コメント ユーザーページの機能「任意のURL」を終了します。詳しくはこちらのお知らせをご覧ください。

  • 投稿の評価

  • 19277

  • 10186

  • 101

    • ネトさよにあおぽちすとーかーされてます

      | 報告

      そもそも「ジェンダーフリー」って本当に正しいのか?反対するものは左翼メディアにつるし上げられるから誰も反対できず、まるでこれが絶対の正義のようになっている。
      「フェミズムに反対するものは女性差別者、名誉男性」などと言う彼らは
      「一億火の玉」「戦争に反対するものは非国民」の戦時中の軍人と変わらない。まあその時は朝日新聞も戦争を応援してたんですが。歴史は繰り返す。右か左か違うだけ。

    • ken*****

      | 報告

      日本ではこの人の生い立ちや所業よりも、この人が死んだ途端に、個人攻撃を堂々と記事にする感性の方が問われると思います

      • hay*****

        | 報告

        そんな小さなことはどうでもいいじゃないですか。

    • 削除されたコメントです。

      • hay*****

        | 報告

        この文章によりどのような権利が侵害されたというのですか?

    • 御国 論

      | 報告

      この人ってある意味で本当のジェンダーフリーな人間なんじゃないの?男女の性別がなくなるってのはこういった人間が普通になるってことなんだと思う。ジェンダーフリーならばそもそも「男女平等」などという概念すらなくなるってことだからね。「趣味は核戦略」と答える女性がいてもなんら不思議ではないよ。そもそも「ジェンダーフリー」の思想が正しいとされ、誰も疑問に思わない今の時代は恐ろしい。

    • hay*****

      | 報告

      あれは共産党幹部が乗るもの。我々一般市民はおそれ多くて乗れません。

    • ana*****

      | 報告

      戦前もいまも、無責任なマスコミが国民を躍らせたことをマスコミが反省していない。

      昨今の報道も???なことばかり。
      国民は戦前のように情報難民ではないから、いいかげんなマスコミの報道に辟易してる。

      • hay*****

        | 報告

        マスコミと国民が悪い→あの戦争は間違っていた
        あの戦争は正しかった→マスコミも国民も悪くない

        いい加減どっちかに決めてもらえませんかね?

    • p09*****

      | 報告

      「中国を見習え! PCR検査を全国民に課した方が良い」
      という一部のリベラルなコメンテーターの暴走が、そういう危機感を煽りますね。

      短期的に問題を解決するには、「全体主義・独裁主義」のほうがはるかに効率的なのです。これは事実ですが、西欧・米国・日本ともにそのやり方は取りませんね。私権制限をするとしても"期限付き"なのです。

      不思議なことに、保守・リベラル共に"過激派”は、私権制限することが大好きなわけです。

      「オレたちが賢いのだから、黙って従え!」という啓蒙主義のような人たちが両極端にいるわけです。

      • hay*****

        | 報告

        だったら保守のみなさんは自由と人権のために左翼と戦ってくれるんですよね?
        できないとは言わせませんよ。

    • v*****

      | 報告

      左翼自虐史観教育を受けた自分は、
      日本の戦前は酷い国だったんだなぁと漠然と思っていた。
      そんな考えで外国行ったら考えも少し変わってなんだかんだで今に至るが、
      今の騒ぎ見てると、歴史を再現しているようで興味深い。
      そして、一億総懺悔だの反省だの言ってたのに、
      実際は何の反省も進歩もなかったっていう。
      きっと昔も散々煽って、悲劇の後には、他人のせいにしてシレっとしてんのがたくさんいたんだろうなぁ。
      特にメディア。
      子どもたちの時代はもうちょっとだけでもまともな社会になってもらいたいなぁ。

      • hay*****

        | 報告

        >日本の戦前は酷い国だったんだなぁと漠然と思っていた。

        憲兵や国防婦人会におびえる生活なんて御免だね。
        同盟国の音楽を聴いても罪になる社会なんて御免だね。

    • odw*****

      | 報告

      戦前では、反対していた国民を、軍部が無理やり戦争へ駆り立てたのか?

      違うだろ。

      むしろ、日本国民が戦争を望んでいた。ドイツが戦争をはじめたとき「バスに乗り遅れるな」と言ったのは、政府ではなく民衆だろう。民衆が、政府を突き上げたのだろ。

      恐ろしいのは、政府ではなく、「民衆を扇動する輩」だ。良いことも悪いことも、きちんと公平に評価するのではなく、自分のしたいように、大衆を扇動するメディアが一番恐ろしい。政府は危なければ、選挙で落とせばいい。でも、メディアはどうすればいいんだ? 民主主義の外にいる人間が、国民を扇動し、好きなように操っている。メディアがNOと言えば、国民がNOと言い、政府はなにもできなくなる。これが一番恐ろしい。

      • hay*****

        | 報告

        つまりあの戦争はメディアに煽られた民衆が引き起こした誤った戦争だったとおっしゃるのですね?
        誤った戦争でないというならメディアも民衆も何ら問題ない事になる。

    • niho

      | 報告

      >リベラルと言われる野党側やその支持者も
      >私権制限に前のめりだったように感じています。

      >人々が率先して熱狂という空気を作り出し、
      >自らすべてを捧げていった「戦前」を、
      >私たちは改めて知る必要がある

      その一例が、日本社会党の源流でもある
      社会大衆党だ
      親軍路線を掲げ、選挙で第三極に躍進し
      当時、二大政党で占めていた
      国会のキャスティングボードを握ったからだ

      「軍部の暴走で戦争になりました」

      と、よく言われているが
      実際は、かなり複雑
      国会の議決がなければ
      軍事予算が通らないし戦争もできない
      でもそれが通ってしまった
      有権者でもある
      国民の熱狂的な「空気」がそうさせたのだ

      • hay*****

        | 報告

        >国民の熱狂的な「空気」がそうさせたのだ

        つまりあの戦争は国民の熱狂によって引き起こされた誤った戦争だったと
        おっしゃるわけですね?
        アジア解放のための戦争なら国民が熱狂するのは至極当然です。

残り1052

もっと見る