青函トンネル高速走行に向けた保守車両を初公開

青函トンネル高速走行に向けた保守車両を初公開

…0キロ速い時速120キロで走行し、600メートル先を監視できるカメラやレールの間の支障物を検知するセンサーなどを備えている」などと説明を受けた。 高速…

1月11日(金) 19時9分-青森(Web東奥)

青函トンネル、ついに新幹線が「速度向上」へ

青函トンネル、ついに新幹線が「速度向上」へ

…ものも締結装置の数は1.5倍になり、さらに新幹線専用レールと在来線専用レールの間は狭い範囲に多数の部材があるため保守作業がしにくく、わずかな部材のずれ…

2018年12月25日(火) 15時0分-経済総合(東洋経済オンライン)

二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベルグ鉄道」(オーストリア)

二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベルグ鉄道」(オーストリア)

…、アルプス地域では最も急勾配の粘着式鉄道(駆動力が車輪にかかって車輪とレールの間の静摩擦に頼って走行する鉄道)とされています。車窓からの風景は、オース…

2018年11月25日(日) 8時4分-ライフ総合(サライ.jp)

上に電線がないのに電車が走る 地下鉄に多い「サードレール方式」のメリットとは

上に電線がないのに電車が走る 地下鉄に多い「サードレール方式」のメリットとは

…ジーメンス社がベルリン工業博覧会に出展した世界初の電気機関車は、走行用レールの間に設置されたサードレールから給電していました。2年後にベルリンに開業し…

2018年8月5日(日) 11時12分-経済総合(乗りものニュース)

「幼児が電車を最大加速」はそれほど危険だったのか

「幼児が電車を最大加速」はそれほど危険だったのか

…態を解除するボタンが押され、動き出してしまったという。  電車は車輪とレールの間に設置された「手歯止(てばど)め」と呼ばれるくさび形の器具を約30セン…

2016年2月5日(金) 10時0分-社会(伊原薫)

それでも列車は走らせる JR北海道冬の闘い

それでも列車は走らせる JR北海道冬の闘い

…り込み、遠くへ雪を飛ばす。 雪をはねのけただけでは列車は動かない。雪がレールの間にはさまると困る設備がある。ポイントだ。進路を変えるために重要な設備だ…

2015年1月14日(水) 14時0分-社会(THE PAGE)