swi*****
設定

厄介なことは真子様があきらめないこと。
そもそも、結婚は二人が決めることで
ほかの誰も反対できない
これさえなければ何も難しくない。

状況証拠は揃っている。
真子様の心が変わらない限り
婚姻の自由の権利を振りかざすなら
それ相応の義務を果たさなければならない。

結婚するなら天皇家にふさわしい人物を選ぶ義務が生じるはず。
その義務を果たさないのであれば
真子様を絶縁、勘当しなければならない。
それができるかどうか
単純化すればそこしかない。