tom*****
設定
  • ねこって狭い所好きだよねさん

    | 設定

    >>クリスタル、ジョブシステム、召喚獣が初めてそろったFF3でしょう。
    >>唯一3の弱点はメインキャラ4人に個性が無かったこと。

    奇数はシステム
    偶数はシナリオ
    ってよく言われてたよ
    特に戦闘面では1、3、5はキャラが薄い

  • omegaさん

    | 設定

    >原点って、シリーズ中、どこが「原点」なのだろう…。

    クリスタル、ジョブシステム、召喚獣が初めてそろったFF3でしょう。
    唯一3の弱点はメインキャラ4人に個性が無かったこと。

  • sto*****さん

    | 設定

    >「向こうの会社、あんなに凄いものを出してきたのか、それじゃうちのゲームがこのままでは売れない」

    アクトレイザーの事ですね!
    フィルモアはマジに名曲!

  • typ*****さん

    | 設定

    コメント観ていて、何故かかたくなにFF14を避けているのが笑ってしまいますね笑
    ネットゲームはよほどやりたくないのでしょうか?

    コメントにあるような「骨太で重厚な剣と魔法の世界、中世ファンタジー」を楽しみたいならまさにMMORPGのFF14がおすすめです。
    イメージイラストも天野さんが書いておりますしね。

    むしろFF14という、「剣と魔法の世界を表現したゲームの最終形態」のような作品が作られた為にFF15が剣と魔法の世界から外れた珍妙な作品になったとも考えられます。

  • fae*****さん

    | 設定

    仮に、RPGの構成要素が3つから成るとして、(実際はもっと多いけど)
    1×1×1=1の立方体だと、小さいけれど安定感はある。それがいわゆる「昔のFF」のイメージ。
    一つの要素が2倍に進化した時、同じ安定感のある形を得ようとすると、2×2×2=8で、ボリューム(というより労力)は8倍にもなる。
    これが、特定の要素だけ突出して進化して 1×4×4=16な作品だと、2×2×2=8の2倍の労力をかけてるのに、形は「すごく大きいけど薄っぺらい」ものになる。それが近年のFFのイメージ。

    そしてFFはいつも「1×4×4=16」の次は「3×3×3=27」ではなく「5×5×5=125」を目指してスタートしては、構想に追いつかずに「2×5×8=80」みたいな「すごく労力がかかった歪なもの」を作ってるような気がする。

  • m_k*****さん

    | 設定

    原点って、シリーズ中、どこが「原点」なのだろう…。
    5ぐらいかな?
    あれ、何気にゲームバランスがしっかり出来ているんだよね。
    力が一番=バッツ
    素早さが一番=クルル、
    体力が一番=ガラフ、
    魔力が一番=レナ、
    総合能力が一番=ファリス。
    あと、敵からしか取れないレアの武器や防具が
    たくさんあったり、宝箱回収率とか(コレクター心をくすぐる)、
    逃げた回数とか(チキンナイフの攻撃力に影響する)。

    4とかは、セシルが王の命令とはいえ、罪のない人々まで殺したり、自分が暗黒騎士である事に悩み、苦しむし。
    曲も、当時、他のゲーム会社が「向こうの会社、あんなに凄いものを出してきたのか、それじゃうちのゲームがこのままでは売れない」って、作り直したぐらいだったからね。
    そういう新鮮さが無くなってしまった。
    中世ヨーロッパの世界なら、ファイアーエムブレムとかがそうかなって思う。ゲームシステムは全く違うけど。

  • もっと見る(94件)