• 投稿の評価

  • 2633

  • 2563

  • 47

    • ぱんへっど

      | 報告

      マイナーチェンジで製品が良くなるのは解るけど、頑張って購入した車が型遅れになって悔しくなる…

      小出しにマイナーチェンジされると最悪。

      買うタイミングが解らなくなる。

      • kiy*****

        | 報告

        買ったその日から、古くなる。
        それでいいのでは?
        満足して買ったのなら、その時点で最高だったことで満足すべきでは?

        改良がいやなら、いつまでたっても購入時期が来ませんよ。

    • fac*****

      | 報告

      21世紀に入ったくらいから、「走る、曲がる、止まる」の進歩が蝸牛の歩みなのに、コストだけがぐんぐん上がってますからね。外観に至っては後退しているようにしか見えないし。
      衝突安全とか歩行者保護とかも結構ですが、それで視界が悪化してたら本末転倒だと思うんですがね。左折時に右に膨らむ車が増えたのは、前方の左下側の視界が悪化しているのも一役買ってると睨んでます。

      • kiy*****

        | 報告

        左折時の右への膨らみの原因は、確かに、視界不良もあるけど、
        もっと大きいのは、腕の動きが悪く、腕力が衰えた、あるいは弱い人の運転だからと思う。
        女性や高齢者に多いのは、ハンドルの上のほうを狭く握っており、しかも力が弱いから、早く回せない。
        だから、いつも大回りだ。
        少しは腕や肩を鍛え、柔軟性を増す努力が必要だと思う。

        筋トレを続けて4年になるが、
        還暦過ぎた私でも、ハンドル回しは早くなり、
        結構小さく右折できるようになりましたよ。

    • ジャぱん

      | 報告

      介護関係の仕事しています。お年寄りで誕生日が1月1日の元日の方が多いので不思議と思っていたら、殆どの方が縁起担ぎの為に元日を誕生日としただけで、本当は別の日に生まれたのだと話してくれました。昔は今ほど厳格に届けていなかったと話されていました。

      • kiy*****

        | 報告

        いやいや、正月上がりの誕生日は、旧暦を知ってる方には普通だったようですよ。
        旧暦の時代、1年が320日とか380日とかあり。
        閏月で調整したので、その年は1年13ケ月。
        だから、厳密に1年を数えるのが難しく、誕生日という概念すらなかったようです。
        そこで、正月に年を増やすという方法が。
        年齢は生まれたとき1歳とみなす数え方ですから、
        新暦で誕生日が明確になった明治5年以降、ややこしくなった。
        たとえば誕生日が5月1日、その年に満30になる人は、
        数え年が31。年末をすぎ、翌年の正月になると32。
        数え年がひとつ増えます。満との差がこのとき2.
        で、次の5月1日に満31になり、満と数え年との差が1になる。

        今の90歳以上の方は、自分の年を正月あがり、つまり満年齢よりプラス2で言うひとが残っています。
        たぶん戦前は、正月に年をとるという習慣が残っていた方々でしょうね。

    • kiy*****

      | 報告

      細かいことだけど、焼香の回数は1回か3回と、断定されているけど、
      宗派によって、1回も2回も3回もある。
      そもそも焼香は、香を炊くことだから、回数より、香りだ。
      たとえば香水を振るのは何回だろう?
      回数は意味がない。回数の意味があるのは、各宗派の本山などで、
      同じ宗派の僧侶が同じ形の儀式をするために、決めた回数としてのみ。
      インドでの香は、炊くこともあるが、香油もある。
      自分の宗派の回数でしていいのであり、隣が何回しようが気にすること自体意味がないのでは?
      神社での手を叩く数が決まってるのとは、全然別なものではないか?
      入学式とかではないのだから、みなばらばらの回数でいい!と思う。

      • kiy*****

        | 報告

        それぞれの香の意義を、どう現場での作法とするかで、
        形式や回数ができたのではないでしょうか?

        その意味では、香を炊くことに意義があって、
        回数は第二儀的になるのでしょうね。
        専門の僧侶が香作法を行うには、それぞれの伝統にそうのでしょうから、回数は問題となるでしょう。
        でも、じゃどの宗派の回数が正しいかというのは、愚問でしょうね。それぞれ尊ぶべき文化と思えばいいかと。

        回数の多少より、いい香を炊きたいですね。
        アロマの世界に、仏が入堂してくださるのですから!

      • kiy*****

        | 報告

        残念ながら、インドの仏教の伝統の中に、
        焼香の回数を云々するものは無いのでは?

        香を炊くことはあっても、その回数を作法としているのは?
        中国的には、どのタイミングでするかは記述されてるようですね。
        でもそれは出家僧侶の世界のこと。
        一般大衆がどうするかは、出家は関与しないはず。

    • tan*****

      | 報告

      言いたいことは「一生働く」ではなく「一生働け」でしょ?2000万が想像以上に反発を受けたから無かったことにしてますが、産経みたいな子飼いを使って「年金なんかに頼るやつは情弱」「老後に年金だけで生活が困窮するなんて自己責任」という考えを浸透させようとする姿が見え見えです

      • kiy*****

        | 報告

        そうそう年金だけで暮らせると思っていた人が、いることが信じられない。
        冷静に、生活を考えることもできない人が多いのがびっくり!

    • kiy*****

      | 報告

      内装がちょっと重いな。三つの籠のように見え、落ち着かない。
      せめて、中央はしっくりと、左右は対照的に新型なら、いい。
      旧型がすっきりしているのと対照的。

      あと、旧型の弱点。
      下からの突き上げ、
      後ろ座席の左右のゆれ、
      信号のみにくさなどが、
      解消されているのかな?

      • kiy*****

        | 報告

        トーションビームですか。期待できそうですね。
        若干価格が上がる。

        あと、高さが増し、そのためガラス部分が上下に広くなっていればいいですね。

    • ims*****

      | 報告

      外国人選手の顔面に蹴りを入れた監督も、この人で最後になるかもしれない。

      • kiy*****

        | 報告

        蹴りではない!
        「足の下に、頭があった!」そうです。

    • a*****

      | 報告

      400勝と言っても兼任監督時代に途中から出て行って先発した若手が涙目
      って話を聞いた事あるけど本当なのかな?

      • kiy*****

        | 報告

        実際は、そのおろされた投手が続けたら、負けていたかも。
        当時の国鉄の力はそんなもの。
        生涯防御率が2点台という恐ろしい数字だから、
        「金田はチームのために投げた」といわれる。

    • t_l*****

      | 報告

      永遠ですね。当時、国鉄スワローズでなければ、巨人や阪神なら500勝~600勝は出来ていたんじゃないかと思います。言うことも言うけどすごい投手です。

      • kiy*****

        | 報告

        単純に巨人なら登板数は少なくなるから、勝利数は少なくなる?
        でも、バックの打撃が強力だから、敗戦数は少なくなる?

        もし! と言うには恐れ多いが。
        元の400勝は300勝になっても、負け数の300近いのが、
        半分くらい勝利に変わるとすれば、
        450勝140負かな?

        鉄人でしたね。
        合掌!

残り159

もっと見る