• 投稿の評価

  • 86

  • 1667

  • 2

BCCHHのコメント一覧

    • BCCHH

      | 報告

      南アのプレッシャーが緩かったからミスは少なかった。スコットランドのプレッシャーがきつかったからミスが多かった。そういう事。

      それと、一本とれば逆転という状況と、点差が離れて無理に攻めに行かなければならない状況とを同列に扱うのは不公平。ディフェンスからすると前者は博打は打てない上にあらゆる可能性に備えないといけないが、後者は例えばキックは考えなくてよいし、やって来そうなアタックも的を絞りやすくなる。ディフェンスのプレッシャーがまるで違う。

      だから点差という要素がラグビーでは極めて重要で、14点差のラインアウトからの一連の攻防が大きな分岐点。7点差に詰められる所、逆に21点差になってしまった。

      このスコットランドはかなり良かったので勝つには到らなかったかも知れないが、このワンプレーの結果如何で最終スコアはかなり変わった。失点がかさんだ=スタミナ切れとはやや単純に過ぎる。