胸部レントゲン検査 肺がんの見落としが発生する理由

胸部レントゲン検査 肺がんの見落としが発生する理由

…ルが低かった、という問題ではありません」と指摘するのはNPO法人医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師だ。「もともと胸部エックス線は結核を調べるために…

1月21日(火) 7時0分-ライフ総合(NEWS ポストセブン)

「兵糧蔵」とは 福島相馬市リポート その1

「兵糧蔵」とは 福島相馬市リポート その1

…加するためだ。かねてよりインターンシップに参加していたNPO法人医療ガバナンス研究所の上昌広先生のご紹介にて、相馬市長の立谷秀清先生より行政・医療の現…

1月20日(月) 20時27分-社会(Japan In-depth)

健康診断の数字 実際には健康状態を明確に線引きできない

健康診断の数字 実際には健康状態を明確に線引きできない

…、健診結果を数値で示されると、そのまま受け入れてしまいがちだ。 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師は警鐘を鳴らす。「数値の検査結果は、基準値を超え…

1月20日(月) 7時0分-ライフ総合(NEWS ポストセブン)

抗インフル薬「健康な人は不要」…1日でも早く治したい現代人の選択は?〈AERA〉

抗インフル薬「健康な人は不要」…1日でも早く治したい現代人の選択は?〈AERA〉

…していたというデータもある。「価値観の問題が大きい」と言うのは、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師(51)だ。1度の服用で済むゾフルーザには使い勝…

1月18日(土) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

海外でまさかの急激な胃痛と下痢!医師の私もかかってしまった「旅行者下痢症」の予防策とは?〈dot.〉

海外でまさかの急激な胃痛と下痢!医師の私もかかってしまった「旅行者下痢症」の予防策とは?〈dot.〉

…。今回は、女性に症状が目立つ「旅行者下痢症」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 東京出入国…

1月15日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

「池江璃花子選手」退院も… なべおさみとの関係継続に懸念

「池江璃花子選手」退院も… なべおさみとの関係継続に懸念

…ため退院することができました〉 血液・腫瘍内科を専門とする医師で医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が解説する。「幹細胞移植は、何年もダラダラと抗がん…

1月9日(木) 5時56分-エンタメ総合(デイリー新潮)

「団塊の世代」後期高齢化で変わる「終末期」の迎え方

…れないということだ。■親を看取るが子どもに頼らず 私が主宰する「医療ガバナンス研究所」には、樋口朝霞さんという研究員がいる。北海道大学を卒業した看護師…

1月8日(水) 6時0分-社会(新潮社 フォーサイト)

STAP騒動「小保方晴子」さんの現在 菓子店勤務、都内でおくる同棲生活

STAP騒動「小保方晴子」さんの現在 菓子店勤務、都内でおくる同棲生活

…をしない限り、“元”博士として“公人”であり続けることになる。 医療ガバナンス研究所の上昌広理事長が言う。「小保方さんはいまだに、STAP細胞がなかっ…

1月8日(水) 5時59分-社会(デイリー新潮)

まもなく花粉飛散開始!つらい花粉症を劇的におさえるアレルゲン免疫療法とは?〈dot.〉

まもなく花粉飛散開始!つらい花粉症を劇的におさえるアレルゲン免疫療法とは?〈dot.〉

…手帖」。今回は「そろそろ気になる花粉症対策」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*   *  * 明けまし…

1月1日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

「奴隷にならない」人生を決定づける大学生活の送り方   

「奴隷にならない」人生を決定づける大学生活の送り方   

…9月末、以前このコラムで書いた岩松遼君が、医療ガバナンス研究所で半年間のインターンを終えた。岩松君は浜松医科大学の1年生。運悪く留年し、1年生を繰り返…

2019年12月9日(月) 10時0分-経済総合(Forbes JAPAN)