夏海惺
設定

多少、同情はします。しかし今だ幾つかの疑問や不審点があります。
米国から提供の申し出があった「冷却材」を日本が断った経緯を不鮮明です。当時の報道では散布する器材がなかったと言うことは真実か?。東電社長輸送中の空自輸送機が浜松上空で引き返した理由は翌日の救難のためにヘリが必要で都内移動の都合が付かなかったと言う説明は多くの国民は納得出来なかったし筈です。国際的な通ずる言い訳にもならない。東電から輸送依頼のあった高圧電源車にわ陸上自衛隊の大型ヘリでも輸送不可能だと説明されましたが、後日、検証した結果、可能だったと判明したと発表されました。
まず原発事故に対して政府内で全く予想していなかったと言う司法の判定は成り立たないも思います。陸上自衛隊内部でも妨害工作を企てる集団が存在したと筈です。
抑止力回復のためにも陸上幕僚監部と西部方面隊、8師団、8施設大隊の内部監察を急ぐことです。

夏海惺さんのコメント一覧
設定
夏海惺

元陸上自衛官てす。 防衛大学校卒業で3等陸佐で定年を迎えました。 福島原発事故で露見した危機管理や安全保障体制の脆弱性を現在の日本国憲法や制度下で米政府や米軍の助言の元で、最優先して見直すべきだと提案を続けております。 小説にも書いております。

  • 投稿数:307
  • 3048
  • 6806