好きなシーンもセリフも選べない。
それくらいに大好きな神漫画です。

連載終了から割と最近まで続編を熱望していましたが、ようやく『あのタイミングで終わり、続編が無いからこその伝説の漫画』と、思えるようになってきました。

きっと日本中の読者があの物語の先に、それぞれの続編を思い描き続けているからこそ、いつまでも色褪せない名作なんだろなー