「雨宮さんに聞きたいんですけど、処女じゃないですよね?」 植松被告は面会室で唐突に言った

「雨宮さんに聞きたいんですけど、処女じゃないですよね?」 植松被告は面会室で唐突に言った

…、2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国 雨宮処凛自伝』(太田出版、ちくま文庫)でデビュー。2006年から貧困・格差の問題に取り組み、『生きさせろ!…

1月31日(金) 11時39分-社会(BuzzFeed Japan)

Bライフ――子供の頃に思い描いた秘密基地を現実化してくれている物語

Bライフ――子供の頃に思い描いた秘密基地を現実化してくれている物語

…『自作の小屋で暮らそう』ちくま文庫著/高村友也読み終えて、作者の経歴が気になった。いったい、山梨県で68万円の山林を購入し、10万円の材料費で家を建て…

1月28日(火) 18時1分-ライフ総合(本がすき。)

加藤典洋という唯一無二の批評家、晩年の原点回帰―加藤 典洋『大きな字で書くこと』橋爪 大三郎による書評

加藤典洋という唯一無二の批評家、晩年の原点回帰―加藤 典洋『大きな字で書くこと』橋爪 大三郎による書評

…著書に『仏教の言説戦略』(勁草書房)、『世界がわかる宗教社会学入門』(ちくま文庫)、『はじめての構造主義』(講談社現代新書)、『社会の不思議』(朝日出…

1月23日(木) 6時0分-ライフ総合(ALL REVIEWS)

阿部和重はつねに巨大な虚空・真空に身をおきながら、虚構の強靱な力でリアルと切り結ぼうとしている―阿部 和重『オーガズム』鴻巣 友季子による書評

阿部和重はつねに巨大な虚空・真空に身をおきながら、虚構の強靱な力でリアルと切り結ぼうとしている―阿部 和重『オーガズム』鴻巣 友季子による書評

…森 翻訳の泉』(作品社)『本の寄り道』(河出書房新社)『全身翻訳家』(ちくま文庫)『翻訳教室 はじめの一歩』(ちくまプリマー新書)『孕むことば』(中公…

1月12日(日) 6時0分-ライフ総合(ALL REVIEWS)

重度障害を持つ政治家が誕生したことが最強のカウンター 希望なき令和の時代に希望を見出す

重度障害を持つ政治家が誕生したことが最強のカウンター 希望なき令和の時代に希望を見出す

…、2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国 雨宮処凛自伝』(太田出版、ちくま文庫)でデビュー。2006年から貧困・格差の問題に取り組み、『生きさせろ!…

1月7日(火) 11時24分-社会(BuzzFeed Japan)

対話で殻は破くことができるのか? 植松被告の裁判で聞きたい言葉

対話で殻は破くことができるのか? 植松被告の裁判で聞きたい言葉

…、2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国 雨宮処凛自伝』(太田出版、ちくま文庫)でデビュー。2006年から貧困・格差の問題に取り組み、『生きさせろ!…

1月7日(火) 11時9分-社会(BuzzFeed Japan)

まもなく開かれる相模原事件初公判 「内なる優生思想」に私たちはどう抗うか

まもなく開かれる相模原事件初公判 「内なる優生思想」に私たちはどう抗うか

…、2000年、自伝的エッセイ『生き地獄天国 雨宮処凛自伝』(太田出版、ちくま文庫)でデビュー。2006年から貧困・格差の問題に取り組み、『生きさせろ!…

1月7日(火) 10時51分-社会(BuzzFeed Japan)

黒澤明監督版『東京オリンピック』はなぜ実現しなかったのか 前編

黒澤明監督版『東京オリンピック』はなぜ実現しなかったのか 前編

…さんが深刻な顔をして新聞を前にしていた」(『評伝 黒澤明』堀川弘通著・ちくま文庫)姿を記憶している。ということは4月2日の朝だろうか。 その後、1週間…

1月1日(水) 0時0分-映画(CINEMORE)

本は匂いで選ぶってどういうこと?「特に小口あたりが好き」…同好の士が本を嗅ぐ会

本は匂いで選ぶってどういうこと?「特に小口あたりが好き」…同好の士が本を嗅ぐ会

…しさがあり、週に3、4回は嗅ぎます。文庫本だとちくま文庫や河出文庫でしょうか」 ー実は…私もちくま文庫が好きです 「ちくまさんの(匂い)ファンは多いで…

2019年12月25日(水) 18時0分-ライフ総合(まいどなニュース)

ひし美ゆり子、アンヌ隊員のセリフが「一行だけのことがあった」その時の心境は…

ひし美ゆり子、アンヌ隊員のセリフが「一行だけのことがあった」その時の心境は…

…女優ひし美ゆり子』1月9日(木)発売ひし美ゆり子著 樋口尚文著文庫版(ちくま文庫)『ウルトラセブン』のアンヌ隊員からセクシー映画女優、そしてネットアイ…

2019年12月25日(水) 7時2分-エンタメ総合(テレ朝POST)