大塚将俊

大塚将俊

城西国際大学の環境社会学科の環境社会学部の卒業生です。 植物と福祉に関して学んでおりました。 現在では園芸療法士として、サービス付き高齢者向け住宅で働いて、介護の知識や経験を増やしています。 「羽旨魔歩流」という芸名で小説を書いたり、「はむねまぼる」という表示でSinger Song Writerをしています。

  • 投稿の評価

  • 1

  • 21

  • 0

    • 大塚将俊

      | 報告

      以前は「仕事」に対して「憧れ・生き甲斐・金を得るための手段」と言ったものを位置づけてこれた。
      だけれども、長らく続けてゆくなかで徐々に
      「憧れ」と「生き甲斐」を感じられなくなってきてしまったのではないだろうか。
      自分の中で、これまでの「仕事」の定義が変化してしまって戸惑っていてそれが虚無感で有り焦りでもあって、ぺふぺふ状態。
      そして以前として仕事に「憧れ」と「生き甲斐」を求めているからそれらを内包する幸福の科学へ出家するのではないだろうか。
      オールインワンを求めるから、出家する必要が有った。
      そんな風にわたしには感じられました。

    • alc*****

      | 報告

      有働さんの本心次第じゃない。
      セクハラにしてもパワハラにしてもイジメにしても
      やられた側がどう感じるかで全てが決まると思う。

      • 大塚将俊

        | 報告

        わたしもそう思います。
        わたしは苛められても、出来る限り苛める側が抱えるストレスのサンドバッグに成ってあげたいし。
        結婚に関しても、もう絶対にするつもりが無いから何言われても平気だし。
        でも、バラエティー番組だからといってあんまり「面白くしなくちゃ」って思い過ぎ無くて良いとは思います。