池江璃花子選手に取り憑いた怪人・なべおさみ 「吉本で復帰」の陰に安倍首相人脈

池江璃花子選手に取り憑いた怪人・なべおさみ 「吉本で復帰」の陰に安倍首相人脈

…いると思います」 そう話すのは、血液・腫瘍内科を専門とする医師で医療ガバナンス研究所理事長の上(かみ)昌広氏である。「彼女は現在、いわゆる地固め療法の…

9月22日(日) 8時1分-エンタメ総合(デイリー新潮)

診察を「録音」医師が戸惑う意外な理由 患者が伝えるべきセリフとは〈AERA〉

診察を「録音」医師が戸惑う意外な理由 患者が伝えるべきセリフとは〈AERA〉

…と苦言を呈する意見が多かった。 だが、血液・腫瘍内科学が専門で、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師は、「多くの患者が民間療法に走るのは、致し方ない…

9月19日(木) 11時30分-ヘルス(AERA dot.)

「インフル」沖縄で猛威 湿度管理やN95マスクも効果なし? 〈dot.〉

「インフル」沖縄で猛威 湿度管理やN95マスクも効果なし? 〈dot.〉

…け医見手帖」。今回は「インフルエンザの備え」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*  *  * 9月に入っ…

9月11日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

「手かざし」に頼る池江璃花子に「治療の遅れ」心配する声

「手かざし」に頼る池江璃花子に「治療の遅れ」心配する声

…のが一番。》 先の記事では、血液・腫瘍内科学を専門とする医師で、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんは、手かざし療法の効果について「ない」と断言。次…

9月10日(火) 16時0分-エンタメ総合(NEWS ポストセブン)

医師が目指すべき「自立」した「プロフェッショナル」

…  夏休みが終わった。毎年、夏休みには私が理事長を務める「医療ガバナンス研究所」に大勢の若者がインターンにやってくる。その中には高校生もいる。多くは医…

9月9日(月) 6時0分-社会(新潮社 フォーサイト)

がん検診、放射線医や病理医不在の施設は見落としリスクも

がん検診、放射線医や病理医不在の施設は見落としリスクも

…ることが欠かせません」 賢いがん検診の受け方を指南してくれたのが医療ガバナンス研究所の理事長で医師の上昌広さんだ。「がん検診こそ、どこで受けるかが何よ…

9月7日(土) 16時0分-社会(NEWS ポストセブン)

池江璃花子が「手かざし療法」経験、どんな効果があるのか

池江璃花子が「手かざし療法」経験、どんな効果があるのか

…療法です」(医療ライター) 血液・腫瘍内科学を専門とする医師で、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんが指摘する。「特に重病で治療がうまくいっていない…

9月7日(土) 16時0分-スポーツ総合(NEWS ポストセブン)

がん治療病院の選び方 大都市と地方、どちらがいいのか

がん治療病院の選び方 大都市と地方、どちらがいいのか

…師が集まるといえます」 では、地方在住の人はどうすればいいのか。医療ガバナンス研究所の理事長で医師の上昌広さんはこう話す。「定期的に通院が必要になる進…

9月6日(金) 11時0分-社会(NEWS ポストセブン)

女性のがんに強い病院ランキング 「患者数」のデータも重要

女性のがんに強い病院ランキング 「患者数」のデータも重要

…ているが、それでも「病院選びで、その後が大きく変わる」と言うのは医療ガバナンス研究所の理事長で医師の上昌広さん。「患者やその家族にとっては、どの病院で…

9月6日(金) 7時0分-社会(NEWS ポストセブン)

急速に増える在宅医療、その問題点と解決策

急速に増える在宅医療、その問題点と解決策

…限り、情報は共有できない。さらに、医師は高度に専門的な職業だ。 医療ガバナンス研究所の上昌広医師は「相手の治療を詳細に聞くことは、失礼にならないかと遠…

9月3日(火) 6時0分-ライフ総合(JBpress)