ユーザーページの仕様変更を予定しています。詳しくはこちらのお知らせをご覧ください。

  • 投稿の評価

  • 101

  • 30

  • 0

    • dai*****

      | 報告

      九州大学が開発中のhyperfluorescenceをはじめとした第四世代塗料が市場に出るのがおよそ三年後。そのあたりが有機EL技術の円熟期になる。
      そのあたりになると10年程度の焼き付き耐性や量子ドットと組み合わせてさらに色域を広げる技術、液晶並みの高い輝度の獲得などが達成されると考えられている。

    • oga*****

      | 報告

      NHKがそんな研究所や研究人材を抱えて独自開発する必要はなかろう。もっと言うなら、国民から強制的に資金を巻き上げて、研究資金に充ててるのはおかしいし、そんな資金のない技術開発企業にとっては不公正な競争だ。

      • dai*****

        | 報告

        下でも書いたが、利益にはつながりづらい分野の研究を国民から資金を集めて(巻き上げて)国主導で行うことは国の地力を高めるために必須。
        事業仕分けで話題になったスーパーコンピュータや探査機もその一例。

        なぜNHKがそんな研究所や研究人材を抱えて独自開発するかと言えば、日本の中央局として研究を最も充実させることができる環境にあるとともに、研究成果を直接国のインフラとして整備できるため。
        そうして得た研究成果を民間でも使う設備に落とし込んでいく。

        受信料としてこれを行うかは議論の余地があるが、研究そのものを否定するならいまだに日本は統一的なデジタル放送の規格を策定することができてなかったかもしれないし、4k8kのカメラ技術を持ててなかったかもしれない。
        そもそもがこの分野は、自由競争が最初から難しい収益化に直接結び付きにくい分野。国主導で研究を行うこと自体は合理的だと考えられる。

    • ********

      | 報告

      NHKの仕事じゃないよね?国民から強制徴収している金をどこに使ってるの?

      • dai*****

        | 報告

        >********
        利益にはつながりづらいけど継続的に研究を続けて成果を上げていく研究は国の自力を高めるために必須。そういう事業は国民から資金を集めて国が主導する場合が多い。というか、国立大学とかがその典型。
        受信料として集める形態が議論の対象になることはあっても、研究事業そのものがやり玉にあがることはあんまりない。必要性と成果が認められているから。

      • dai*****

        | 報告

        NHKの下部組織のNHK放送技術研究所は、戦前から放送技術研究の最先端の一翼を担ってるよ(戦前は中央放送局)。

        国民から強制徴収している金をどこに使ってるの?
        という質問の回答の一つがこの技術開発。Wikipediaでも調べられる。

    • dai*****

      | 報告

      電子注入層と輸送層が一体化して、そのうち正孔注入層も輸送層と一体化するのかね?

    • mol*****

      | 報告

      へぇNHKってそんなことやってるんだ
      そこから得た利益はちゃんと国民に還元されるんですかね?

      • dai*****

        | 報告

        むっちゃ身近な技術も開発してるから間違いなく恩恵は受けている。
        地デジのシステムとか4k8kのカメラ開発とか。
        特許は日本国が保有する重要な資産になるから。

    • dai*****

      | 報告

      酸化ガリウムや窒化ガリウムとの簡単な比較が知りたいところ。
      それぞれのパワー半導体がしのぎを削っているのは頼もしい限り。

    • stw*****

      | 報告

      素晴らしいが、全てレアアース金属だよ。
      出来てば、レアアースレスの触媒を発見して
      欲しいよ。

      その発明すれば、愚かな環境保護活動の政治家
      による無意味な脱二酸化炭素政策にも有効だ。
      アンモニアを燃料にすれば、NOx問題が
      出るからね。

      後、木の植樹しても、二酸化炭素は減らん。
      生物学を勉強すれば、分かる話だ。
      木々は、昼は確かに二酸化炭素を吸収して
      光合成するが、夜は成長に光合成した糖類を
      消費し、二酸化炭素を排出する。
      つまり、トータルすると成長した分二酸化炭素
      が減るだけであり、下手すれば二酸化炭素の
      排出が多い場合がある。
      だから、植林支援で二酸化炭素排出権を買う
      とか言う事自体金儲けのネタだ。
      科学的根拠がない。

      まだ、海洋に於ける二酸化炭素の吸収が、
      一番大きい。
      原始地球の二酸化炭素を吸収したのは、
      海洋に吸収した分と植物性プランク類だ。
      酸素は、バクテリアが生み出した。

      • dai*****

        | 報告

        海のCO2吸収も限界が近い。今でも大量のCO2を吸収して温暖化に一定の遅延がかかっている。
        吸収限界を迎えると一気にCO2の濃度が高まり、対策を打つ間もなく致命的な気象変動が頻発する懸念が提起されている。

    • ft2*****

      | 報告

      やはり里崎は凄いわ。さすがの説得力。一流の捕手の言うことだけあって
      非常に納得しました。全若手捕手に読んで欲しいです。

      • dai*****

        | 報告

        >>tar
        記事読んでないでしょ?

        >そもそもボールをストライクに見せることはできません。際どいボールをストライクに、ストライクを確実にストライクに取ってもらう技術です。