• 投稿の評価

  • 6343

  • 2046

  • 34

    • dak*****

      | 報告

      間違いなくノムさんのいた頃のセ・リーグは強かった。

      • tan*****

        | 報告

        >野村ヤクルト黄金期だけは人気も実力もセだったと 

        野村ヤクルト黄金期とか言っても隔年Bクラスだったし、
        特に日本一になった翌年の94年は古田がケガ、両外国人が不調でチームが低迷し、巨人vs中日の10.6の裏でベイスターズと負けたら最下位決定戦をやっていたw


        >逆にパは当時の球界の制度も相まって
        >黎明期をのぞけば最大級の苦境でした…

        当時、テレ朝の全国ネットで西武戦ナイター中継をやってたくらいだから別に苦境ではなかった。
        パリーグの苦境と言ったら、70年頃の黒い霧、04年頃の球界再編あたり。

    • tan*****

      | 報告

      野村チルドレンの監督成績

      古田 2年 130勝157敗3引分 勝率.448 3位、最下位
      真中 3年 185勝239敗5引分 勝率.436 リーグ優勝、5位、最下位

      散々な結果。。。w

      • tan*****

        | 報告

        >野村監督は将来を考えて、辻を選手じゃなく指導者としてのみ育てていた。

        ”指導者としてのみ育てていた”のなら何で100試合以上も出場していたんだよ?ww
        ”指導者としてのみ育てていた”という具体的根拠無し。

        それに森西武のときみたいに将来指導者として育成するために監督コーチミーティングにも参加していたのか?

        ノムシンは作り話をしてまでも野村の手柄を捏造するw

      • tan*****

        | 報告

        辻とアマチュア時代に対戦したことのある落合の話によれば、
        「あいつはアマチュア時代は下手だった。プロに入ってから上手くなった」らしい。
        そして森監督のときにはコーチミーティングに石毛とともに選手代表として出席していた。
        つまり、広岡監督からは選手として鍛え上げられ、森監督からは指導者として教育されていた。
        だから、広岡チルドレン、森チルドレンというならわかるが、
        野村チルドレンと呼ぶのは違和感しかない。

      • tan*****

        | 報告

        辻は広岡、森監督の下でプレーした期間の方がはるかに長いだろ(呆)

    • yuk*****

      | 報告

      週刊ベースボールの連載からの転載だけど、
      この連載で高津監督のことはこき下ろしていた。
      まだ監督としての仕事をしていないのに、だ。
      反面、三木監督のことはまあまあ好意的に書いていた。
      なぜかというと、ノムさんいわく「譲れない持論」である、
      「投手と外野手は監督に向かない」
      からだそうだ。
      そんなの人それぞれだと思うんだけどな。
      まるで人種で「○○人だから性格は××だ」と決めつけているみたい。
      アメリカ人でも中国人でも、いろんな人がいるのと同じで、
      投手にしろ外野手にしろ、いろんなタイプの野球選手がいるのでは?

      • tan*****

        | 報告

        捕手出身リーグ優勝監督:4人
         野村、上田、森、梨田

        投手出身リーグ優勝監督:9人
         藤本、金田、藤田、近藤、星野、権藤、東尾、渡辺、工藤

        外野手出身リーグ優勝監督:8人
         与那嶺、大沢親分、山本浩二、若松、栗山、真中、秋山、緒方

        捕手出身日本一監督:4人
         野村、上田、森、伊東

        投手出身日本一監督:6人
         金田、藤田、権藤、渡辺、星野、工藤

        外野手出身日本一監督:4人
         若松、栗山、秋山、西村

        伊東捕手と西村外野手はリーグ優勝は1度もなく日本一になっている。

        捕手出身監督より投手、外野手出身監督の方が優勝回数が多い。

    • kin*****

      | 報告

      辻監督が1番打っていた頃は打線も強力で、投手陣もエース渡辺久信筆頭に強力だったなあ

      • tan*****

        | 報告

        >秋山、松沼兄弟、郭が巨人に行っていたら西武の黄金時代はだいぶ縮小されただろう。

        秋山は長池コーチから教わって長距離打者になったからなぁ。
        巨人へ行って同じように育っただろうか?
        松沼兄弟も江川、西本たちの陰に隠れそうだし、郭は痛い痛い病があったから造反者扱いされそう。

    • rvd*****

      | 報告

      古田に関しては、スカウトの片岡と野村の意見が正反対。

      片岡「野村監督になって、一位は投手。捕手は高校生がいい。ゼロから教えたいから、古田はいらないと言われたが、どうにか二位で指名した」
      一方、野村は古田を見た時、活躍を確信して、指名してくれと頼んだような事を言ってる。

      どちらが真実なんだろうか?

      • tan*****

        | 報告

        ・89年ドラフトの時の野村監督
        「メガネをかけたキャッチャーはいらない。それなら元気の良い高校生キャッチャーをとってくれ。わしが育てる」

        ・古田が大活躍後の野村監督
        「メガネの捕手をいらんと言ったのは片岡スカウトだ。わしは固定観念に捉われるんじゃない。古田をとれと言ったんだ」

    • sak*****

      | 報告

      西武の獅子おどし打線を経験しているソフトバンク・ファンは、ジャイアンツの打線は怖いと感じないな

      • tan*****

        | 報告

        重信の打席の抜けた真ん中高めのスライダーは完全にホームランボールだった。

    • tak*****

      | 報告

      あの回は周東の足が全て巨人をおかしくしたと思う。バントも3塁アウトになってもおかしくない投手前だし、偽装スクイズもそう、内野の超前進守備も。

      • tan*****

        | 報告

        セカンドランナーのスタートが良かったからピッチャー前犠打でもサードは間に合わなかったな。
        偽装スクイズも相手バッテリーを揺さぶった。
        ソフトバンクの野球は一見大味な感じがするが西武黄金期ばりの緻密さがある。

残り167

もっと見る