• 投稿の評価

  • 2265

  • 3262

  • 904

    • tornado

      | 報告

      今度は清国を罵るのか。
      前回はこいつが中国を罵ったね。
      まあ、清国も中国の旧バージョンだから、一緒か。
      要するにモンゴルはこの様になったのが中国のせいだと罵ることが目的。
      処で、遊牧民で近代化を遣り遂げた例、地球にはまだ無いよね。
      なぜだと分かる?遊牧スタイルは人類に淘汰された不適切な形態だからな。
      人類発展の流れを阻む奴は潰されるのだ。それに順応することこそ、進化。

      • tornado

        | 報告

        この記事に出るモンゴル族の写真家は写真家というより単なるモンゴル独立派。内モンゴルでは珍獣という言える存在。
        こいつの特徴は、モンゴルは偉大なり、今の状態は全ての中国のせい、という話を繰り返すこと。
        つまり、この記事だけで言ってる訳ではないのだ。

    • ああそうだよ、何度でも言ってやるよ

      | 報告

      旧ソ連はモンゴルを分断させ、モンゴル人民共和国を作り、そこで暮らすモンゴル人にモンゴル文字を捨てさせ代わりにロシア人が使うキリル文字を強要した、生活様式もロシア化して洗脳も行ってきた。
      でも日本のゴミメディアは決して報じない。

      • tornado

        | 報告

        結果から言うと、内モンゴル自治区の方は伝統がより多く残されて、従来のモンゴル文字も使われ、経済も大きく発展して来た。クビライの末裔も内モンゴル自治区に居ると言われている。
        そもそも、モンゴル国の部族と内モンゴル自治区の部族が元より違う部族であり、最初から違う系統とも言える。
        モンゴルはいわば黄色人種みたいは大まかな呼び方に過ぎない。

        この部分に関しては、大概の日本人は分かっていないと思う。

    • tornado

      | 報告

      こんな辛さでも学校に通学する。
      どんな困難があっても頑張る。
      文句を言うよりも努力を信じる。
      将来は立派になって、お国や国民に貢献したい。

      これぞ、中華民族の逞しさ。これぞ、中国人民の意地。

      偽善を楽しむ日本人には分からない強き意志。

      • tornado

        | 報告

        米国政府→CIA→米国民主基金会というフロント組織→民主中国雑誌というダミー会社→編集長の劉クズ
        事実、こいつは中国で豪邸を持つ。さんざん迫害された処で豪邸か。中国は飛んだ自由な国だね。

      • tornado

        | 報告

        なるほど。
        つまり、不知火、お前の意識の中では、米国CIAに雇われ中国政府の転覆活動に励む劉は刑務所に相応しくない英雄ってことか?
        それとも、米国政府は政権に脅威を与える者に手を出さないのか?または、日本赤軍を日本政府が迫害していないのか?
        しかもこの両者は敵対国に雇われた訳でもないのに?
        うん、これはこれは、ダブルスタンダードの手本だぜ。

    • tornado

      | 報告

      この港は元より中国に永久使用権を付与する前提で着工した。その後、インド工作員の扇動により、一部の住民による抗議が発生し99年に変更した。
      つまり、中国側が既に譲歩していること。
      この様な先後関係を無視して日本人が聞きたい形で書き換えるとは、さすが、嘘デタラメ専門の産経。

      • tornado

        | 報告

        中国国内では、中国軍の支援がやり過ぎてしまって、反政府勢力を完全に潰してカードを失ったではないか、との批判的な意見がある。
        また、伝統的にスリランカではインドの影響力が強い、これは確かに基本的な事実。

        多分、豪州の港の件と同じく、99年という響きが悪かっただろうね。旧時代を連想させるので。

    • ssss

      | 報告

      今の日本があるのはスリランカのおかげだ。
      1951年、日本の運命を左右する「サンフランシスコ講和会議」の席上、日本を分割占領から救ってくれたのが、当時スリランカ代表を務めていたジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ氏だった。

      • tornado

        | 報告

        ご覧の様に、鉄たる事実の前、日本ネトウヨは話を妄想に切り替えることで逃げるしかない。
        哀れな生き物だね、ネトウヨとやらは。

      • tornado

        | 報告

        今のスリランカが居るのが中国のお陰だ。

        インドが作った反政府軍による内戦に何十年も苦しんで、経済発展が停滞し国民が飢える。
        そこで、十年前から中国に助けを要請し、中国の経済と軍事の援助の下で、反政府軍を殲滅し、内戦を終結させた。

        飼い犬が殺されたとインドが猛反発し、スリランカ国内に置ける工作に更に注力して、この様なやらせ抗議があった訳だ。

        まあ、この辺りの話も、産経としては絶対に書けないし、ネトウヨたちも絶対に読みたくないだろう。

残り494

もっと見る