【新型コロナウイルスに関する注意】
誤情報や不確かな情報が出回りやすくなっています。「新型コロナウイルス感染症まとめ」や、公的機関で発表されている情報をご確認ください。※注意喚起のため、すべてのページに表示しています

i_k*****
設定

BCGワクチンの接種を推奨している国と接種していない国の地図に、新型コロナウイルスの死者数を重ねて見てみると、予防接種プログラムがないイタリアの死者数は1万3915人、以前に予防接種を推奨していたものの現在は実施していないスペインは1万96人となっている。一方、スペインの隣国で予防接種を実施しているポルトガルの死者数は209人で、現在のところは差がみられている(日本時間3日の午前6時時点)。

日本でも70歳以上はやっていないとか。なんか興味深い話しだな。

  • pct*****さん

    | 設定

    yat さん

    1995年頃から結核が多発しています、この頃の報道では免疫が落ちているのではと危惧されています。

    60歳以上高齢者の重症化と関係してるかも知れません。

  • izu*****さん

    | 設定

    1951年より前に生まれた母は小学校でツベルクリンを打ってその後BCGも打ったと言っています。ただ、今のような判子型ではない普通の注射だったようです。

    私の場合は母子手帳の記録によると生後3か月の時にツベルクリン反応が陰性でBCGを接種したようです。
    また、小・中学校でもツベルクリンは打ちましたがBCGは打たずに済んだのを覚えています。

  • yui*****さん

    | 設定

    BCGの結核予防の効果は15年。
    BCGを打つことによる免疫強化の効果は40〜70年続くと言われていて、今回のコロナにはその免疫強化が効いているのではないかと推測されています。
    40〜70年と幅があるのは、煙草やお酒や生活習慣によるものかと。

  • yat*****さん

    | 設定

    1951年時点で30歳以下の人にBCGの接種を始めたんですよ。ですので1921年生まれの世代からBCG接種しているので現在99歳以下の人はほとんどBCG接種していると思いますよ。

  • pct*****さん

    | 設定

    戦前生まれでもBCG接種はしています、BCG接種初期の情報が解らないのではっきりしませんが感染者との接触時間が長いか飛沫を直接口の中に入った様な環境で短時間で発症してる印象が有ります。

    韓国の場合は宗教儀式で接触時間が長いからBCG接種していても重症患者が多いかも知れません。

  • kog*****さん

    | 設定

    うちの両親も今年で77ですが小学校の時にやったと言ってました。母は何度やってもツベルクリンが陽性にならず何度もされて、昔のBCGはひどく膿んで大変だったと言ってました。

  • yag*****さん

    | 設定

    昭和32年生まれですが、小学校1年のとき、BCGを注射しました。
    その後、毎年ツベルクリン検査は春の風物詩。
    ずっと、レントゲンでしたが、6年のとき、またBCG.
    クラスメートのうわさ通り、はんこになっていました。
    後が腫れてひどいことになったのは9倍でしたが^^
    42年と教えてもらうと、納得です。
    ところで、どなたか詳しい方、入学前は、当時、打たなかった
    のでしょうか?

  • もっと見る(6件)

i_k*****さんのコメント一覧
設定
i_k*****

  • 投稿数:104
  • 270474
  • 23128