セルシオが高級車の歴史を変え、NSXがスポーツカーの歴史を変えた。メーカーに潤沢な開発資金があり、良い物には糸目を付けずに大金をはたくことができるユーザーがいた。バブルは、日本の自動車メーカーの水準を一気に押し上げた。

そして現代。少ない開発費のほとんどを安全面とユーザーの心に響きやすい快適装備面に費やし、自動車を日常生活の道具としてしか考えないユーザーばかりで、趣味性を求める層はごくわずか。日本メーカーが日本で販売するクルマは、すっかり白物家電化してしまった。