Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

志葉玲

志葉玲

認証済み

フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)

報告

記者会見も公務です。特定の記者に意図的に質問させないことについて「貴方の要望に答える場ではない」と開き直る姿勢は、その記者のみならず、主権者たる国民の「知る権利」も蔑ろにしており言語道断です。 本来、官房長官の好き嫌いで特定の記者を排除するような会見のあり方に対し、内閣記者会の記者全員が強く抗議すべきことなのですが、この時事通信の記事も「会見が長引く傾向」「次の公務」と、まるで官房長官を擁護するような論調です。こうした緊張感のない、政権側に甘い記者クラブ体質こそ、政権側の態度を増長させていると言えましょう。米国では、トランプ大統領がCNNの記者を会見から排除した際に、主義主張を超えて各メディアが記者排除に抗議しました。 日本のメディアの問題として、メディア関係者自身が「報道の自由」を守ることに熱心ではないことがありますが、そうした惰性がメディア不信を招いていることを自覚すべきです。

こちらの記事は掲載が終了しています

  • このコメントをツイート
  • このコメントをシェア
参考になった688

コメンテータープロフィール

志葉玲

フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)

パレスチナやイラクなどの紛争地での現地取材、脱原発・自然エネルギー取材の他、入管による在日外国人への人権侵害、米軍基地問題や貧困・格差etcも取材、幅広く活動するジャーナリスト。週刊誌や新聞、通信社などに寄稿、テレビ局に映像を提供。著書に『難民鎖国ニッポン』、『13歳からの環境問題』(かもがわ出版)、『たたかう!ジャーナリスト宣言』(社会批評社)、共編著に『原発依存国家』(扶桑社新書)、『イラク戦争を検証するための20の論点』(合同ブックレット)など。

関連リンク(外部サイト)

志葉玲の最近のコメント

  • 志葉玲

    フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)

    「聴衆を笑わせた」とありますが、全く笑えません。 報道等で確認されているだけでも約28万8000人の…続きを読む

    こちらの記事は掲載が終了しています

  • 志葉玲

    フリージャーナリスト(環境、人権、戦争と平和)

    有働アナの判断を称賛する声が多いとのことですが、紛争地現場を長年取材してきた者としては、あまり賛同で…続きを読む

    こちらの記事は掲載が終了しています