」。今回は「月経に対する理解の重要性」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 先月末、滋…

7月17日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

池江選手の白血病公表で増えたドナー登録  一方で提供を断る例が多い現実〈週刊朝日〉

池江選手の白血病公表で増えたドナー登録  一方で提供を断る例が多い現実〈週刊朝日〉

…医科学研究所特任教授で、血液腫瘍(しゅよう)内科医の上昌広さん(医療ガバナンス研究所理事長)は言う。「骨髄移植では、健康な人に針を刺す。安全な医療行為…

7月12日(金) 10時30分-ヘルス(AERA dot.)

ピルを出したがらない産婦人科医の屁理屈

ピルを出したがらない産婦人科医の屁理屈

…ことを切に願う。----------山本 佳奈(やまもと・かな)医療ガバナンス研究所/内科医・研究員1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀…

7月12日(金) 9時15分-ライフ総合(プレジデントオンライン)

堀ちえみ、松本伊代と早見優に「みんなでコンサートを…」

堀ちえみ、松本伊代と早見優に「みんなでコンサートを…」

…移植するという約11時間にも及ぶものだった。今の堀の舌の状態を、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんはこう解説する。「もともとあった舌と移植…

7月11日(木) 16時0分-エンタメ総合(NEWS ポストセブン)

「鉄不足大国ニッポン」の「貧血対策」の貧困ぶり

…般化できるかはわからない。 今年2月、筆者が主宰するNPO法人「医療ガバナンス研究所」は、筑波大学剣道部の鍋山隆弘准教授と共同で、同大学の剣道部の部員…

7月9日(火) 6時0分-社会(新潮社 フォーサイト)

中高生の喫煙率が上昇 米・サンフランシスコ市が電子たばこの販売を禁止に〈dot.〉

中高生の喫煙率が上昇 米・サンフランシスコ市が電子たばこの販売を禁止に〈dot.〉

…手帖」。今回は「新型たばこで広がる喫煙対策」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 6月25日…

7月3日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

医者の数は「田舎に少なく」「都会に多い」のウソ

医者の数は「田舎に少なく」「都会に多い」のウソ

…る人も多いのではないか、と思われるでしょう。そこで、私も所属する医療ガバナンス研究所では、研究当時医学生だった岡田直己氏らとともに、日本で医者が医学部…

7月2日(火) 5時40分-経済総合(東洋経済オンライン)

がん保険の特約よりも心強い、大切な「かかりつけ医」の存在

がん保険の特約よりも心強い、大切な「かかりつけ医」の存在

…性をつくっておいた方がいいと言うのは元国立がん研究センター勤務で医療ガバナンス研究所所長の医師、上昌広さん。「医師といい関係になっておくことは保険に入…

6月23日(日) 16時0分-社会(NEWS ポストセブン)

がんの名医ががん保険に入らない理由 自費治療は必要ない?

がんの名医ががん保険に入らない理由 自費治療は必要ない?

…がん保険に入らないという医師もいる。元国立がん研究センター勤務で医療ガバナンス研究所所長の医師、上昌広さんは「いわゆる“がん家系”ではないため、がん保…

6月21日(金) 16時0分-社会(NEWS ポストセブン)

国の抗体検査対策は非効率的?麻疹と風疹、勢い衰えず〈dot.〉

国の抗体検査対策は非効率的?麻疹と風疹、勢い衰えず〈dot.〉

…け医見手帖」。今回は「麻疹と風疹の予防接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 今年の4月…

6月19日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)