• 投稿の評価

  • 152042

  • 11665

  • 844

恐れるな。未来は変えられる。のコメント一覧

    • 恐れるな。未来は変えられる。

      | 報告

      勘違いしてはいけないのは、同盟があっても戦争になったら、日本人が血を流さないのに米国が助けてくれることはないってこと。米国が日本のために先に血を流すことはない。同盟って本来そういうものですから。だから、最低限度の国防軍は必要なのです。

        • Q

          | 報告

          >日本人が血を流さないのに米国が助けてくれることはないってこと。米国が日本のために先に血を流すことはない。

          リアリズムでいえば本質は日本にとってもっとシビアです。

          「米国は自国の太平洋戦略および中ソのスーパーパワーに対するクサビとしての使い得がなければ日本列島という不沈空母のために一滴だって血は流さないし、むしろアフリカ大陸の市場化(軍政や反米イスラム原理主義から民主化へのトランジションはその第一過程)、中東の反米イスラム原理主義の潰滅、東南アジアの中国化の抑制などの自国利益のために進んで自衛隊に血を流して欲しい!」というのが米国の本音です。

          これらはシーレーンや石油の安定供給という米国との共通利益もあるものの原理主義から敵視されることや、米中対立などは日本にとってむしろ利益相反も含んでいる。

          日本に固有の領土問題でも米国は尖閣、竹島、北方領土のいずれにも米ソ米中関係第一です。

        • Q

          | 報告

          日米安保が片務的であるとは米軍の言い草だが、日米安保の地位協定や思いやり予算、湾岸有事の際に日本政府がブッシュの米政府に支払った3000億円の「戦争協力費war cooperation donation」など、片務的だと?ふざけるな!と言いたくなります。

          安保というと日米の軍事協力だけが語られるが戦争の前提となる情報の共有という点でも、日本は英国やカナダ、ニュージーや豪州などの「ファイブアイズ」といわれるアメリカの同盟国よりもはるかに格下である「サイードパーティ」に日本が分類されていることがスノーデンの日本ファイルで明らかになっている。

          米国の本音は日本が中ソと問題を起こさず、かといって米国と利益相反を起こすほど日中、日ソが親密になられても困るということ。

          本来はそこにこそ日本が独立国家として大国間の思惑に利用されず主権を確保するための「外交力」が問われが、安倍では無理でしょう。

        • ******

          | 報告

          アメポチしか能のない、安倍には無理。

        • dmt*****

          | 報告

          憲法9条の廃止と自前の安全保障戦略の構築により、対等な対米関係の構築が可能となる。

        • *****変更

          利用規約、特にコミュニティーサービスに関する規則(ガイドライン)を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。