• 投稿の評価

  • 126177

  • 7895

  • 842

    • oht*****

      | 報告

      ベランダですごい音がしたので確認したら、竿ごと洗濯物が落ちていました。風が強いと乾くのも早いけど、こういう弊害もありますね。
      あとで郵便局まで行くけれど、マスクとメガネを着用した方が良さげです。
      自転車やオートバイの運転も要注意ですね。

      • oht*****

        | 報告

        >a***さん
        それは怖かったね。。

        デリバリー用の三輪スクーターも横風には弱いからね。
        乗り物でも徒歩でも、今日は気をつけないと。
        とりあえずスマホよりも自分の周りに目配りかな・・

    • no war

      | 報告

      >「緊急性を感じなかった」

      午前3時に小6女児が外におったら緊急性あるやろ。
      NPOに外注して安くあげてるんだろうが、
      ここはコストを掛けるべきところだ。

      • oht*****

        | 報告

        児相か下請けかという問題ではない。
        緊急の現場が、所謂お役所仕事という姿勢を取るのなら見放された子供はどうなるのか。交番に迷い込む酩酊した酔っ払いとは訳が違うのだ。
        役所にせよ、時間外窓口となるNPOにせよ、保護という権限を持つ立場には責任が伴われるはずなのに。。
        やるせない。

    • oht*****

      | 報告

      関係者の方々が神経を削るのは理解できますが、この場合に限っては相手国の事情を察する必要も感じます。そもそもこれは二国だけの問題ではなく、世界規模の危険を含む出来事となってしまったから。

      日本は問題を共有する相手国をを尊重する傾向が強すぎるけれど、それは周辺各国の目を意識しすぎてのことだと思います。
      大変なことは承知していますが含むところなしに、延期しても ”当国は気にしない” という意味合いの弁をアナウンスするくらい、世界の大物ぶっても良いと考えるのは自分だけでしょうか(もっとも、日本は小物ぶった気構えで生き残っってきたのだけれど)
      それに、中共も自尊心に凝り固まっている場合じゃないはず。

      両国以上の拡大した危機管理の意味で、主席の来訪を延期することを裏メニューの筆頭に添えるほうが良いと感じます。

    • oht*****

      | 報告

      物事に加減というものは必要なのだと思います。
      自分の子供であっても、保護者として預かる子供だとしても、経済的に自立できていない以上または年齢的に成熟しきっていない以上は多少の干渉もやむを得ぬと考えています。ただし、これにも過度な監視や心の上での束縛を処すというのは、子供の成長に足枷をつけてしまいかねない。
      お住まいの土地環境やお子さんの通う学校など、社会の悪習慣に没する危機が見え隠れするのなら仕方ありませんが、まずは日々の会話を習慣づけることなどが大切だと思います。問い詰めたり、持ち物を勝手に調べるのはやめたほうが良い。うちでは、そうしてきました。

      親御さんから同様に過干渉として受けた遺伝を、大切なお子さんに強いてしまってはいけません。

      思春期を迎える子供を持つ身には自身の成長という概念は些か気恥ずかしさもあります。
      ですが、共に成長してこそ家族の信頼も本物になるのではと思います。

    • oht*****

      | 報告

      陸にも上がってきたのだろうか。
      そうだとしたら、かなりの脚力。手足も頑丈で立派だったのだろうね。
      まるで怪獣のガメラを連想させられそうです。
      どんな顔していたのかも気になるなぁ。。

    • oht*****

      | 報告

      ここのところ自然災害の報告が多いトルコ。地震などの例が多い我が国も他人事とは言えません。
      こうした事には救助に伴う二次被害も少なからず起ころうかと思います。北半球である以上、季節は冬。活動難航は必至でしょう。被救助者は当然なのですが、救助にあたる方々や関係者に事故が起きぬようにと願うばかりです。
      何度聞いても、非のない事故や災害には胸が痛みます。

    • oht*****

      | 報告

      結果を生まんがための、調査や捜査といういうよりも決めつけによる断定に過ぎなかったと言えます。
      捜査関係者の中にも、きっと、自分たちの侵している過ちや確信的な不正行為に悩んだ人も居たでしょう。
      刑事の勘といういうものも大切だし功を奏することもあります。しかし誤認を承知で証拠となる物事を隠すことは、過ちを通り越した犯罪です。
      そういう意味で、県警の罪は重い。仮に彼女が無罪とする運びに至ったとして、当時の過ちに首を垂れるのは現職ではなく、あくまでも当時の捜査関係者であるべきだと思います。

      正義だと嘯き偽り、人の人生から尊厳を奪い辱めたのです。職務だったとしても、決して許されてはいけない行為でしょう。
      実刑に処すことこそ難しいのでしょうが、時間が経ったとしても然るべき処遇が必要ではないでしょうか。無実の人にそれだけのことをしたのなら、のうのうと暮らしていること自体が間違っています。

    • oht*****

      | 報告

      消化しれないほどの情報の中には作り話や誇張も少なくありません。
      だから王子のお気持ちがどのようであるかは、本人か、ごく身近にいる人以外には分かりません。(そこから漏れてくる言葉にも勝手な解釈がついて広がるし)

      でも穿った見方をするなら(あくまでも自分が見てきた過去を顧みて)御母上の亡くなり方を想起させられてしまう。
      もしも王子が(国民たちから、ある程度の理解をできる程度に)自立した暮らしをできるのなら、自由以上に安全を保証してあげて欲しいところ。むしろこれまで以上に、ご本人にも慎重さが求められるでしょうしね。

      自分には、こんなに人目を気にする暮らしは我慢できないけど。。

    • oht*****

      | 報告

      本当に自分に似合う服を試着してから選ぶのと同様で、自分にとって価値のある物は通販で購入するよりも店頭で確かめて買う方が良いと思います。

      将来に渡りブランドに価値をもたらしてくれるかどうかを知る顧客と、一過性の成金趣味という行為を、多くの老舗が篩にかけてきました。

      こうしたことを今の経営母体がどこまで重要視しているかは知りませんが、少なくとも算盤勘定として、類似品や贋作と並んで売られることに危険を感じているのだと思います。アマゾンは、商パートナーとして相応しくない。そう判断してのことでしょう。

残り564

もっと見る