違反コメントを繰り返すユーザーに対する対策を強化します。詳しくはこちらをご覧ください。

huk*****
設定
  • pik*****さん

    | 設定

    キヨマーは自伝でも語ってたけど、飛距離に関しては桁違いに伸びた。
    東京ドームの右中間のセコムの看板にぶち当てた右打者は彼だけだと思う。
    だけど、本来彼は落合や原と同じでアーチストとしては技巧派の部類に属していたけど、松井やソーサに感化されてかやたらと振り回す様になってはいた。
    マッスル化で成績落ちる人の共通項としてプレイスタイルまでマッスル化しちゃう事が目立つかも
    短期間で物理的パフォーマンス(球速飛距離走力等)が改善すると、どんなに冷静なアスリートでも強気になり過ぎるのかもしれない。

  • baku*****さん

    | 設定

    >ちなみにキヨマーは肉体改造して成績悪化した訳じゃないけどね

    ほんとこれ。ピークを過ぎたのをウエイトして延命できた。
    その後はボンズやソーサを見たからとか
    周りを威嚇威圧したいからなんて理由で
    ケビン山崎が止めるのも聞かず増量ばかりして膝が耐えられなくなった。それはケビン山崎のせいではない。清原のせい。

  • pik*****さん

    | 設定

    キヨマーはそもそも薬に手を出す様な人間だからね・・・
    ケビン山崎がどんな人物かは分からないが、書いてる事は一般的なトレーニングや栄養学についてでしたね。
    ちなみにキヨマーは肉体改造して成績悪化した訳じゃないけどね
    その前から下降線だった
    むしろ2001年度は121打点でキャリアハイ

  • haicyuさん

    | 設定

    清原は筋肉バカのトレーナーに肉体をいじられたのが失敗だった
    もともと鞭のようにしなやかに飛距離を出すバッターだったのにもったいない