『予備校講師』オーサー『災害専門家』

『予備校講師』オーサー『災害専門家』
  • 投稿の評価

  • 2188

  • 3193

  • 8

    • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

      | 報告

      知るために、不可欠だ。
      今の矛盾は、今に始まるのではない。
      今の矛盾の種は、この国が作られた、その時に既に内包されている。
      今、起こっている現象ばかりに目を奪われたら解決はできない。

      なぜ、戦争になったのか。
      それは、歴史を知らなければ、わからない。
      歴史がわからなければ、和平も、解決もできない。
      戦争をなくす事も。
      なぜなら、戦争の原因は、遙か過去にさかのぼらなければ分からないからだ。
      人の恨みは、世代を乗り越え続いている。
      愚かな失敗を繰り返さないためにも、歴史を学ぶ必要がある。

    • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

      | 報告

      「原子力明るい未来のエネルギー」と福島県双葉町内の入口に掲げられていたという、この標語でコンクールに当選した当時小六の子は県外避難を余儀なくされ事故後大いに反省し「原子力破滅未来のエネルギー」と26年後に訂正したという。気も付かず大嘘を言ってしまったがこれが真実だと彼は訂正したという、南隣の大熊町の双葉病院の寝たきり老人患者50人が避難途中に亡くなった悲劇はよく知られている、もしやの想定をすることはなかった、衰弱死を招いた悲劇は天災によるものだろうか、それとも人災であろうか、これは福島だけでなく、全世界に問い続けられねばならない重い責任問題でもある、原発は事故がありました今後も有り得ます、そうした正確なリスクが知らされず方や一方では原発安全推進宣伝ばかり強調する、こうした世の流れ政治のミスリードに無批判に身を寄せ赤信号みんなで渡れば‥原子力発電容認派すべてに生涯大きな責任が問われよう

    • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

      | 報告

      歴史は、国家の悪を糾弾することのみに、目的があるのか。
      それよりも、国家の成り立ちを明らかにし、
      過去の過ちは過ちとして教訓とし、
      自分たちの国民国家を建設するための、
      知識を身につけるためにある。
      また、権利や義務の意味を理解するためにある。

      そして、 これだけは言える。
      自国の歴史を、国民に、どのように教えるかは、
      国家の主権の問題だということである。
      国家理念に関わる問題だという事である。
      だからこそ、日本が占領された時、
      真っ先に修正されたのである。

      私は、歴史を構造的に捉える。
      現在の国家体制、国際情勢、経済、戦争という現象を
      歴史的必然と捉え、
      その背後にある構造を歴史的に解明し、
      あるべき体制や状況を構造的に作り出していくべきだと考える。
      その為に、歴史は学ばなければならない。

    • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

      | 報告



      アベノミクスという矢はなんぼ撃とうが、的に当たらずに安倍首相の爪先に当たったようだ

      ・また新たにペテン師の矢を用意するから大丈夫だろ。

      景気が悪いときに増税は禁句なんですよ。

      今までに何度もそれで失敗してきてる。

      日本というブランドが流行った時代は終わった…

      日本人ってのは保守的だからね。インフレすると財布の紐を固くする彼らに刺激を与えるのは良くない

      日本の景気を回復するためには中国が必要なんです、現日本の大企業は安い賃金で賄える様に中国にどんどん進出している

      また安倍首相は日本を軍拡することと大企業だけを優遇するのかは得意だが、経済分野は超不得意

      さすが神戸製鋼を短期で退職した愚か者だ、余談だが…

      思うにアベノミクスは産業革命以前の時代で超最悪の失敗例になった様だ。

      今だにアベノミクスなどと洗脳されている庶民には我輩講師として危惧致します。

    • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

      | 報告



      アベノミクスという矢はなんぼ撃とうが、的に当たらずに安倍首相の爪先に当たったようだ

      ・また新たにペテン師の矢を用意するから大丈夫だろ。

      景気が悪いときに増税は禁句なんですよ。

      今までに何度もそれで失敗してきてる。

      日本というブランドが流行った時代は終わった…

      日本人ってのは保守的だからね。インフレすると財布の紐を固くする彼らに刺激を与えるのは良くない

      日本の景気を回復するためには中国が必要なんです、現日本の大企業は安い賃金で賄える様に中国にどんどん進出している

      また安倍首相は日本を軍拡することと大企業だけを優遇するのかは得意だが、経済分野は超不得意

      さすが神戸製鋼を短期で退職した愚か者だ、余談だが…

      思うにアベノミクスは産業革命以前の時代で超最悪の失敗例になった様だ。

      今だにアベノミクスなどと洗脳されている庶民には我輩講師として危惧致します。

    • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

      | 報告



      アベノミクスという矢はなんぼ撃とうが、的に当たらずに安倍首相の爪先に当たったようだ

      ・また新たにペテン師の矢を用意するから大丈夫だろ。

      景気が悪いときに増税は禁句なんですよ。

      今までに何度もそれで失敗してきてる。

      日本というブランドが流行った時代は終わった…

      日本人ってのは保守的だからね。インフレすると財布の紐を固くする彼らに刺激を与えるのは良くない

      日本の景気を回復するためには中国が必要なんです、現日本の大企業は安い賃金で賄える様に中国にどんどん進出している

      また安倍首相は日本を軍拡することと大企業だけを優遇するのかは得意だが、経済分野は超不得意

      さすが神戸製鋼を短期で退職した愚か者だ、余談だが…

      思うにアベノミクスは産業革命以前の時代で超最悪の失敗例になった様だ。

      今だにアベノミクスなどと洗脳されている庶民には我輩講師として危惧致します。

    • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

      | 報告

      原発の事故その度に関係者が口にする「想定外だった」という言葉。そんな原発に安全性を求めるというならつまり「想定外」のことも「想定」せよという事になる。ありえない明らかな矛盾。こういう矛盾を最初から抱え込まざるを得ないのが原発というものの宿命なのだ。裏を返せば原発というやつは存在自体無理があるしかしその無理を一般市民に感じさせないよう「矛盾」を隠蔽する必要があるそのために、他の建築物の延長上で「想定」がなされる、だが地震によるものであれ何であれ、これほど頻繁に「不祥事」が続いているということはとりもなおさず、原発に他の建築物のような「想定」を当てはめるのが無理だということを示しているのではないかそんなものが稼動していること自体が不祥事だしそのうえに地震動を「想定」するという二重の不祥事が行われているようなものではないか。そんな「想定」できないものを「想定」した責任は誰がいつ取るのだろう。

    • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

      | 報告

      原発容認の決定を下したりなどすれば、

      裁判官たちには天下りという

      ご褒美があるということらしい。

      これでは、司法の独立どころか、

      裁判官や検事までが

      原発企業の利益共同体、

      原発ムラの一員だった

      ということではないか。

      そう考えると今回の高浜、

      大飯原発再稼働容認の決定は

      何ら不思議ではない。

      ほとんどの裁判官の頭の中にあるのは、

      下手な判決を出して政府ににらまれ、

      左遷されたくないという思いと、

      自分が得られる地位や

      経済的な恩恵だけなのだ。

      “福島の教訓”などどこ吹く風で、

      再び原発大国への道を

      進んでいく安倍政権と、

      それを止めるどころか、

      自らも原発利権漬けになっている裁判所──。

      この国の腐敗はもはや末期的だ。

    • r*k*****

      | 報告

      私は東京都民ではないから投票出来ませんけど、もし自分が選挙に行くなら小池さんに入れますね。

      • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

        | 報告

        小池氏はあの通り小泉元首相の真似をし、自民党が仕掛けた茶番劇その可能性も否定出来ません。

        最近の自民党は賢さがうりですからね、我輩あくまでも予想で有ります。

    • 削除されたコメントです。

      • 『予備校講師』オーサー『災害専門家』

        | 報告

        原発の事故その度に関係者が口にする「想定外だった」という言葉。そんな原発に安全性を求めるというならつまり「想定外」のことも「想定」せよという事になる。ありえない明らかな矛盾。こういう矛盾を最初から抱え込まざるを得ないのが原発というものの宿命なのだ。裏を返せば原発というやつは存在自体無理があるしかしその無理を一般市民に感じさせないよう「矛盾」を隠蔽する必要があるそのために、他の建築物の延長上で「想定」がなされる、だが地震によるものであれ何であれ、これほど頻繁に「不祥事」が続いているということはとりもなおさず、原発に他の建築物のような「想定」を当てはめるのが無理だということを示しているのではないかそんなものが稼動していること自体が不祥事だしそのうえに地震動を「想定」するという二重の不祥事が行われているようなものではないか。そんな「想定」できないものを「想定」した責任は誰がいつ取るのだろう。

残り108

もっと見る