elt*****
設定

>これを具体化した1960年の国連総会の「植民地と人民に独立を付与する宣言」に続き、1970年の国連総会の「国家間の友好関係及び協力についての国際法の原則に関する宣言」の5番目の「人民の自決の原則」で、早急な植民地支配の終息を国際法の原則として宣言した。

あのー、この裁判は1945年以前の出来事を審理しているのだけど?1960年以降に定まったものさしを持ち出し適用しようとしてどうするの?韓国では遡及法が当たり前でも世界では遡及法の適用はあり得ないから。この時点で世界のスタンダードから外れた異質な主張をしている。

  • fck*****さん

    | 設定

    コメ主様のご指摘通りで、この奇行者の南コリアバカ田大学センセは1960年代~1970年代の話を1910年から始まった韓国併合に当てはめるというトンでも論理を平気で主張する辺り、あの民族の病巣の根深さを物語ってますな。

    だったら平安時代の新羅の入寇から、鎌倉時代の元寇(殆どが手下の高麗人だし)、室町時代の応永の入寇とか全部賠償しろや。

  • d_b*****さん

    | 設定

    この調子で、秀吉の朝鮮出兵に対する損害賠償なども裁判起こしてほしい。
    半島では虐げられていた多くの職人が連れ去られ、日本で働かされたなんて、徴用工裁判ででっち上げている被害そのものではないか。

  • 毎度馬鹿馬鹿しい世の中でさん

    | 設定

    >>1970年には(中略)植民地支配の終息が

    1910年の日韓併合は合法的な併合です。
    広義の植民地と判断したとしても、その支配は1945年に終息しているので、全く関係ない話です。

    まあ、どれもこれも対象とならないことばかり言ってくる上に、条約を結んでも平然と破るので徒労感がハンパありませんが、間違いは間違いと言わなければ認めたことになるのが世界基準ですので、諦めて対応しましょう。

  • ymc*****さん

    | 設定

    スタート地点の誤認ですね。
    日韓併合が国際的に”違法では無い”以上、これを起点とする考えは破綻している。
    2001年に日韓併合の違法性を訴えるも国際的に却下されて、韓国の反論待ちで20年が経過している。少なくても反論が通らない限りは”日韓併合は違法”との表現は出してはいけないと思う。

  • soe*****さん

    | 設定

    最近のグランドヒルトンホテル会長の裁判でも、まず「親日財産帰属法」で日韓併合時まで法律を遡及させ、それでも勝訴した愚英氏を敗訴させるため法を「改正」しているそうです。反日無罪、親日精算を標榜すればなんでも許される。法治、三権分立といった民主主義の基本制度以前に、それらの根幹である「法」そのものに対する理解が世界の共通認識からかけ離れていると思います。彼の国とは、言葉は通じても対話が成立しないのではないでしょうか。

  • もっと見る(6件)

elt*****さんのコメント一覧
elt*****

  • 投稿数:382
  • 168218
  • 4634