知られざる「副作用」の恐怖~薬が5種類以上になると命の保証は…

知られざる「副作用」の恐怖~薬が5種類以上になると命の保証は…

…安心のために出ている薬は、医師にやめたいと相談してみましょう」(医療ガバナンス研究所理事長・上昌広氏) 病院の薬はうまく使えば、劇的に効く。逆に、使い…

12月7日(土) 9時1分-ヘルス(現代ビジネス)

年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況〈dot.〉

年間61万件が「予定外の妊娠」 緊急避妊薬の切実な処方状況〈dot.〉

…け医見手帖」。今回は「避妊薬を取り巻く課題」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*    *  * 1年間…

12月4日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

インフルエンザ流行入り ”過去2番目の早さ”はラグビーW杯が関係?

インフルエンザ流行入り ”過去2番目の早さ”はラグビーW杯が関係?

…ど南半球からの参加国が多く、たくさんのファンが訪れた。NPO法人医療ガバナンス研究所の上昌広理事長によると、こうした南半球の国では、ちょうど冬の終わり…

11月22日(金) 15時31分-ヘルス(FNN.jpプライムオンライン)

ワクチン接種で「入院リスクは40%減少」妊婦の重篤化を防ぐインフルエンザ対策〈dot.〉

ワクチン接種で「入院リスクは40%減少」妊婦の重篤化を防ぐインフルエンザ対策〈dot.〉

…。今回は「妊娠中のインフルエンザの予防接種」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。*    *  * 例年よ…

11月20日(水) 7時0分-ヘルス(AERA dot.)

実は「危険」も多い「ジェネリック医薬品」品質問題

…セダクロニクル」(以下、ワセクロ)と筆者もメンバーのNPO法人「医療ガバナンス研究所」で、製薬会社と医師の利益相反関係について調査した共同プロジェクト…

11月19日(火) 18時0分-国際総合(新潮社 フォーサイト)

ガンの手術・薬を「断った人」は、その後どうなるのか

ガンの手術・薬を「断った人」は、その後どうなるのか

…になったときには治療は受けない」と、病院の治療を断る患者もいる。医療ガバナンス研究所の上昌広理事長が説明する。 「手術も抗がん剤などによる化学療法も、…

11月17日(日) 0時31分-ライフ総合(現代ビジネス)

「フリー研究者」の時代がやってきた?!その可能性と課題

「フリー研究者」の時代がやってきた?!その可能性と課題

…いろいろできます。  医療の世界では、上昌広先生率いるNPO法人医療ガバナンス研究所のように、大学に属さず論文をどんどん書く集団も現れています。 出典:…

11月15日(金) 17時30分-科学(榎木英介)

東京五輪で“インフルエンザ大流行”の懸念 通年対策が急務〈AERA〉

東京五輪で“インフルエンザ大流行”の懸念 通年対策が急務〈AERA〉

…のインフルエンザ予防接種に踏み切った。 異例の早期流行の理由を、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師は「グローバル化にある」と断言する。「国際的な交…

11月9日(土) 17時0分-社会(AERA dot.)

伝統と文化豊かな「東欧」で医学を学ぶ意味

…の費用は約300万円。これならサラリーマン家庭でも何とかなる。 医療ガバナンス研究所には、東欧で学ぶ多くの医学生が訪れる。長期休暇にはインターンをする…

11月7日(木) 10時0分-社会(新潮社 フォーサイト)

黒字経営の公立病院 最新機器導入で万全のがん治療態勢に

黒字経営の公立病院 最新機器導入で万全のがん治療態勢に

…要な全国424の公立・公的病院を実名公表し、波紋が広がっている。医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広さんが解説する。「リストに挙がった病院の近隣…

11月1日(金) 6時4分-社会(女性自身)