• 投稿の評価

  • 2391

  • 1404

  • 100

    • bis*****

      | 報告

      こーゆードライバ―は、どんどん駆逐されて欲しいね。

      代わりにAI制御の無人カーが配備され、運転手要らずの時代が来て欲しい。

      人間が運転するから感情的になる、というなら、そもそも人間に運転させねばいいのだ。
      事故の結果が、人間という「部品」の欠陥性を物語っている。

      どの人間が安全で理知であり、どの人間がキレやすく精神障害者なのかなんて、外見からは判断できない。

      ならば全ての人間を疑って「OUT」だと判定する方が正しい。

      安全運転をする為だけに産まれて来たAIの方が、まだ信用できる、というものだ。

    • bis*****

      | 報告

      …完全予約制の乗車には出来んかったのか?

      鉄道ファンというのは、ある意味で「狂信教徒」に見える。
      客観性というものが絶無なのだ。

      悪魔すら恐れぬ戦士達というのは諸刃の剣。
      消費者として動員できれば相応にカネは動くだろうが、周囲への配慮というものは身内に対しても希薄だ。

      目的の為なら犠牲を厭わず…。

      こうして見ると、銃器こそ持っていないが、オウム並に怖いわ。

    • bis*****

      | 報告

      あー…あの出動ベルは、コレだったのか。

      ちょうど浅草警察署の生活安全課にいて…いや、私やってないッス!!
      違うッス!!

      ってか、まさに警察署にいたんですからシロですよ。

      別件の話で、刑事課に行けって言われたんですけど、こんなにタイミングが悪いところだったんだなぁってw それだけッス!!

      この後、裁判所へ向かって良かったw

    • bis*****

      | 報告

      アベマじゃなくて、ニコニコなのかぁぁぁぁぁ(>_<)

      営業、頑張って、獲って来てよぉぉぉ!!

    • bis*****

      | 報告

      …まぁ。

      被災地に対する予算の方は問題ない。一応は。
      詳細を言えば泣いている連中も多々いるだろうが、財源とて無制限ではない上、今冬の被災がある可能性に加え、来年夏にも被災地は『上積み』される事、必至なのだ。

      全力出費で計上していたら、来年で詰む。
      例え、消費税10%になろうとも、だ。

      そんな中で、この僅かな秋の期間は、冬支度の備えの猶予とも言え、大騒ぎするネタがない、とも言える。

      全く仕事をしなくなっても困るから、この程度の事で与野党が脚の蹴り合いをしている程度ならカワイイものだろう。

      それより様々な現場が、絶賛、稼働中のハズだ。
      承認された予算で来年に向け、現場の進捗を報道が報せる事も、大切な事ではないか?

      座して来夏を迎えるより、備えられる地域は、被災に対してどう備えるべきか、さらに検討を進めるべきではないか?
      他の自治体が被災しての救援も含めてだ。

      • bis*****

        | 報告

        まー、うん…『書いてある文面を見て?』間違ているようなので、ひょっとしたら「アガリ症で緊張」しているのかも知れない。

        そうだとすれば、能力云々よりも大臣としては器が足りない、とは言えるのかも知れないが、では、大臣として優先される資質とは何か?

        まず「スキャンダルを出さない」事。下手打つと内閣どころか総理の首が飛ぶ。
        第二に「内閣の方針に対する協調性」。独自論で総理の方針に牙を剥き、反抗されては舵が取れない。

        以上のみに妥協しても、今の安倍内閣に組み入れられる「安全な」人材が、決して多い訳ではない。

        能力は高いが素行がヤバい人材なら、他にもいるだろう。
        同じく、能力は高いが、総理の方向性に反抗的な人材もまたいるだろう。

        かと言って『空席、兼務』などやっていたら、過労で死にかねない。

        ある意味、独裁かも知れないが、身が持たない。

        多少の事には寛容に応じて、大局を見ましょう。

    • bis*****

      | 報告

      結局、このシステムを採用した背景には妥協があったじゃないんですか?

      犠牲で学習するという最悪の方法ではあるが、こうして経験を得たからには、それでも「陸こう」を継続して被災するのか? と問われる。

      被災に打ち止めはない。
      来年、再来年も懸念は続く。
      再発した時、誰が、どの様に責任を取るのか、住民に説明して貰いたい。

      説明できないから現状維持なら、自治体の未来は非常に暗い。
      遠からず過疎化が始まる事になる。
      租税も取れなくなり、待っているのは、その地区の閉鎖という末路だ。

      トランプ政権の現状から、日本政府は、かなり税金を動員して米国の対応に追われる未来図が予想される。
      被災地の復興は必要ではあるが、生産的な投資とは言い難い。

      そして新たな被災地が生まれれば、その分、予算の配当は薄くなる可能性もある。

      一度、壊滅したら、ある程度は覚悟を要求される。
      被災は避けなければならない。

    • bis*****

      | 報告

      微妙だよなぁ。

      仮に、米国市場が暖かく市場を開放してくれたとしても、広げた市場が関税の攻撃対象になり得る。育てば育つほどに危機感が募る。

      では中国は? と言えば、それ以前に論外だ。

      論外ではあるが、日本貿易収支として、当座の黒字というものは必要ではある。

      TPPが本格稼働して純利を日本にもたらしてくれている訳ではない。

      だからと言って、中国との貿易市場を広げてしまうのは、米国からの関税攻撃の巻添えになり兼ねないし、中国からの撤退を難しくしてしまう。

      トランプ政権が下院で負けた事で、上院を拠点に、更に「力強く」の政策を対中貿易摩擦に繰り出してくる可能勢が高い。
      ともすれば、貿易という枠を超えるかも知れない。

      政権にとって、政策の失敗だけは絶対にあってはならないからだ。

      今しか見ていない短期売りにしては、撤退時の損害を心配したくなる規模に膨れ上がっているように見えるがね。

      • bis*****

        | 報告

        一応、私の本音はTPPとインド市場にある。

        あるが…TPPは現状の協定の姿より、より踏み込んだ同盟関係に昇華して貰いたい、というのが希望だ。
        それ以前に、まだ本格稼働すらしていない。利益が生じていない。

        インド市場は、ちょっと前の中国になりつつある。
        工業化が激し過ぎて、公害が著しいのだ。

        例えば紅茶葉だが、印国産だとしても、この際、遠慮するべきではないのか?
        PM2.5塗れになっている可能性を捨てきれない。
        印国産の食料品は危険視するべきだ。

        印国も食と医療の安全に注目すれば、日本国にとっては良い顧客になるだろう。
        もっとも、全体の1%に満たない富裕層の話だが。

        印国の公害毒は越境して周辺国にも影響を与える。
        さらにインド洋の海洋汚染にも繋がっていくだろう。
        その恐ろしさを理解して貰いたいが、お国柄、というものがある。

        中国と敵対する限り、諫言して怒りを買っても損なだけか。

    • bis*****

      | 報告

      出頭しないでくれ。そして逮捕されてくれ。

      ああ、頼む、どうか逮捕されてくれ。

      お前達は要らん奴等だ。

      人生に『逮捕歴』とデカデカと前科者になって欲しい。

残り257

もっと見る