• 投稿の評価

  • 1687

  • 1474

  • 2

    • gon*****

      | 報告

      デジタル端末とだけ書いてあるけど、テレビは大丈夫なの?スクリーンに映写する映画は?

      • mas*****

        | 報告

        >ブルーベリー&ルテインや1500円ぐらいの高い目薬は効果があ
        >るみたいですよ。
        それほどカネが使えるなら、目に負担の少ない照明にカネを使うことができそう。

      • mas*****

        | 報告

        >映画は光源そのものを見ているのではなく、映写機がスクリーンに
        >投影した反射光を見ているので関係ない。
        青色LED(見た目は白色LED)を光源にするプロジェクターならスマホと一緒じゃない?「反射」というなら、スマホのバックライトも、実のところ、名前のように背面から直接の光ではなく側面からの「屈折」だし。

        投影では光の強さが違うが、暗いから瞳孔も開いているわけで、影響は変わらないかもよ。

        >テレビ(ブラウン管)を近くで見るとめクラになるみたいなことを
        >聞いたような…
        近くで見ると、スマホよりもブラウン管のX線や電磁波や紫外線の方が目や体に悪そうに思える。

        >プラズマだから大丈夫かな
        何せプラズマだから電磁波や紫外線なら出ていると思う。青色よりも紫外線の方が問題だろうと思う。離れて使うものだから影響の程は知らんけどね。

    • lat*****

      | 報告

      LEDの光は目に痛い。
      画面だけでなく、LED照明も目に悪い。
      LEDは特定の周波数の光だけに偏り、かなり強い光をだす。しかも、立ち上がりが鋭いので、それも目を痛める原因だと思う。

      • mas*****

        | 報告

        >電球色でもブルーライトを浴びる事には変わりないんだ。
        そういう構造ですね。三原色が出せるフルカラーLEDだと話は違うと思いますが、私の調整程度では、自然な色の照明にはならず諦めました(原色だけでは駄目らしい)。メーカーの青色LEDを光源とする照明の方が自然に見えてしまうわけで、なかなか難しいものです。私は諦めて電球色も含めた安物のLED照明を使っているのですが。

        青色LED開発者の中村さんが開発中の紫色レーザーにでも期待しますかね。記事のエネルギー量が大きいから悪影響という話に基づくと、もっと悪いと言われそうですが。

      • mas*****

        | 報告

        >電球色を買えばそんなことにはならないと思うよ。
        電球色でも、電球色のフィルターを通す前は450nmくらいの青色光が光源だと思うけどね。蛍光剤の調合の違いで、緑や赤の比率が変わり、その合成色で白にしたり電球色にしているわけだが、基となる青色の波長が大きく尖っていることは、白色でも電球色でも変わらないよ。

        >紫外線出してる蛍光灯より
        >可視光線に周波数絞ってるLEDの方が高エネルギーの光は少ないし
        私も、記事の「ブルーライトは、他の色に比べてエネルギーが強く、波長が短いため」という主張は、「紫外線の方が有害」という結論にしかならないと思う。青色特有の「何か」がないとLED悪玉説は言えなくなると思う。

      • mas*****

        | 報告

        >イヤホンとかにも同じことが言えるのかも・・・
        私の中学の時の教師が「片耳聞こえん」と言っていた。大学時代に、ラジオや出たばかりのウォークマンで片耳突っ込んだまま長時間音楽を聞いていたそうな。教師になってその生活はやめたが聴力は回復しなかったそうな。

        当時のイヤホンはインナーイヤー型だが、現在の主流はカナル型で、より鼓膜に近くなっているから、余計に難聴リスクは増えていると思う。画面と同じく近いほどリスク有りかもね。

    • yama

      | 報告

      株式投資には消極的なのに、
      仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル等々)の
      取引を行うのかが分からん

      株より仮想通貨の方がはるかに博打なんだけど…

      • mas*****

        | 報告

        >株式投資には消極的なのに、
        >仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル等々)の
        >取引を行うのかが分からん
        一応、合理性があるからだよ。

        >一般的な利用が進むにつれて投機的な投資家も減り、価格は安定
        >してくると考えられます。
        なんて記事には書いてあるが、増加速度がそれほど大きくない(仮想)通貨の一般的な利用が増えれば、流通速度が上がる。すると供給よりも需要の方が大きくなるから、貨幣価値が高くなる。そういう「実需」による値上がりが期待できるから「投資」が起こっているわけ。

        そして、因果が逆なんだよ。実需が安定すると価格が安定して値上がり益が見込めなくなるから投資が減るのさ。安定したらつまんないから「投機」も減るだろうけど。

        経済新聞じゃないからしょうがないとは思うけど、この文章から、この記者はおそらく貨幣の仕組みを理解していないということがわかる。

      • mas*****

        | 報告

        >誰かが得するって事は、俺が損するって事だよな?
        ビットコインについて単純にそうとは言えない。
        上限が2100万枚と決まっており、決まったルールで増えているだけだから、それ以上に流通が増加すれば、価値が継続的に高くなる。

        それは、金貨で取引をしていた時代に、新たな金鉱が見つからない時代があった。世界の物流は発展し続けたので金貨の価値はどんどん高くなった。同じ事がないとは言えない。

        ビットコインそのものは権力の裏付けも、金みたいな不変性・希少性もないから、暴落の危険性もあるわけだが、そこがおもしろいと言えばおもしろい。

    • siz*****

      | 報告

      作り置きでも良いけど、コンビニより味が良い(パサパサしない)のが魅力だったので、味が落ちたらそれこそコンビニでいいやってなってしまうな。品質落ちないことを期待したいです。

      • mas*****

        | 報告

        >セブンが店でドーナツ作るようになったりして
        私もあり得ると思う。私がコンビニの企画担当なら、好機と見て、熱々の焼きドーナツで攻めるね。条件としては、店頭で作る通常のドーナツと同レベルの味が出せることだ。そうすると、低カロリーと味で作り置きのドーナツ屋に勝ることになる。焼きドーナツなら揚げなくても良いので店頭でも加工しやすいし、高齢化が進んでいるので高カロリーはどのみち敬遠されるからだ。ついでに唐揚げも低カロリー版を作れるし。

      • mas*****

        | 報告

        >ここまで生き残れたのが運が良かったと考えるべき。確実に潰
        >れるよ。
        添加物を調べてわかったのは、ヤマザキなどの普通の安いドーナツと原材料はさほど変わらないということだ。せいぜい油の配合に秘密があるくらい。結局、商品の違いは鮮度でしょう。
        それを捨てたら潰れると思う。
        それとも店としての魅力に何か秘密がある?

      • mas*****

        | 報告

        と、書いては見たもののミスタードーナツは基本的に日持ちするドーナツではないので、トレハロースはあまり聞かない(高いしね)。

        ミスタードーナツの原材料を調べてみたが、
        酢酸ナトリウム、pH調整剤、安定剤(アルギン酸エステル)、ヒドロキシプロピルセルロース、増粘剤(グァーガム)
        あたりが関係している。前の2つは腐らないため、後は粘度調整や保水性のためだ。安いドーナツにもよく使われる成分だ。

残り167

もっと見る