Hiyo

Hiyo

コメント頂いた方、各評価ボタンを押して頂いた方、ありがとうございます。 ※コメント内容を再度検討した際に、評価頂いた記事を削除・再投稿してしまいました。申し訳無いです。

  • 投稿の評価

  • 466

  • 55

  • 8

    • sap*****

      | 報告

      感染した方、ペットの世話はどうしておられるのでしょうか。誰かに頼むとしてそのようなことを引き受けてくださる方をどうすれば探すことができますか。鍵を渡してペットの世話を頼んだ場合、その方にも感染の危険が生じてしまうのではないでしょうか。

      • Hiyo

        | 報告

        下にstayanicomの事でコメントした者です。訪問ペットケアのサービスですが、7月30日付けで終了となっていました。

        預かりサービスは継続ですが、施設が現時点では東京近郊に限られ(訪問サービスが終了となると地方は難しくなります)、ペットの引き渡しは患者さんご本人ではなく、患者さんと濃厚接触していない方にお願いする必要や、ペットを車で現地(東京近郊)まで連れていかなければならないなど、以前は気軽に紹介してしまったものの、利用を考える方はサービス内容を詳しく知らなければいけないと思いました。

        関東圏の方も申し込み多数で待つ場合もあるとの事ですので、親戚や友人などにお世話をお願いする等※、預かりサービス利用以外の方法も併せて確認をお願いします。
        ※引き渡し方は東京都獣医師会のホームページ(少しわかりにくいのですが、トップページ下部のタグ検索から検索すると最新情報が見られます)にあります

      • Hiyo

        | 報告

        感染の場合、ペット保険会社のアニコムが「stayanicom」というプロジェクトで、ペットを無償で引き受けてくれます(事前加入は不要)。それと同じくアニコムが訪問ペットケアもしているそうです。

        また、東京都獣医師会では飼い主さんや預かる方に向けた対策法などをまとめてくれています。
        そのほか、アニコムの「anicom you」というペット情報ページで「【ペットと暮らす方へ】新型コロナウイルス感染症の情報・対策まとめ」という記事にも詳しく書いてあります。

        アドレスを記載するとコメント投稿出来ませんでしたので、「stayanicom」「アニコム 訪問ペットケア」「東京都獣医師会」、記事名などで検索してみて下さい。

    • Hiyo

      | 報告

      フェイスシールドやマウスシールドの着用中、暑くて襟元をばたつかせるとシールドからウイルスを吸ったり、撒き散らしませんか?放熱出来ないと熱中症も懸念されますが…。※返信欄に追記、やはり要注意?
      細かい事にも感じますが、発症前にウイルス量が増え感染力が強くなり、飛沫からのウイルス飛散を考えると危険ではと。もちろん清潔な手での着脱等も大切ですが、これは検索で出てくるので…

      また、着用のまま洗面やキッチンなど清潔区域に立ち入ったり、ロッカーに無造作に持ち込む事や、シールド消毒無しでの持ち運びも良くないと思います。※病院でこれらの対策はゾーニングと呼ばれるそうです

      外す時はウイルス飛散を避け人から離れる、再着用時は消毒(スプレー消毒は避け、浸すか拭き取り消毒、防護服は原則使い捨て)等聞くので、各種シールドや防護服はかなり汚染された物として扱わないとならず、具体的な対策法があると助かります。

      • Hiyo

        | 報告

        一般向けのフェイスシールドの使い方は、探してもほとんど無いので、お医者さんや普段介護で使っているなどで詳しい方が近くに居たら、聞いてみるのが良いと思います。
        また、ネットで「フェイスシールド 使い方」「個人防護具 使い方」「PPE 使い方」などのキーワードで検索すると、医療機関での使い方は出てきます。一応これだけでも知っておくほうが良いと思いますので、業務で使っている方などは検索してみてはどうでしょうか。
        検索の際は、フェイスシールド等の使い方は時と場合にかなりよって変わってくるようですので、複数のホームページを確認されたり、また複数のケースに応じ、出来れば動画などで確認される事が望ましいです。

        ※PPE…個人防護具(フェイスシールドや防護服などの総称)の英語表記の略称です。

      • Hiyo

        | 報告

        追記になります。襟元をばたつかせる件について、かなり気になったため、お医者さんに相談するサイトで相談してみました。よかったらご参考にして頂ければと思います。

        結果、危険な可能性は有るとの回答頂き、病院では着用時に襟元を触るのは禁忌とのこと。ただ、フェイスシールド無しで直接飛沫を浴びるよりは着用していたほうが良く、飛沫を浴びる環境ではフェイスシールドを着用し、浴びない環境では外して暑さを避ける対策が必要とのこと。加えて、フェイスシールドが髪や顔に(多分服も)付着することも感染の原因にもなるそうです。
        また熱中症対策では首回りやわきの部分を冷却したり、保冷剤をポケットに入れるなどが挙げられました。

        ※これは私自身の考えになりますが、冷却グッズで風が出るもの(首元の小型扇風機)などはウイルス飛散の可能性があるため、襟をばたつかせるのと同じ理由で避けて頂き、バンドタイプなどが良いかと思います

    • Hiyo

      | 報告

      フェイスシールドやマウスシールドの安全な使い方を詳しく知りたいです。取り扱い時の衛生面での注意点や、熱中症予防の観点からなど。出来れば接客業での使い方の提案があると助かります。

      • Hiyo

        | 報告

        dok*****さん
        コメントありがとうございます。助かります。

      • Hiyo

        | 報告

        「コロナとどう暮らす」のコーナーで取り上げて頂き、ありがとうございました。びっくりしましたが、他にも知りたい方が居るから取り上げられたのでしょうか。
        「接客業で多くみられる「マウスシールド」その有効性は【#コロナとどう暮らす】」の記事を拝見したところ、マウスシールドの効果はあまり期待出来ないようですが、一定の効果はあるのでは…というところでしょうか。(URLを記載するとコメント投稿出来ませんでしたので、しっかり知りたい方は記事名を検索するか、「私たちはコロナとどう暮らす」のコーナーからご覧頂ければと思います)
        コメント頂いた方もありがとうございます。こういったものの使い方は病院内での例がほとんどですので、具体的に指示して頂けて助かります。