• 投稿の評価

  • 21739

  • 3446

  • 362

    • はれはれはれ~

      | 報告

      ひろゆき氏って、2ちゃんねるで訴訟を起こされても絶対に削除要請に対応しなかった人ですよね?そして、その訴訟も賠償も無視してフランスにいるのでしょ?何をいまさら、という気がする。

    • はれはれはれ~

      | 報告

      新しい技術についていくのは、歳を重ねると及び腰になる。技術革新が速いので、中高年は時代についていけなくなる。そういう意味で、中高年の人余りはあると思う。
      また、技術革新によって、人ではなくてもできる仕事が増えて、設備投資が十分できるような企業では、人から機械への置き換えが起きている。
      人でしかできない仕事や、設備投資ができないような企業で人手不足となっている。設備投資ができない企業の収益率は低いので、相対的に単価の低い仕事で人手不足が起きている、だと思う。

    • dem*****

      | 報告

      少なくともこの人が文科相としては不適任であることを自ら露呈してしまいました。
      この人、この間から受験生の立場に立った発言は皆無です。
      いっそのこと、高校生と受験生に決めてもらったらと妄想するほど大人がだらしないと思います。

      • はれはれはれ~

        | 報告

        萩生田大臣が不適任ではなく、もっと前の導入を決めた大臣・政治家が問題です。萩生田氏は、英語の民間試験の導入を止めてくれて、記述式も止めようとしている(独自の能力を使って)。立派な大臣です。
        嫌みだけではなく、萩生田氏はそもそもセンター試験の変更には反対だったようです。

    • はれはれはれ~

      | 報告

      まだこんな事を言っているのか。
      採点ミスで、最終的に0.5点も違えば合否が違う場合がある。その場合の責任は誰がとるのか。
      これだけダメ出しされているにも関わらず、強行するというのなら、関わっている責任者個人の責任で賠償するべき。政治家、文科省の役人は、今から誰が責任者なのか明確にしておくべき。
      このまま突き進めば、絶対に問題が起こる。

    • はれはれはれ~

      | 報告

      仕事っていうのは、他人から求められる内容に応えられるかどうか、だと思う。好きな分野、得意な分野であれば尚いい。その分野で、周囲から、お客さんから、求められる内容に常時100%は難しいけれど、常に80%程度の満足度で返せれば仕事になる。
      自分が何をしたいかとか、自分がこう思うとかではなく、相手をどれだけ満足させられるか。自分の事ばかりでは、いい評価は得られないし、長続きしない。

    • dqt*****

      | 報告

      英語延期、記述式の炎上の件。
      今回の改革のスタートにあった知識偏重一点刻みからの脱却。しかしながら制度を検討していくなかで、当初の壮大なプランから尻すぼみしていき、わずかに記述式問題がある形となり、各大学も多面的総合的評価の方向に舵を切ろうとしないため、一点刻み状態は継続されそうだ。
      どうしても日本社会に、入試は一点刻みで序列するものという認識が根強く、今回の改革は時期尚早すぎた。社会に出れば、誰も一点刻みで人を評価しない。会社に入るときもそう。しかし、大学に入るときは一点刻み。大学に入るときに高校の学習成果が重視されるべきではあるが、それぞれにアドミッションポリシーがあるので、ほしい人材が違うはずである。それでも、入試では点数で序列が全体の正義となっている。
      これが論点にならず公平公平と騒ぎ立てる日本人笑。

      • はれはれはれ~

        | 報告

        >入試は一点刻みで序列するもの

        これは事実ではない。合格・不合格のライン上の人だけが、1点や0.5点程度の差で合格できたり、不合格になったりするだけ。

        定員がある以上、どこかで合否のラインを引かねばならないのは、どんな選抜方法であっても必ず出てくる。それが序列化だというのなら、定員をなくして希望者は全員入れる、とする以外にない。

        合格点より上であれば、何点でも合格は合格。そんなに序列化している訳ではない。

    • はれはれはれ~

      | 報告

      これだけ事前に問題点が指摘されているのに強行するというのなら、この政策を進めている政治家、文科省の役人は、何か問題が起こったら個人として金銭的な賠償を含む責任を負う、という事を明確にしておく必要があると思う。
      何か起こっても知りません、税金で対応します、とするだけで、担当者は指摘を無視していても問題にならない、というのは間違っている。
      根本には、下村氏をはじめとする政治家と文科省の役人が、私立大学や教育産業とずぶずぶの関係で、利権に群がっている所に原因があるのだから。
      1年だけで50万人ともいわれる受験生の人生を踏み台にして、自分たちだけが利益を得ようなどという事態は許されない。

    • yam*****

      | 報告

      国語と数学の記述式の問題はまだ終わっていない。これにも関わっておられるのなら、これからもっと発言してほしい。本質的な議論がないまま強行しようとしているのは誰か、その背景は何なのか。少なくとも、生徒や高校現場からではないのだから。

      • はれはれはれ~

        | 報告

        このまま強行するというのなら、何か問題が起きた場合には、誰がどんな責任を取るのかを、先に明確にしておくべくだと思う。当然、税金での賠償とかは一切なしで、責任がある人がすべて負担するという形で。
        これだけ問題点が指摘されているのに、無視するのだから、責任を明確化しておくべき。

    • はれはれはれ~

      | 報告

      下村氏の存在こそが、この問題の元凶ですね。この方はいくらもらっているのでしょうか。
      模試と入試が違うのは当然でしょう。模試で少々の点数の違いが出たとして、大した問題ではありません。模試、なのですから。全員が同日に受けている訳でもない事も知っていますし。
      しかも、そんな模試ですら、成績が出るまで1カ月以上かかります。
      そんな事すら知らないのでしょうね。
      下村氏をはじめとする政治家と、文科省の役人は、このまま突き進んで、本番で問題が出た場合には、私財を投げうって賠償すべき。事前にこれだけ問題だという声があるのを無視しているのですから。

残り139

もっと見る